会員様の声

会員様からいただいた感想メッセージを掲載させていただいております。

001~050 051~100 101~150 151~200
201~250 251~300 301~350 351~400
401~450 451~500 501~550

会員様の声No.051~No.100

篠崎先生、 おはようございます。先生の講座で、日本語教育能力試験の勉強を始め 学ぶことがたくさんありますが、先生のアドバイスがやる気を生み出し、異国で日本語教師としての頑張りにつながる今日この頃です。日本語教師の仕事に出会い、学習者の方々に出会い、篠崎先生の講座に出会い、感謝しております。 どうもありがとうございます。いつもお世話になっております。色々な教材に手をつけたために、消化不良を おかしているなと自分自身でも感じていました。例えば、同じ項目でも本によっては、書き方が異なっていたりして、戸惑ったりもしました。今年はあれこれ手を付けず、同じ教材を何度も 復習するようにしてみます。 そして、過去問や問題集に取り組んでみます。 時間を測り、スピードアップを目指します。 篠崎先生の教材を何度も読んで、不明瞭なものは、その都度クリアにし、吸収できるようにしたいと思います。実は、これまでちゃんと読み込んでいなかったことを 反省しています。 先生のPDFの教材を読んでいましたら、最近外国人学習者と接していて、戸惑っていたことに 対する答えがあったりして、役立っています。 とても面白いです。 どのように学習したらよいかアドバイスをいただき、ありがとうございました。 試験に向けてがんばります。 今後ともよろしくお願いいたします。
Q:実際に1年間受講していかがでしたか?
A:最初は、テキストの量とテストの難しさに続かないかもしれないと思いました。実際、テキストのダウンロードが溜まってしまったこともありました。でも、そのたびにコラムや先生の一言、ほかの方の質問などから力をもらったような気がします。しっかり読み込むとテキストの内容も面白く、ちゃんと覚えられ、試験に合格することができました。今でも時々テキストを見返すことがあります。
Q:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。
A:1.先生に質問できるところ。私は質問をメールしたことがないのですが、ほかの方の質問に、「そうそう、ここが疑問だったの!」と思ったことは数知れません。2.修了証書。「がんばった」というのが実感できるから。3.1000時間シート塗るのを忘れてしまうことが多かったのですが、目安になりました。一体どのくらい勉強すればいいんだぁと煮詰まったとき、にらめっこしました。
Q:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。
A:しっかり学んだことは力になる!ということを日々実感しています。まだまだ未熟者ですが、篠研で勉強し検定に合格したことで、自信をもって学習者と向き合うことができるようになりました。積み上げたテキストの向こうには素晴らしい景色が待ってますよ。
篠崎様 早速ご回答いただき、ありがとうございました。とても分かりやすい解説で、理解することができました。
Q:実際に1年間受講していかがでしたか?
A:この講座を受講するのは2度目でした。1度目と2度目でようやく全科目を受講できました。1度目の受講のときは、まだ日本語教育能力検定試験に合格していなかったときで、非常に役にたったことを思い出します。2度目の受講では、検定に合格し、日本語教師の仕事をしながら、御講座を読むことにより、ときには初心にかえり、ときには、また勉強不足だったところを新たに学ぶことができました。そして、楽しみのひとつにしていたのは、篠崎先生からの言葉です。受講生からの質問に真摯にこたえてくださる姿勢、時期や季節にあったご自分の経験談。私はそれらを常に心の糧にしていました。おかげさまで日本語教師の仕事も非常勤ながら、軌道に乗りとまでは言えませんが、まずまず忙しくなりました。3回目の受講はしないことにし、今回で篠崎先生の講座を卒業することにしました。でも、N1対策文法の方は継続させていただきます。学生によりよい授業を提供するための勉強になりますし、そこにも毎回先生からの暖かいお言葉が書かれているので、それを読むことによって、ときおり心が弱くなる自分自身を奮い立たせています。日本語教育能力検定の受講は卒業しますが、これからも、 篠崎先生と末長くつながっていけたらと願っています。この2年間、本当にお世話になりました。ありがとうございました。そして、これからもどうぞ、ご指導のほどよろしくお願いいたします。
Q:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。
A:篠崎先生へ質問をすると、必ず返事をくださります。そして、それがいつも的確で、授業にも、自分自身の成長のためにも有益でした。
Q:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。
A:日本語教師をめざして日本語教育能力検定試験のためにこの講座を受講しているのはもちろんですが、検定に合格して、教師になってからも、いえ、私の場合は、検定に合格し、日本語教師になってからの方が、実践的に役立ち、利用させていただきました。
別府大学 篠崎先生 こんにちは。いつも大変お世話になっております。チーム篠研メンバーの●●です。今年1月より、日本語パートナーズとしてマレーシア派遣中の者です。お忙しい毎日と存じますが、お元気ですか。私達パートナー8名は、1月から現地に来ており、1月末迄はクアラルンプールでの研修、そして2月1日から全国にそれぞれ赴任しております。私の赴任先は、マレーシアの北部ケダ州のアロースター市中心部にある女子高です。英語とマーチングバンドがとても有名な、女子高です。生徒はマレー系7割、インド系1割と中華系2割です。この1ヶ月、任地で初めての事ばかりにめまぐるしくあっという間に毎日が過ぎています。現地でパートナーを組んでいる日本語担当の先生、他の同僚先生、生徒はとてもフレンドリーな方ばかりで、マレーシアは住みやすいな(暑いですが)と感じています。毎日誰かに助けられながらも、笑顔で活動できております。日本語授業数は、毎日3~4時間程(高1~3まで)です。パートナー先生と役割分担し、授業を組み立てていくのですが2月~今週迄はちょうど重要な試験などの時期で、日本では考えられないように授業変更も多く、まだ日本語パートナーとしての役目は、エンジンをあたためている状態です。今はその他にできる事(教材作り等)に注力を注いでおります。また、節目節目に、現地活動の報告ができればと思っております。
Q:実際に本講座を受講してみていかがですか。
A:海外に住んでいる教師には心強い教育内容です。空いている時間に読み物として読むと面白い。資格保持者でも再度、気づかされる事が多くあります。また、その内容を日本語学習者に話す事が出来る。高級レベルの学習者は日本文化の他に日本語や日本語の歴史自体に興味が出てくるので、日本語教育系の話も学習者には面白いらしいです。こういいった学習者はまれですが、たまに漢文や古語についても聞かれます。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

