会員様の声

会員様からいただいた感想メッセージを掲載させていただいております。

001~050 051~100 101~150 151~200
201~250 251~300 301~350 351~400
401~450 451~500 501~550

会員様の声No.451~No.500

早速お返事いただきありがとうございました。とてもすっきりいたしました。
例文もよいアドバイスをいただけ助かりました。次回、苦手な使役受け身の指導も自信をもってできると思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

先生 こんにちは
J.Mさんがメールをしてくださったのに私が無視する訳にもいかないとプレッシャーを感じ(笑)遅くなりましたが連絡いたします。(少人数制の良い点?悪い点?でしょうか)
私がこのセミナーに参加したかった理由は、先生がどのように分析されたのかということと あとは、他の先生方の情熱を分けて欲しかったからです。私の事例は、同僚の方には参考にならないと思います。ただ、クラスの雰囲気が悪いケースは恐らくどなたでも経験する事だと思うのでとても勉強になりました。iMessageまででてきて、驚きました。
今度は、東京の場所で開催すると言うよりも、皆さんも参加できるスカイプ会議とかで全国、全世界同時開催‼︎で行われたら面白いかもしれません。なぜなら、東京には先生が多いので、むしろ問題が起きても同僚に相談しやすいのではないかと思うからです。地方や海外在住の方が、相談する相手が居ないかもしれませんよ。
また先生の教え子の方で、ボランティアでいいから現場で教えてみたいと言われる方がいらっしゃったら韓国のソウル郊外の中小企業ですが、機会は作れます。おっしゃってください。
今回のセミナーは、私にとって本当に大変勉強になったのと、元気(=パッション)をもらったセミナーでした。セミナーの翌日、ある日本語学校の授業見学をさせてもらいました。媒介語の入らないクラスを久しぶりに見ました。私は、いつも媒介語が入ってしまうので、できれば、日本語だけで進めたいと考えています。こちらも勉強になりました。ありがとうございました。

回答、ありがとうございました。
「不随意的な」という例外もあるのですね。でもほとんどが「非~的」ということで、理解できました。なかなか自分では調べられず、すっきりしました。篠崎先生へも、どうぞよろしくお伝えください。ありがとうございました。

篠崎先生
ご回答、ありがとうございます。
おかげ様で、私の頭がすっきりいたしました。この説明でしたら、学生も納得し、実際に使うこともできるようになると思います。
教師の中途半端な説明で、学生に苦手意識を植え付けてしまうと、自分で使えなくなってしまうのではないかと怖れておりました。
本当にありがとうございました。

この方法は思いつきませんでした!
とても参考になりました。
ぜひ次回やってみようと思います。
ありがとうございました。

篠崎先生
お世話になっております。この度は、さっそくのご回答をありがとうございます。

>むしろ扱わない方がいい

そういう場合もあるのですね。

必ずしも既習項目や似ているものと対比させるということにこだわらなくてもいいのか、と気づかされました。
ありがとうございました。

いつもお世話になっております。早々にご返信いただきありがとうございました。

> みんなこの時間は座れないと思うだろうが、それは違うと思う、並べば座れるのだ、という意味。
> お金持ちがみんな幸せだ、という一般的な考えに私は反対だ。

「わけではない」が、他者の推論や予測を話し手が否定する表現であるということを、上記の「違うと思う」「私は反対だ」という言葉を使って、上手に伝えられそうです。
ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

篠崎先生 お世話になっております。Y.Aです。
ご返信くださり、ありがとうございました。
「覚える」についてずっとモヤモヤしていたのですが、スッキリしました。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

はじめて質問させていただきましたが、素早く、端的なお答えをありがとうございました。こんなにすっきり教えていただけるなんて、感激致しました。篠崎先生にもよろしくお伝え下さいませ。

別府大学 篠崎 大司先生
先日は、スカイプコンサルティングありがとうございました。興奮冷めやらぬまま送るより、と思っていましたらご連絡が遅くなってしまいました。ご容赦くださいませ。
今回のお話で一番勉強になったことは「どんな問題でも必ず解決方法がある」ということです。事前の宣伝でも、先生がおっしゃっていらっしゃいましたね。そこから私はもう一つ、「その方法は一つではない。絶対ではない」ということがわかりました。
そして「その方法を決意し、実行すること」 どの方法がいいか、どうすればいいか、それは実行するまでわかりません。しかし、決断をして実行をしたからこそ解決できたのだと、思いました。
先生とお話をする中で、私がこちらでしたこともお話をしてやはり実践あるのみ、それを実行して結果が出せたのだ、その次の行動ができたと改めて実感をしました。
今までの日本語教師のなかでも悩んでいる方は大勢いらっしゃいましたが、問題があるときに、実行せず「どうせ。。。」とあきらめている方のほうが多いように私は感じます。先生がメールマガジンで常におっしゃっている「実践をすること」それが一番の答えではないでしょうか
その点も踏まえ、日本語教育ではありませんが 私が教師として常に持っているナイチンゲールの「看護覚え書き」より一部をご紹介いたします。

