パワーポイントで漢字練習(全レベル)

レベル:全レベル
活動内容:漢字練習
準備物:ノートパソコン

授業活動

(漢字の導入終了後。)

T:では、これから読みの練習をします。パソコン見てくださ~い。はい、これは?

     (←これ、パソコンの画面と思ってください。)
S:……

T:答はこれ。

     

T:みんなで言いましょう。「たまご」。はい。
S:たまご。(コーラス)
T:では、次。

     

S:たまごがた。(コーラス)
T:答はこれ。

     

T:はい、次。

     

S:なまたまご。(コーラス)
T:はい、答。

     


T:じゃあ、今度は漢字を見て、読み方をノートに書いてください。はい、これ。

     

(Sが書き終えたのを見計らって。)
T:はい、答。

     

(Sはすぐさま答合わせをする。)
T:はい、次。

     

T:はい、答。

     

T:はい、次。

     

T:はい、答。

     

       :

       :

ポイント

すでにパワーポイントをお使いの方にとっては、「もっと凝ったのやってるよ。」と言われそうですが、まだ使ったことのない方だと、パワーポイントと聞くだけで「うわ、難しそう…。」と思われるかもしれません。

ですが、もしかしたらそれは食わず嫌いかもしれない。ワードが使える方であれば、パワーポイントの操作はとても簡単です。すぐに慣れます。

従来なら、ボール紙か何かに漢字と読み仮名を書いたものを授業で使っていたと思いますが、教材作成に時間がかかったり、かさばって保管がめんどくさいなど、いま一つスマートではなかったのではないでしょうか。

そこでパワーポイントの出番です。

パソコン1台あれば、製作費用0円。製作時間大幅短縮。保管場所不要。クリック1つでスピーディに授業を進められるばかりか、パソコンというだけで学習者のやる気も俄然出てきます。

実践例のように、読む練習をさせたり、ディクテーションをさせたり、工夫次第でいろいろ活動ができると思います。


検定試験に合格したい方、情報不足に悩む海外在住の方へ

丁寧な説明と低価格で徹底的に独学を支援する 日本語教育能力検定試験対策通信講座

篠研の日本語教育能力検定試験対策

合格証書

通信講座『篠研の日本語教育能力検定試験対策』では、全出題範囲の徹底解説した講義資料(PDF)、本試験と同形式の模擬問題、日本語教育に関する最新ニュース、日本語教師として日々成長するヒントを、週3回、メールでお届けします。

デスクトップPCはもちろん、スマートフォン、タブレットにも対応しています。PC端末さえあれば、隙間時間を利用していつでも検定試験の勉強ができます。

日本語教師として成長したい方へ
無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。また、日本語教育や私の研究分野であるICT教育、eラーニング教育に関する最新の動向やノウハウも公開します。平日日刊。

さらに、今ご登録なさると2大特典が無料でダウンロードできます。
特典1 「精読指導の秘奥義」
特典2 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。