Q:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。
A:篠崎先生に直接疑問が聞ける。また、pdfファイルにトラブルがあった場合は先生が丁寧に処置してくれる。
Q:本講座で、改善してほしいサービスや追加してほしいサービスはありますか。
A:今のところ、ぱっとは思い当たりませんが。現代日本語と古語についてとかの項目とかあるんでしょうか。まれに漢文や古文について聞かれます。例えば ハ行転呼とか「ものだ」がどうして「もんだ」になるとかです。
Q:実際に本講座を受講してみていかがですか。
A:毎回届くレジュメの中身の濃さに驚いています。それをどう活用したらいいか悩んでいましたが、最近、道場破りと合わせての学習パターンを編み出しました。次のレジュメが届くのが楽しみになっています。
A:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。
A:最新の情報が織り込まれているだけでなく、参考文献やリンク先も記載されているところです。理解を深めたり、調べものをする際にかなり役立っています。
Q:本講座で、改善してほしいサービスや追加してほしいサービスはありますか。 A:レジュメをスマホでもダウンロードできたら少し楽かと思います。パソコンが使えないとレジュメを印刷できるようにそうさできなきなってしまうので。教材がわかりやすく、実際に話す時間も数回がいいペースで入ったので、眠くならずよい授業でした。班ごとの話し合いも、皆で考えるのが楽しく、日本事情について考える機会になりました。ありがとうございました。
具体的でとてもわかりやすくご指導いただき、大変参考になりました。ありがとうございました。私たちが日々気にも留めない当たり前の感覚を取り除くことから始めないといけないなと痛感いたしました。グループ活動で、他の受講生の方々から 珍体験や異文化事情などの色々な話が聞けましたので、とても勉強になりました。楽しかったです。日本語指導と同様に日本事情指導も外国人の方にとっては必要な学習だと常々思っていましたので、このような講座を開いてくださり、ありがとうございました。わかりやすい講座で、とても有意義でした。紹介された教材『日本総論』はとても使いやすそうで購入したいと思いました。
Q:実際に1年間受講していかがでしたか?
A:合計2年受講しました。1年目は、読んでいてもちんぷんかんぷんだったことが、2年目からは、2回目ということもあり、分かってきたことも多かったです。
Q:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。
A:海外在住なので、ネットにつなげる環境にあれば、受講できるというシステムはとてもありがたかったです。海外と言う場所柄、日本語教師、教育関連の情報、教材などを手に入れるのは非常に難しいです。その中で、メルマガという形で配信されるこの講座は、ネットがあれば受講できます。しかも、一回ですべての内容が届くのではなく、1年間週3回に分けて届きます。1回で全部届いたら、たぶん、「時間があるときに勉強しよう」などと、理由をつけて、結局何もやらなさそうですが、小分け(?)に配信されることで、無理なく、でも2日に1回は勉強しなければならないという、ある意味半強制的な環境が、怠け者の私にはよかったと思います。
Q:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。
A:日本語教育能力検定試験を受ける、受けないに関わらず、日本語教師として海外なりで、働いていて、情報不足で困っている方には、非常にいい助けになります。海外では、日本人というだけで、日本語を教えることができるところもありますが、「日本人ということ」と、「日本語が教えられる」ということは全く一致しません。また、ネイティブだけど、教え方を知らない先生に習う生徒もかわいそうです。日本と言う小さい島国でしか使えない日本語を、それでも習いたいという外国人の期待に応えるためにも、教える側もそれ相応の努力をするべきだと思います。
Q:実際に1年間受講していかがでしたか?
A:通信教育と同じように、自分の時間に合わせて学習できることと、最新の情報が得られるのが、とても素晴らしいと思いました。自分自身は、事情があって、途中で学習を中断することになりましたが、ようやく今、半年遅れで、紙ベースに落としたものを再学習をしています。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