「看護師がなすべき事、真の看護とは、よき観察者となり、
患者が自然の力で治癒するために最も良い環境を整え、
患者の生命力の消耗を最小にするように整えることである」

一部の言葉を日本語教育の言葉に置き換えれば、至極当然なのに見失いがちなことだと思います。
コンサルティングのあと、「勉強しました。わかりました」で終わらず、感じたこと、考えたこと、勉強したことをどんどん授業に活用し、一人でも多くの学習者の習得に活かせるように、実践、実行してまいります。
また、何かと面倒なことをお願いすることが続くと思いますが今後ともよろしくお願い申し上げます。
こちらは例年になく暖冬ですが、九州はいかがでしょうか?ご自愛専一に過ごされ、よいお年をお迎えくださいませ。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

お世話になっております。さっそくのご連絡、ありがとうございます。URLからは、やはりダウンロードできなかったのですが、添付していただいたおかげで見ることができます。ありがとうございます。今から読んでみるのが楽しみです。ありがとうございました。

篠崎先生
こんにちは。I.Eです。先ほど検定試験の結果が郵便で届きました。結果は合格でした。感無量です。泣いてしまいました。
失礼ながらメールで試験前と試験終了直後、結果発表前の状況の報告をさせてください。
先生には2年前からずっと日本語教育を教えていただいて、本当だったら去年合格するのが一番良かったのですが、遅くなりました。
去年は、心のどこかで「私は勉強している、大丈夫だ」という油断があったように思います。今年は昨年の反省も踏まえて猛勉強しました。もちろん教材は先生が薦めてくださったアルクの『日本語教育能力検定試験合格するための問題集』を6回解き直しました。先生の講義資料を全てまとめたノートももちろん活用しました。問題集でわからないものや、例文などは全てそのノートを参考にしました。
検定試験を受けて、結果は本当に微妙でした。先生と学食でお会いした時に、先生が「微妙だねぇ~~~」とおっしゃった時の顔は鮮明に残っています。
今年の試験は実感としては、「簡単な問題は問題集からそのまま。難しい問題は問題集だけやってても解けない」という感じでした。やはり時事問題などは当然のこと、国語教育とも絡めた問題が出題されており、本当に難しかった(というか問題集しかやっていなかったので太刀打ちできなかった)です。それでも問題集を6回も解いた私の脳みそは、簡単な問題は3秒見つめれば答えを出せるというレベルまで上がっていたと思います。それでも凡ミスはあるもので、深読みしすぎたせいで間違えた問題もちらほらあり、まさに微妙な結果でした。
合格通知が12月16日(金)に発送ということでしたが、土日を挟んでしまい、実家に結果が届いたのが本当につい先程でした。(メールを打っている関係で先生からするとつい30分前の話になりますが。)
金曜日からずっとそわそわそわそわしていました。金曜日に家のチャイムがなったので「結果か!!!!」と思って出ると集金だった、という話はまた忘年会(新年会?)にでもしますね。
合格というのは本当に嬉しいものでした。「これで履歴書にかけるぞ!」やら「日本語学校の求人探すぞ!」やらいろいろ思うことはありますが、まず第一に「これが自分の頑張った結果だ」と喜びたいです。
皆さんがおっしゃられているように、本当に、私もここからがスタートだと思うので、精進していきたいと思います。

篠崎先生 いつもお世話になっております。
先生、日本語教育能力検定試験に合格いたしました‼︎ 三年間の努力がようやく身を結びました。今年は日本語学校が休みの日には朝8:30から夜10時まで勉強していました。これからは勉強したことを忘れないように、なんらかの形で検定試験の勉強を続けていって自分の骨組みを強固にしていくつもりです。この結果に甘んじず、プロフェッショナルになれるよう努力していきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

篠崎先生 こんにちは、初めてご連絡差し上げます。
今回は、とても参考になる情報を送って頂きありがとうございます。今後とも、よろしくお願いいたします。

篠崎様 お世話になっております。(通信講座を)受講していたI.Mです。
今日帰宅したら 葉書ではなく 少し大きめの茶封筒がポストに入っていました。

「うそーーーー!」

と 感激と嬉し涙です。
自己採点では パート3は現場経験が幸いして良かったのですがパート1が撃沈でした。なのですっかりあきらめていました。ただ通知が届くまでは 仏壇に受験票と先生から頂いたお守りはあげていました。(もちろんお経も毎日あげています。)
改めて思いおこすと本当に勉強は大変でした。日本語学校で毎日シフトにはいっていたので 授業準備と並行しての勉強の日々。それでも勉強をつづけられたのは 二つの理由です。一つは検定講座が分かり易い上に問題練習のフォローアップが休む暇を学習者にあたえない。(笑)もうひとつは 同じ立場の人のメールを共有できて「よし!自分ももうひと踏ん張りだ」と思えたことです。今は もう すべての人に感謝の気持ちでいっぱいです。今日から ステップアップした勉強に力をそそげます。もちろん篠研のPDFも見直しながら専門書を読んで実力を高めていきたいとおもっています。
これからも どうぞ宜しくお願いいたします。

