キーワード解説「た」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

ダイクシス

deixis。発話される場面によって指示する内容が決定される言語表現。直示。

例えば、「私」という言葉は、話し手が誰かによって指示する内容が変わってきます。このような表現をダイクシス(直示)というわけです。

直示には、主に人称直示、時間直示、場所直示、談話直示、社会直示があります。

(1)人称直示:人物を指定するもの。

(例)「私」「あなた」「彼」「お母さん」「いとこ」「社長」…

例えば、日本語の「あなた」と英語の「You」は用法にずれがあるにもかかわらず、それを知らないために日常会話で「あなた」を多用する学習者が見られます。(例:「あなたは先生ですか。」)初級では致し方ないとしても中級では指導したいところです。

(2)時間直示:時間を指定するもの。

(例)「今日」「明後日」「今週」「来月」「来年」…

例えば、日本語では「先週-今週-来週」というところを、中国語では「上星期-本星期-下星期」というのだそうです。時間感覚も言語によって様々です。

(3)場所直示:場所を指定するもの。

(例)「ここ」「そこ」「あそこ」「右」「上」「前」…

場所直示に限らず、日本語の指示詞は「コ・ソ・ア」の三項対立ですが、これも言語によっては二項対立であったり、あるいは三項対立であっても日本語とは体系が異なったりといったことがあるので注意が必要です。

(4)談話直示:指示詞の文脈指示用法

日本語の指示詞の文脈指示用法を簡単にまとめると、以下のようになります。

「コ」:直前直後の内容。
「ソ」:話し手と聞き手のいずれかにしかない情報、あるいは仮定の内容。
「ア」:話し手と聞き手のいずれも知っている情報、あるいは記憶の内容。

(5)社会直示:社会的要素を指定するもの。

日本語では敬意表現がこれにあたります。


検定試験に合格したい方、情報不足に悩む海外在住の方へ

丁寧な説明と低価格で徹底的に独学を支援する 日本語教育能力検定試験対策通信講座

篠研の日本語教育能力検定試験対策

合格証書

通信講座『篠研の日本語教育能力検定試験対策』では、全出題範囲の徹底解説した講義資料(PDF)、本試験と同形式の模擬問題、日本語教育に関する最新ニュース、日本語教師として日々成長するヒントを、週3回、メールでお届けします。

デスクトップPCはもちろん、スマートフォン、タブレットにも対応しています。PC端末さえあれば、隙間時間を利用していつでも検定試験の勉強ができます。

日本語教師として成長したい方へ
無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。また、日本語教育や私の研究分野であるICT教育、eラーニング教育に関する最新の動向やノウハウも公開します。平日日刊。

さらに、今ご登録なさると2大特典が無料でダウンロードできます。
特典1 「精読指導の秘奥義」
特典2 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。