Q:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。
A:テキストが紙に落とせることが、復習する際にとても助かっています。また、篠崎先生によって精選された日本語教育の最新情報や、先生の日本語に対する識見を得られるのが、地方にいても、大変心強かったです。
Q:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。
A:日本語の学習を始めて3年ほどになりますが、その範囲の広さに、戸惑ったままです。地道に学習を続けることしかないのだろうと、思っています。篠崎先生、この一年間ありがとうございました。また、これから、メールは継続させていただこうと 思っていますので、これからもよろしくお願いいたします。

篠崎 大司 様 先日も申し上げたように、初級の模擬授業が完了いたしました。昨日、初級模擬授業の締めくくりのテストでした。満点ではありませんでしたが試行錯誤しながら、教案作るときに教授法のテキストを何度となく見ていましたから・・授業遂行上に必要な、到達目標とは、教案、教具、対話能力、談話能力、社会言語能力、ストラテジー能力、模倣練習、反復練習、応答練習、代入練習、明示的フードバック、暗示的フィードバック、クローズドクエスチョン、ペープサート、フラッシュカード・・などの解答でした。早速、昨日から検定問題に再度取り組みました。今日の先生からのチョムスキー問題も習っ た内容でしたが・・脳裏にはうっすらとしかインプットされていなかった。しかし、チョムスキーの生成文法は、うっすらと記憶にあったから、「言語生得説」かなと・・・解答。一個でも正解すると嬉しいものです。

【問題】
チョムスキーが唱えた説といえば?

1 言語過程説
2 情意フィルター仮説
3 言語生得説
4 臨界期説

しかし、解答して、ここで私は終わらない。「言語生得説」、「言語過程説」、「情意フィルター仮説」第二言語関連の「化石化」 その他・・「臨界期説」と・・・・再度調べました。あ、これも習った・・しかし、インプットされいない!!もっと再学習をしなくては・・と、自分に言い聞かせます。やっていたらおもしろくて、止まらない。地道な学習が身になると信じて・・・検定エンジンをかけています。インプットはまだまだまだ・・ですが・・・「情熱なくして、夢かなわず」目標:「学習者を愛おしみ、学習者の成長を喜べる教師への実現に向けて」、「最後まであきらめない」「ゴールするまで続ける」「諦めないで頑張れば必ず結果はついてくる」会社の机と自宅の壁に貼って 、常に意識下に置くように、自分に発破掛けています。それから、本日の資料の「世界の諸言語」は、知りたかった情報でした。早速、カード化して、明日から通勤電車で学習します。先生からの問題提供は、日本語教師に必要な役立つ情報、そして、検定に向けてやる気をもたらせて頂く先生に感謝いたします。なぜか、感謝の言葉を伝えたくなりました。ありがとうございます。今後ともご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