篠崎先生 ありがとうございました。
お陰様で,合格できました。

福岡での直前対策セミナーに参加させていただきましたS.Yです。合格通知が、本日、家に届きました。
本当に直前での申し込みだったのに、受け付けて下さりありがとうございました。大きな力になりました。もっと早く先生に出会って教わりたかったです。ありがとうございました。

メルマガと検定対策で、いつもお世話になっております、熊本のI.Mです。
先生!今日夕方、合格の茶色い封筒がきました。恐る恐るポストをあけて封筒見た瞬間、まず喜びを叫んで、家のなかに入って号泣しました(笑)
受験のすぐあと、色々なとこの解答速報を見て答え合わせをしたときは、思ったより点数が取れてない気がして落ち込みました…。3度目の挑戦で、昨年はA判定で涙したのに、今年もか……。が、12月16日の正式解答で自己採点したら、一応マークで171点取れてて、「もしかして、ぎりぎり通ったかな?」と少しだけ期待したら、合格通知来ました♪ 特に試験2が36点取れてて、一番嬉しかったです、音声頑張って良かった…。
先生に教わる前に2年間独学で頑張りましたが、今年ようやく合格できたのは、先生の過去問対策セミナーのお陰です。独学の際は過去問解説がないので、しっくりこないものはしっくりこないままになっていました。先生のお陰でそういう部分がはっきりして、かつ現場でも役に立つことを沢山教えて頂きました。
今まで漠然と思い描いていた夢が、一気に目の前まで近づいてきた気がして、今は少し足がすくんでいます。でもこれからですね、これからが本当の第一歩ですね。
先生にはこれからもお世話になりつつ、もっと勉強してもっと技術を磨いて、新しい世界に飛び込んでみたいと思います。といいつつ、まだ飛び込むまでに時間がかかりそうです。
先生、これからもどうぞよろしくお願い致します。長々と失礼致しました。日々寒暖の差が激しくなっております、御体ご自愛くださいませ。

■お便り(再び)

今の仕事は全く別の分野で、今までは数年のうちに検定合格すればいいか、将来そのうち日本語教師になろう、くらいの気持ちでした。が、先生のPDFを見ているうちに今年で合格したくなり、セミナーに行く度に日本語教師になりたくなり……。
合格した今は、数年のうちに日本語教師になるべく、その勉強のためにもう一年受講したいと思うようになりました。そのように思わせて頂いた先生に大変感謝しております。
長くなりましてすみません、今後とも末永く宜しくお願い致します。

篠崎先生 ご無沙汰しております。A.Eです。
日本語教育能力検定試験の結果が来ました!合格しました。興奮が冷めず、夜中に起きてしまいました。
以前、先生にメールしたとき、自己採点では75%の出来でした、とお伝えし、先生に「それは微妙ですね」とコメントいただき、もう落ちたかもしれない、と凹んでいました。12月16日、公式解答がホームページに掲載され、もう一度、自己採点してみました。

試験I  81
試験II  28
試験III 64

計、173点+記述点で、何とか8割弱を確保できたようです。
なお、75%というのは、●●●の解答速報の試験Iが10問近く間違っていたようで、低く採点していたようです。試験I、IIIは、先生の直前講座が、最後の一押しになり、8割を確保できました。模擬問題ではいつも9割近い正答率だった試験IIが、試験本番では7割に落ち込みました。緊張もあったのかもしれません。記述問題は、先生に教えていただいた必勝パターンで書いたので、自信がありました。本当に感無量です。
思えば、先生に、「ヒューマンの参考書、アルクの問題集、篠研、過去問と 心中する覚悟で勉強します!」と宣言し、どれも4、5回、繰り返して解きました。単語カードも作りました。通勤電車の中、聴解問題を解き、めまいがしながらも、記述問題を書きました。子供のスイミングスクールの時間、お習字の時間もひたすら勉強しました。会社の昼休み、パンをかじりながら、篠研講座の内容を、すべて、ヒューマンの参考書に書き込みました。くじけそうになったら先生にメールをし、励ましてもらいました。フリクションボールペンは、2本使い切りました。日本語教育と無縁のメーカー会社員の私が、1回で合格できたのは、いつも励ましてくれた篠崎先生と、試験を受けてもいいよ、とサポートしてくれた家族のおかげです。
さて、教育能力試験が終わった後、中国語を勉強を始めました。私も語学初級者の立場になり、中国の方と一緒に勉強を頑張っています。日本語を勉強する中国の方と、中国語を勉強する日本人同士のコミュニティに入りました。「発音聞いてちょうだい」「『に』と『で』、どう違う?」などと質問には、篠研講座が本当に役に立ちます。基本的なところでびっくりすることも多いです。中国の方の日本語学習者の大半が若者ですので、頭が柔らかく、そのまま覚えようとします。例えば、「漢語+する」の活用表を、全部丸ごと覚えようとしている学習者に、「する」の部分だけ、活用を覚えればいいよ、漢語は変わらない、とアドバイスしたら、感謝されました・・・。あとは、名探偵コナンの「今回は・・・に注目だ」という文について、まだ「ですます形」しか学習していない初級者に、「この文なんですか?この『だ』って何なんでしょう?」と質問が来たり・・・「今回は・・・に注目です」と意味が同じです、と伝えたら、彼は、一発で理解できました。普段は会社員として働いていますので、なかなか日本語教育に携わる機会がないのですが、中国の方の、日本語学習をサポートしていきたいと思います。
私は今、35歳です。まだ、人生で何が起こるかわかりません。いつか、中国語、英語で日本語を教えることができるよう、今から頑張ります!長文失礼いたしました。