篠崎先生、おはようございます!昨夜の篠研で紹介された、「やる気についての」言葉も、心にしみました。私は、自己啓発できそうな言葉や名言に出会うと、単語帳に書き込んでいます。それを机の横にぶらさげ、毎日、その日の自分に合いそうな言葉を表にしておいておくんです。その語録帳に、先生の「行動を起こせば、やる気もそれに追随する。」を書きくわえました。先生がおっしゃる通り、確かに、何もないところに「やる気」は出ませんね。最初の一歩が「やる気」の始まり!
Q:実際に1年間受講していかがでしたか?
A:実質2年受講しました。私が一番ほしかったのは「モチベーションをキープし、コンスタントに勉強をする時間を設けること」でした。独学での勉強は、それが一番難しいです。毎日、毎日ではなくとも、せめて一日おきに必ず検定試験のことについておもったり勉強したりする時間をつくりたかったです。それには篠研の1日おきに強制的に送られてくる、しかも篠崎先生の明るいパワー全開の前ふり等、後ろ向きになっている暇を与えてくれないので(笑)、講座資料はそういった意味でも最適でした。また、先生が紹介してくださる本や資料が私にはとてもありがたかったです。特に、最後の追い込みの時に教えてくださった問題集を3回やったおかげで、勘所がつかめて集中がアップしていったと思います。
Q:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。
A:皆さん書かれていますように、やはり「わからないことを聞けばいつでも先生が答えてくださる」という保険のような安心感が、すごく有難かったです。私は実際は1、2度しか質問メールをしなかったのですが、聞けば教えてくださる方がいて自分で調べるのと、全く孤独に調べるのとでは時間的にもそうですし、気持ち的にも全然意味合いが違ってきます。
Q:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。
A:検定試験は、篠研さえまじめに受講すれば必ず合格できますよ。私(15回以上受験してます)でも出来たんですから。あきらめたら終わりです。あきらめずに頑張ってください。
篠崎大司様 早速のご対応に心から感謝申し上げます 駄目だろうと・・・思っておりましたから・・正直、メール開くのドキドキしました メール読んでホッとしました そして、先生は、非常にご多忙ですのに・・迅速に快く対応してくださいました 先生の寛大な温かい心に「ありがとうございますと、涙が出ました」本当にありがとうございました 早速、印刷しファイルいたしました 「言語政策は、昨日、検定問題をちらりとのぞいて行った問題でしたので・・・再度、復習いたしました」その他も、教授法でも学びを深めている「スキミング、スキャニング、学習者への質問の種類など・・」再度、学習しました 本当にやりだしたら・・・止まらないような知りたい内容がもりだくさんです 余談ですが・・・・私は、決めていることがあります 検定試験を受かるまでは・・「駄目かも」「受からない」「落ちる」と言う言葉は・・思考回路には入れない、言葉に出さない!!と、決めています 篠研受講者からのメールで「5回目、15回目、で合格した」と、ありました 受講者からの言葉や先生からの言葉は日々の学習意欲を継続する励みになっています 私も、1回で合格したい意気込みで学習していますが・・・受かるまでは・・諦めず・・そして、先生の篠研講座に参加し続けます 私は、日本語教師養成講座でも多くの仲間に支えられています(だから余計に頑張りたいですね)皆さん本当に良い方ばがりです (このような良い方々が外国人の日本語教育を担って行かれることを日本人として誇りに思います) 本当に、ほんとうに、ありがとうございました これからも、ご指導宜しくお願いいたします。

篠崎 大司様 いつも、篠研では大変お世話になっております。5月の講義内容を見て・・・・「やったーーー」て、感じです。私が一番学習を深めたい内容です。ご指摘の通り・・「音声学が苦手。」「動詞の活用規則をアルファベットで書き表すのが苦手。」「格助詞の種類と用法を整理したい。」という方。頭を抱えていた難題です。音声と文法は苦手意識から早く離脱したいと思っていました。

5月1(金) チェックテスト「キーワード30」2
4(月) 日本語の音声
6(水) 日本語の子音とその周辺
8(金) 日本語のプロソディ
11(月) 日本語の音声の諸現象

25(月) 助詞各論
27(水) 動詞・形容詞各論
29(金) テンス

これを機会に再学習します。

Q:本講座をお申込みいただいた決め手は何ですか。
A:○海外でも利用できるからです。
○独学での合格は難しいと思ったからです。
○低価格にもかかわらず丁寧に解説がされていそうだったことと、(ホームページなど)あと日本語教師の現場であることを交えてわかりやすく解説してあると思ったからです。
○2014年度の検定に合格した友人から勧められたからです。
○先生の解説がわかりやすかったから。
○日本語教育能力試験を受験予定なので
○授業の進め方について、役に立ちそうだったから。
○ネットを使ってどこでも空いた時間に勉強できること、受講料も法外でなく気軽にトライ出来ること、そして何より、サイトを拝見した際に先生の日本語教育に対する情熱を感じ、すごく信頼できそうな方だと思ったからです。
○今年こそ合格したいと考えたからです。
○直接 先生の講座を受けたので。
○内容が充実していると思いました。また、こまめにメールが来て励まされるようです。
○篠崎先生の、日本語教師として基礎である今月(5月)の内容を知らなくてどうする、という言葉。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

日本語教育能力検定試験対策講座 篠崎先生 いつもお世話になっております。GW中にも関わらず、丁寧にご回答をいただき、ありがとうございました。大変助かりました。今日、再度テキストについて話し合いをしました。やはり、ドイツ語の日本語テキストがいいというので、篠崎先生にご提案をいただいたとおり、ドイツ語のテキストに決めました。個人的には、「まるごと」がお勧めかと思ったのですが、自主学習もしやすいことも大切ですよね。それから、今回のご夫婦はご年配の方で、 それなりの地位にある方のようですので、会話のシチュエーションも「げんき」のように、学生の会話中心のものですと、どんなに説明書きが良くても、合わなかったかもしれません。現段階では、まるっきりひらがななどができないので、先生に教えていただきましたサイトのひらがな、カタカナ表をドイツ人向けにアレンジしてお渡ししました。まずはこれを使って練習をして、生徒さんのご希望に合わせて資料を用意したり、ロールプレイをしたりして、レッスンを進めていきたいと思います。私自身が自信がないため、どうしてもテキストに頼りがちでした。テキストを教えるでは駄目なのですよね。ありがとうございます。
篠崎先生 お世話になっております。お忙しいところ丁寧に教えていただきありがとうございました。「特定活動」と「技能実習生」「留学生」の違いがとてもよくわかりました。もやもや感が消え、スッキリしました。また、問題集の使い方もなるほどと思い、教えてくださった方法を実践してみます。先生の講座はセクションごとの流れがとてもわかりやすいです。1回の配信内容も勉強しやすい量なのでじっくりと勉強ができます。試験対策だけではなく現場目線でのコメントや説明がされているので、スキルアップにも繋がると感じています。先生の講座を受講し改めて受験勉強は受身だけではなく自ら調べたり関連づけすることも大切だとわかりました。それが勉強の楽しみの1つでもあるのですよね。長丁場の勉強になりますので力まず、気負わず、じっくり取り組みたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Q:実際に1年間受講していかがでしたか?
A:教師一年目のため、教案に追われる日々で、思うように進むことができませんでしたが、毎回の課題がちょうどよいので、時間を見つけては読むように心がけました。時間があるときにじっくり読み、理解を深めました。
Q:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。
A:ちょうどよい量なので、無理なく続けられました。確認問題もあり、より理解を確認しながら学べる点がよかったです。
Q:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。
A:努力は必ず形となって表れ、人を裏切らないと思います。お互いに学び合いましょう。最近の先生の宣伝は、少し押しが強くて、逆に「なんかそんなに短期間で売らなければならない(稼がなければならない)何かがあるのか?」疑いたくなります(すみません、ぶしつけなことを言って)。篠研は間違いなくいい講座(内容的にも、価格的にも)なので、そんなにぎゃんぎゃん宣伝しなくても確実に広まっていくと思います。「篠研は私の恩人(ん?人じゃない?)」です。(勝手に)先生の影なるサポーター・応援団でいたいと思います(笑)。これからもよろしくお願いいたします(^^)/。
日本語教師をめざして日本語教育能力検定試験のためにこの講座を受講しているのはもちろんですが、検定に合格して、教師になってからも、いえ、私の場合は、検定に合格し、日本語教師になってからの方が、実践的に役立ち、利用させていただきました。
私は今回、4回目の受験です。合格したかどうかわかりませんが、試験のために勉強したこの1年間は、本当に有意義でした。
篠崎様 こんにちは ご指導ありがとうございます。大変助かりました。今後も よろしくお願いいたします。
篠崎先生へ いつもいつも大変お世話に待っております。台湾のY.Kです。先日は使役・使役受身についてのご指南ありがとうございました。早速、入念な準備をし、日曜日の授業で先生の教授法と絵教材を使い再導入をしたところ、大成功でした。中級クラスになったら、絵教材は使わなくていいと思ってましたが、それは大間違いなんですね。本当に勉強になりました。
拝啓 篠崎様 初めまして、●●と申します。いつもメルマガを興味深く読ませていただいております。私は昨年、検定試験を受け合格しました。現在、■■大学で講師のアシスタントの一員として、ボランティアで日本語教育にかかわっています。近いうちに、日本語学校で教壇に立つ予定です。だから、自らの日本語スキーマを活性化するために、毎朝記事を読んでいます。そして篠崎先生のメルマガには、自分が養成講座や書籍で学んでいなかった知識や、教育現場での生きた新鮮な情報が紹介されているので大変勉強になります。今回のアクティビティでは、ひらがなの教え方が掲載されていますが、これは簡単で効果がありそうですね。他にも「あで始まる大切な言葉」というのがありましたが、こちらも実用的で、なんと言っても簡単にできるのがいいですね(笑)。講義をするときに、クイズ形式にすると、受講者の食い付きがよい、いわゆる「つかみ」になると聞きましたが、そのとおりだなと思います。これからもメルマガを楽しみにしております。最後に、篠崎先生の今後の益々のご健康とご清栄をお祈り申し上げます。どうも有り難うございます。敬具