お世話になります。高崎のH.Cです。
昨日、検定試験の結果通知が来まして、予想通りの不合格(E)でした。篠崎先生には一年を通して、熱く指導いただいたにもかかわらず、自分の努力不足を痛感するばかりです。
先生から定期的に届く講義資料全てにくまなく目を通すことが出来ていなかったことがまず、問題だったと思います。試験勉強に、かける時間も1000時間にははるかに及ばず、試験勉強のスケジュール管理が甘かったと反省しています。
篠検メンバーの中には、早速合格された仲間の嬉しい報告も次々届いていますす。彼女たちの姿を励みに、また一年頑張りたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

篠崎先生 メルマガの配信ありがとうございます。
毎回、自分に知識の定着を確認できるクイズがあってとても役に立ちました。そのおかげで、初めての受験でしたが、今回の検定に合格できました。ありがとうございます。これからもメルマガを楽しみにしています。

おはようございます。
検定試験は、不合格でしたが、何と合格ランクのアルファベットが上がっていました。自分では凄いことです。ぜひ来年は!と思っています。
このメールを頂きながら、忘れかけた頃に連絡がきて勉強しないとという気が維持できたのだと思っています。来年もよろしくお願いします。

篠崎先生、ご無沙汰しております。お陰様で昨日、合格の通知が届きました。
メルマガを電車移動中に読んで励みにしたり、クイズで確認したりしていました。お世話になりました。ありがとうございましたm(__)m またお会いできますように。。。

篠崎先生 いつも大変お世話になっております。T.Rと申します。
奇跡としか思えないのですが、先日合格証書が届きました。
実は、試験前体調を崩し、何とか試験会場に向かいましたが、最後まで体がもたず、試験IIIなどいったい何を書いたのやら…という情けない状態でした。初めて受験した検定試験の過酷さに心が折れてしまって、「来年こそ!」と思いつつも、情けないことに試験問題を見る気にもならず、自己採点もしておりませんでした。体調管理は本当に大切ですね。
1月から始めて一年間。本当にありがとうございました。途中頓挫することもありましたが、頑張った一年間。いったい何をどう学習すれば合格するのか想像もつかないまま始めた検定試験の勉強でした。メルマガの「今日の名言」にモチベーションを支えていただきながら、毎回の教材を読み進めるうちにいつの間にか形になって来た検定試験の勉強でした。
篠研の終了証書も、合格証書と同じくらい嬉しい嬉しい賞状です。人生半ばの50代に頑張った記念として二つ並べて飾っておきたいと思います。
そして、1月から、なんと30年ぶりの就職活動をいたします。(わくわくドキドキです。)検定試験の合格が私の人生の可能性を大きく広げてくれた様な気がします。
また、篠崎先生のお陰で、セミナーで素敵な受講生の方々に巡り会うこともできました。その方々との出会いも今は私の宝です。本当にありがとうございました。今後益々のご活躍とご健勝を心よりお祈り申し上げます。

篠崎先生 お世話になっております。このたび検定試験に合格することができました。
ほっとしたせいか風邪をひいてしまい、ご報告が遅くなりましたが、先生に感謝申し上げたく、メールさせていただきました。
実は、試験が終わってこの1ヶ月半、自己採点できずにおりました。往生際が悪いと思いつつも、なぜか怖くて先延ばしにしていたのです。そんな心境でしたので、合格通知を見た瞬間は、虚脱感で膝ががくんと崩れたほどでした。
思えば、先生のこちらのサイトに出会ったのが去年の7月の終わりでした。その頃の私は、前回の不合格通知とにらめっこしながら、合格するためには試験Iであと何点、試験IIはどうにか現状維持できれば、試験IIIでは何点取らなければならない、などと小手先ばかりの方策が頭を巡り、合格したいという気持ちだけが前に出てしまっていたように思います。
堂々巡りのそんな状況の中で藁にもすがる思いで試験対策講座を受講し始め、明らかに自分の意識が変わっていくのを感じたのです。たった2ヶ月です。されど私にとってはとても大きな2ヶ月でした。先生からたくさんのメッセージを浴びるうちに、勉強の視点が変わったのです。いざ自分が教えるとしたら、という目線で思考することの有用性をはっきりとこの講座から学びとることができたのです。最初に一読したテキストをもう一度読み直した時にはこんなこと書かれていたっけ?という箇所がいくつもあったのです。「何のための試験なのか、試験の先に何があるのか。」について深く理解すれば、試験に対する姿勢もおのずと定まってくるはず!という先生の言葉はその通りだと、長い人生、今回ほど実感できた試験はなかったかもしれません。
この先の自分をイメージし、とにかくせっかく与えられたチャンスですので、勇気を出して一歩踏み出してみようと思います。