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

篠崎先生 初めまして 今月より検定対策のほうに申込みをさせていただいた●●と申します。初回、配信いただいた内容がとてもわかりやすく疑問に感じていた部分がすっきりしたので、継続してお願いしようと思っております。現在、現役の日本語教師として働いておりますが、未だに検定に合格しておらず、合格は無理だと諦めて(過去2回落ちています)いた矢先、先生のこの講座知り、今年もう一度やってみようかと思うことができました。合格は自分の努力次第だと思いますが、先生の対策がかなり役立つと確信しております。
こんばんは。 いつもただでメルマガを拝読させていただいております。有難いことです。なんとか、落ちこぼれずに続いております。今日のメールにありました「日本語教育概論」ですが、先日、先生にご紹介いただいた「日本語教育実践」を早速、購入してただいま、読んでおります。なかなか為になる本だと思います。今年の目標、1週間に1冊のペースで頑張って読んでいます。日本語教師の地位向上のために頑張ります。
篠崎先生 いつもお世話になっております。度々、ご回答をいただきありがとうございました。やはり、言語によっての品詞のずれはあるのですね。少なくとも、日本語学習者の多い国の言語については、どのような特徴があるのか、検定にも必要なので、確認をしておきたいと思います。そして、学習者に説明する際には、気をつけたいと思います。ありがとうございます。
Q:実際に1年間受講していかがでしたか?
A:実際検定講座の受講を決めるまでには数か月かかりましたが、受講料金値上げが後押しとなって、これはモタモタしてられないと8月から入会しました。内容が盛りだくさんで、もっと早く入会しておけばと後悔しました。
Q:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。
A:講義資料と、チェックキーワードや道場破りなど、実際に理解度を試せるところです。またメルマガの内容も豊富で勉強になります。
Q:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。
A:養成講座は卒業しても、検定に合格していないと、不完全だと思います。私は将来、海外で(台湾)日本語教師を目指していますので、選択肢を広げられるように合格は必須です。今年は2度目の挑戦ですし、正直プレッシャーを感じています。とはいううものの、悲壮感はなく、最近勉強グセがついてきたようで、検定の勉強が全く苦でなくなってきました。まわりのシノケン仲間と勉強会を開いて、情意フィルター?を下げているおかげかと思います。皆さま孤独にならず仲間と、頑張りましょう。
Q:実際に1年間受講していかがでしたか?
A:まだ、全部読みきってはいないが、内容が分かりやすい。まさに、大学の授業を受けているよう。言い回しがやさしいので、一人でも理解しやすい。
Q:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。
A:即、しかも何度も質問できるところ。
Q:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。
A:日本語教師は学習者からダイレクトに感謝のことばをたくさんもらえる、幸せな仕事です。役立ち感もあり、日本語のロマンにも浸れ、また、世界への視野も広げさせてくれます。ぜひ、一緒に日本語教師として働きましょう!検定試験は私も鉢巻まいてがんばりました!あとは、ネバーギブアップです!
Q:実際に1年間受講していかがでしたか?
A:充実した内容で大変参考になりました。はじめの内はプリントをしていましたが、それが意外と手間暇かかり、それだけに振り回されてストレスとなり段々時間的にも余裕がなくなりました。私が高齢(70歳)なのと機械も古かった事情も有ったと思いますが。近い内に新しく機械を購入予定なのでもう一度プリントもトライして見ます。其方からのお返事はいつも「電撃」のように早く心遣いもこもりサービスは200点満点!私も見習いたいものだと感心し感謝しています。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る