I.Yと申します。お世話になっています。
早速資料を再度お送りいただきありがとうございました。PDF化されたファイルから無事資料を見ることができました。
お手数をおかけしました。ありがとうございました。

お世話になります。
この度は 資料お送りいただきまして ありがとうございました。お手数お掛け致しましたが、大変助かりました。
篠崎先生にもくれぐれもよろしくお伝えください。

お世話になります。
こちらの不手際でしたのにご対応くださり、ありがとうございます。資料は確認できました。本当に助かりました。
ぎっしり詰まった資料ですものね。大切に、今後とも活用させていただきます。篠崎先生にもその旨お伝えください。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

篠崎先生
あけましておめでとうございます。今年も先生にとって、素晴らしい年になりますように。
今日、修了書を受け取りました。大変ありがとうございました。

篠崎先生、
「教えて」に入る事が出来ました。お手数をおかけしました。
どうもありがとうございました。
良い週末をお過ごしくださいませ

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

篠崎先生
いつもお世話になっております。福岡のT.Kです。
ご報告が遅くなりましたが、今回合格通知が来ました!!今回は6回目の受験で、ずいぶん受験してきたな~と感慨深かったです。途中2回受験できない年がありましたから、延べ8年間もかかったわけです。8年間は私の日本語教師経験と同時進行でした。現場経験と検定知識習得の積み重ねは、今思えば貴重な宝物です。そして、6回も受けるなんてスゴイ!と周囲の方に言われましたが、何度も受けることより、諦めることのほうか私にとっては苦痛だったのです。この試験が目の前にある以上は受けなければ!!そしてどこかで聞いたのです。「努力する才能」そうだ、私もコレだ!!と思い、余計なことは考えないで勉強しました。6年間の勉強でずいぶん知識も増え、現場で役に立つことも多いです。無駄なことは何も無い、ということです。何より、篠崎先生のメルマガで勉強がしっかりできたことが勝因です!!過去問の質問をバンバンをさせていただき、わからなくてモヤモヤしていた問題がスッキリしていたので、試験当日も「さあ!来い!!」ぐらいの意気込で臨めました。本当にありがとうございました。今後も勉強を続けます。どうぞよろしくお願い致します。まずは報告とお礼まで。

篠崎先生
さっそくお答えくださって、本当にありがとうございます。学習者への説明のポイントを示していただき、助かりました。
導入の文や練習する文を考えるとき、この4つの用法を意識しておこうと思います。「~と」の文を考えていると、「~(に)なる」が前件にも後件にも出てきて、結びつきの強さを感じたり、自動詞他動詞のことも気になったりと、キリがありません。自分の理解はしっかり深めておいて、学習者への説明はシンプルにと心がけて、やってみようと思います。ありがとうございました。

篠崎先生、 ありがとうございました。
全て無事ダウンロードできました。
あとは勉強するのみ!です(笑
今後ともよろしくお願いいたします。

篠崎先生 こんにちは。問い合わせておりましたN.Nです。お返事をいただいてましてありがとうございました。
お忙しいところ、ご丁寧に回答していただき、感謝でいっぱいです。今日もお休みのところ、pdfを送っていただきましてありがとうございました。無事に見ることができました。参考文献まで書いてあったので、深めて読みたいときにいいですね。「分裂文」についても検索してもあまり明確にわからなかったのにきちんと例文も書いてあって、さすがと思いました。タブレットでも見られたので、プリントアウトしないで読めますね。
2月の講座(名古屋)の申し込みをしました。6月、9月もぜひ行きたいと思っておりますが、まだ予定がわからないので、早割がきくうちに決めたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

I.Yです。
セミナーで先生とお会いできること、今からとても楽しみにしております。
仕事、通信大学、そして篠崎先生から週三回送られてくる通信講座と、「両立できるかな⁉︎」と少し不安になりますが、頑張ります。なぜなら本当に勉強が楽しくて仕方ないんです。
いつか教壇に立てる日を夢見て、コツコツ頑張ります。

篠崎先生、
お世話になっております。通信講座受講生のY.Hです。検定合格報告がかなり遅くなってしまいすみません…。
先日、自宅に通知が届き、検定試験に合格できましたのでご報告いたします!本当はすぐにでも篠崎先生に報告したかったのですが、こんなに報告が遅くなってしまったのは、恥ずかしながら、メルマガ「日々成長」を最近ちゃんと読めていなかったので、配信された分にひと通り目を通してから連絡しようと思い、それで時間がかかってしまいました…。今回、初めての挑戦で合格できたことに正直驚いています。
一番大変だったのは、勉強量ももちろんですが、体調と気持ちの面の管理でした。特に気持ちの面では、8月頃に一度、どうにも手が付けられなくなって気持ちが不安定になり、取り乱して泣いてしまいました。「こんなに苦しんでまで今受験する必要あるのか」と。
でも、その時辛い気持ちをワッと吐き出した後、心の奥から自然と湧き上がってきたのは「それでもやっぱり合格したい」という想いでした。なぜそこまで気持ちが湧いてきたのかうまく説明できず、自分でも不思議なんですが、そこからはもう吹っ切れて、覚悟を決め直して、
「もう倒れてもいい、腱鞘炎になってもいいからとにかくやる!絶対合格する!」
という気持ちだけで最後までなんとか喰らいついたような感じです。ちょっとでも隙を見せたら簡単に不合格になってしまう試験だと思いました。
こんな状態で挑んだので、終わった後は、篠崎先生の「勉強続けて」というアドバイスを守るどころか、体調を崩し、心身ともに快復にかなり時間がかかってしまいました。本当に、これから学ぶ方々に対して全く見本にならない無様な勉強スタイルです…。それでも今回の試験を通じ、大学受験時代にも感じたことのなかった「自分の底力」を、初めて少し感じられた気がします。
しかし、合格はできましたが、この資格に見合うだけの実力はまだまだ足りていないと痛感しました。最終的には海外で日本語を教えたいと考えているので、今度はそのために必要な大学院という道に向けて、まだまだ前進していきます。(大学院進学に関してはまだまだ情報不足で、また改めて質問させていただくことがあるかもしれません。その時はどうぞよろしくお願いいたします。)
私は普段も通信制の大学で日本語教育の勉強をしているため、通信講座に入会するまでは、孤独感や不安感をどこに打ち明けたらいいか分からずにいました。なのでこの通信講座やメルマガで、篠崎先生が毎回、検定試験の厳しさ、現実を教えて下さり、コンスタントに叱咤激励してくださったおかげで、気持ちを保つことができました。本当にありがとうございました。
また他の受講生の皆様の真摯な姿勢からもたくさんの学びと刺激を頂き、「1人で闘っているのではない」と感じることができました。皆様、本当にありがとうございました。
年末のお忙しい中、長文お読みくださりありがとうございました。今後も、日本語教育を学ぶ上でこの場所を、私の指針、心の拠り所にして、さらに精進します!今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

篠崎先生 はじめまして。先生が毎日配信してくださるメルマガ「篠研の“日々成長する教師”」の愛読者です。
先生のようにプロ意識の高い経験豊富な方の、その貴重なお話を毎日拝読することができ、本当にありがたく存じます。私は海外在住でして、現在オンラインで外国人に日本語を教えております。
昨年、養成講座ならびに検定試験を無事にパスすることができ、これもひとえに先生のメルマガや先生が共著された問題集での、先生の解説が丁寧で分かりやすい言葉で書かれていたからに他なりません。重ねて、お礼を申し上げます。
先日、お知らせくださった「日本総論1」を早速購入させていただきました。一気に読んでしまいました、大変おもしろいですね!

篠崎先生 お世話になっております。
今年の検定対策講座&セミナーでは、大変お世話になりました。
ご報告が遅くなりまして申し訳ありません。先週月曜日に通知が届きました。結果は…おかげさまで「合格」しました‼ 早く報告しなければと思いながら、仕事と家庭のことで一週間も過ぎてしまいました。一緒にセミナーを受けた方々の結果も気になってるところです…。
これまで独学で勉強してきましたが、「今年こそは合格したい!」と先生の講座に申し込みました。試験勉強中に先生のメルマガ(でしたっけ?)に書かれていた「自分に投資しない者に学習者が投資するか?」という言葉にも「なるほど、そうだ。今は自分に投資しなければいけない時期なんだ」と先生の直前セミナーも受講しました。たまに平日の朝晩、固定で確保できた勉強時間は土曜日の半日のみという状況で、9月の直前セミナーでは自信を失いかけました。でも試験内容と現場を繋げたお話を聞いて、「せっかく現場にいるのだから、私もその目線で試験勉強をしていこう」となんとか勉強のモチベーションを上げました。
実は中国でこの仕事を始めてから、来年で10年になります。他専攻からこの世界に入ってきて、主専攻・副専攻でもなく、養成講座も修了していなかったので、これまで多少の「モグリ」気分がありましたが、これでようやくスタートラインに立てた気がします。試験勉強をというより先生の講座&セミナーを通して、検定試験と現場との関係に興味をもったので、これから過去10年分くらいの問題にあたっていこうと思っています。さっそく今年平成28年の10年前、平成18年からこちら5年分の過去問を購入しました。これまでの日本語教育の歩みをおさらいしながら、少しでも先生の高みに近づくべく、勉強を続けていきます。今後も先生のセミナーで参加できそうなときは、ぜひ行きたいと思っています。
拙文を長々と書き連ねてしまい、申し訳ありません。今後ともよろしくお願いします。

追伸;
チーム篠件は、まだ参加資格がありますか?

篠崎先生 いつもお世話になっております。ご回答ありがとうございます。
教材を課をまたいで分析する視点がかけていることに気づかされました。また、導入で“自然な会話”にこだわりすぎて、「わたしは」を省略することが、学習者には理解しがたいことだということを考慮するのを忘れていました。
学習者にとって何が理解しがたいのかをもう少し考えながら授業を組み立てるようにしていこうと思います。
丁寧なご説明とアドバイスを頂きありがとうございました。

新年早々お返事をありがとうございました。
丁寧に説明していただき、とてもよく分かりました。「みんなの日本語」20課も見直しました。
今年もよろしくお願いいたします。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

お世話になります。早速ご回答ありがとうございました。大変よくわかりました。
文法用語を学生それぞれの自国の言葉で示せばいいのだということに、はっと 気づかされました。言われてみれば そうでしたが、きづきませんでした。これから自信を持って教えることができます。
ありがとうございました。

篠崎先生
こんにちは。質問しましたN.Nです。解答ありがとうございました。
文脈の意味がわかりました。甲乙の例はわかりやすいですね。今までわからなかったのをそのままにしていたので(というか検索しても説明が見当たらなかったです)、よかったです。ありがとうございました。
別府の温泉羨ましいです。お風呂掃除しなくていいんですね。カビとも無縁ですね。主婦ネタですみません。
仕事を増やそうと思い、就職活動しておりまして、在宅でやれるオンライン教室と語学学校の法人のプライベートレッスンに採用されました!日本語教師の仕事は日本語学校という思い込みがあったのですが、時代も変わり、日本語教師の仕事も多様になりましたね。色んな場に対応できる日本語教師になりたいと思います。来年は合格して、もっと仕事の時間を増やせたらと思います。ありがとうございました。

篠崎先生
早々にご回答くださいまして、誠にありがとうございます。的確で丁寧な解答と解説は、すばらしいですね!さすが篠崎先生!また光栄にも、拙筆をメルマガでご紹介いただきましたことも、重ねてお礼申し上げます。時差の関係で、私は先生のメルマガを起床とともに拝読しております。
今日は特別、その後の一日が、なんだかいいこと続きでした♪(カフェで「おまけに」ビスケットもらったりとか、程度ですが)なので、先生に再びお礼が言いたくなりました。本当に、毎日ありがとうございます。
私はフランスの田舎在住ですが、日本もまだまだ寒い日が続いていると伺います。先生、どうぞ風邪など召されませんよう、お元気にお過ごしくださいませ。週末の朝が少し残念に思うほど、週日のメルマガを心待ちにしております。先生の、益々のご活躍を祈りつつ。

篠崎先生
今年9月に福岡で開催された「篠研の日本語教育能力検定試験直前対策セミナー」でお世話になりましたM.Tと申します。セミナーでは本当にお世話になりました。
たくさんのメールが届いている中恐縮ですが、私も合格の連絡をさせてください。試験IIIの出来が悪く、自信がありませんでしたが、無事合格通知がきました。セミナーで懇切丁寧に教えていただいたお陰だと思っています。
日々の日本語教育とは全くかけ離れた仕事に追われ、時間を作るのが最大の課題でした。歩いての通勤時、カードで覚えたり、アクセントの練習、休憩時の記述式の練習、検定試験やセミナーの問題を数回解き、試験に臨みました。体調不良も重なり、シンドイ数か月でしたが、先生にもセミナーで励ましていただき、がんばって良かったと思っています。
まだ日本語教育の世界に入っていませんが、今後ともよろしくお願いします。

【検定会員のK.M様からいただいた合格体験記「まとめノート」】

DSC_7273

【まとめノート作成のススメ】

・「まとめノート」をつくろうと思った動機

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」は、まるで生講義を受けているようでとてもわかりやすいのですが、50歳前の頭では“読んでいるだけではすぐに抜けていく”という能力の限界を感じました。そこで、「読みながら覚えるべきキーワードをまとめていって、後から読み直した時にわかるようにしておこう。」と、ノートを作り始めました。

・「まとめノート」の作り方

私の主な勉強時間は、職場の昼休み(1時間)。この1時間の間に1単元の講座資料を読みながら、ノートにポイントをまとめていきました。授業を聞きながら、ノートに取るのに近い感覚です。なお、作成自体が目的ではなく、あくまで内容理解や重要事項の暗記が大切だと考えていたので、ノートを作るのが「面倒だ」と思えたり、「これは量が莫大でまとめるのが大変」という事については、あえて省略したり項目を飛ばしたりしていました。そういったアバウトな感覚だったので、約10か月間の受験勉強を続けられたのかもしれません。

・「まとめノート」を活用した勉強方法

講座の各章についている問題を解く際、わからなかった事柄は、講座資料とともにノートでも確認し、必要事項を追記したりするなどノートをアレンジしました。検定試験前には、過去問などたくさんの問題を解きましたが、わからなかった事を復習する際、膨大な講座資料から該当部分を探すより、2冊にまとめたノートで確認する方が楽でした。

・「まとめノート」作成でよかった点や効果

作成過程では、大切なキーワードや覚えるべき数字などが、少しでも頭に残るようになったのではないかと思います。作り終わってからは、講座全体の構成が一読でき、学習事項の相互の関連性がわかりやすくなりました。講座で何度も出てくることは頻出事項ということも理解できました。

・これから検定試験の勉強を始める方に一言

日本語教育能力検定試験は、簡単な試験ではありません。でも「いつか合格すればいい」と先送りしていると、いつまでたっても合格できない気がしたので、一発合格を目指そう!と集中的に勉強しました。時折“試験勉強のための勉強”のようでつらいこともありましたが、『何で日本語教師を目指しているのか』という基本の思いをモチベーションとして反芻し、邪念を払しょくするようにしていました。合格後は、「特色ある教師」を目指して力をつけるため、さらに他の試験の合格を目指して勉強中です。勉強を継続できる自分なりの方法を見つけ、充実した時間を重ねていけば、明るい未来が開けると確信しています。

「行列のできる日本語教師」を目指してお互い頑張りましょう!

篠崎先生 お世話になっております。Y.Aです。このたび、検定対策を修了いたしました。
また、報告が遅くなり申し訳ありませんが、おかげさまで無事に検定に合格することができました。すでに日本語学校で働いてはおりますが、これでやっと堂々と自分が何の仕事をしているのが名乗れそうな気がしています。
また、アンケート返信しますので、ご確認ください。

篠研の日本語教育能力検定試験年間修了者アンケート

Q1:実際に1年間受講していかがでしたか?
週3回のメールを溜めてしまう事も何度かありましたが、ダウンロード終了期限まで時間があるので、自分のペースで勉強できました。また、私だけかもしれませんが、1度の量が多すぎないので、多少溜めてしまっても追いつけるため、溜めすぎてしまいやる気がなくなる…という、私のいつもの悪い癖が出なくてよかったです(笑)

Q2:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。
キーワードチェックのクイズが定期的にあるのは、自分の理解が確認できてよかったです。

Q3:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。
日本語教師は、検定試験に限らず絶えず勉強が必要な仕事だと思います。(なんの仕事でも、このような面があるとは思いますが)学生と一緒に自分の成長も感じられる素敵な仕事だと思います。

篠研の日本語教育能力検定試験年間修了者アンケート

Q1:実際に1年間受講していかがでしたか?
一日おき、週3回の配信は良いシステムでした。ため込むことなく、購読(勉強)することができました。

Q2:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。
先生にすぐ質問でき、回答していただけることです。途中からは「教えて!~」が始まり、検定会員は自動的に参加させていただけました。こちらも、心強い先生ができた感じで、実際の授業での疑問もすぐ聞いて、教えていただけると思うだけで、安心できました。実際、質問への回答もとても素早くて、端的で感動しました。

Q3:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。
私は検定試験受験よりも先に現場に出ましたが、とにかく教案を書くのが大変で、せっかく書いた教案でもそのクラスに合わせた授業を行い、次の日の先生へ引き継ぐというのは本当に骨の折れることでした。そのときは、検定試験の知識は現場には必要ないのでは?と思いましたけれど、しばらく現場で経験を積んで、少し慣れたころ、検定の勉強をもう一度始めてみたら、やはり現場と知識は密接な関係のあることがわかりました。検定試験、現場とどちらが先に始まってもいいと思いますが、いつの日かこの2つをうまくミックスさせられれば、自分の確固たる実力となり、日本語教師としての自信になるのではと思います。いずれにせよ、この仕事は大変です。辞めていく方が多いのも事実ですが、ある時、楽しい!と思える日がきます。自分を信じて頑張ってください。

お世話なりました。

「教えて!~」はぜひ継続させてください。
メルマガも毎日楽しみにしています。

そして先生の力強い励ましの元、頑張っていきたいと思います。

篠研の日本語教育能力検定試験年間修了者アンケート

Q1:実際に1年間受講していかがでしたか?

仕事に追われたこと、体調を崩したことで、検定試験合格に必要な学習がコンスタントに継続できませんでした。しかし、メルマガには都度刺激を受け、日本語教師を目指すモチベーションはずっと持ち続けられたと思います。

Q2:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。

テキストが充実していること。1つ1つの教材が分かりやすいこと、無理なく取り組めることだと思います。それとメルマガ。いただくたびに、がんばろうという気持ち、モチベーションを維持する気持ちになれました。

Q3:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。

まだ、私は検定試験に合格していないので、お役にたてそうなことは言えませんが、特に、学校に通うことが難しい事情のある方には、試して損のない講座ではないかと思います。検定試験合格、その先の、日本語を学ぶ方たちの力になれる教師をめざして、みなさんと進んでいければと思っています。

篠崎先生
ご無沙汰しています。●●県のK.Rです。昨年、6月●●での過去問解説セミナーでお目にかかりました。
すでにご承知の通り、私は教師養成講座と検定対策講座を担当していて自分自身は受験しなかったのですが、うれしいことに講座生の中から合格者が出ました。これもひとえに篠研で力をつけた結果だと思います。ありがとうございました。

とてもわかりやすい、速攻の御回答、ありがとうございました。
さっそく、明日、学生たちに提示します。

「教えて!篠崎先生っ!」
は本当に助かります。
私にとっての「駆け込み寺」です。

これからもどうぞよろしくお願いします。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る