「篠研企画 村崎 加代子セミナー「英語キーフレーズで一発理解-英語を使った初級文法間接教授法1Day ワークショップ」」
セミナー動画(全収録時間約180分(3時間))

本動画は、令和2年4月19日に行われた篠研企画 村崎 加代子オンラインセミナー「英語キーフレーズで一発理解-英語を使った初級文法間接教授法1Day ワークショップセミナー」を収録したものです。現職の日本語教師やこれから日本語教師を目指す方を対象に、英語を効果的に活用した初級文法の指導方法を提供することにより、従来から行われている直接法による指導法に比べ、教師の授業負担が少なく、なおかつ学習者にとっても分りやすい授業の方法を提案します。全収録時間約180分(3時間)、ご提供は「ダウンロード・ストリーミング」版となります。また、お支払方法は、クレジットカード、銀行振込、PayPalの中からお選びいただけます。データがお手持ちのPCに入らない場合は、外付けハードディスクをご用意いただくのをお勧めいたします。

ご提供するもの■
・動画コンテンツ(10GB)
・講義資料・クーポン(PDF)(zipファイル2.7MB)

■価 格■ 

  ダウンロード・ストリーミング版
会 員 8,800円(税込)
一 般 11,000円(税込)

なお、「会員」とは、篠研の検定会員(プレミアム会員、正会員、閲覧会員)および修了生、ならびに「教えて!」会員(正会員・閲覧会員)をいいます。「一般」とは、上記サービスをご利用でない方を言います。無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」にご登録のみの方は、会員には含まれませんのでお間違いのないようご注意ください。

講義内容

以下の内容について解説します。

間接教授法に至ったわけ。
英語で説明すると簡単な例。

◆経験上考察した直接法のメリットとデメリット
◆間接教授法で気をつけたほうがいい点
◆日本人とコミュニケーションするときの裏ワザ
◆「~たいです」は「want to」一発で終わり
◆「AはBです」は「As for, regarding」=についていうと

小タスク「助詞「で」の導入はどうしますか?
漢字の興味の持たせ方。

◆【タスク1「興味を持ってもらえそうな漢字を探してみよう」】
◆【タスク2「学習者の名前に漢字を当ててあげよう!」】

最低限知っておいた方がいい文法用語。

◆【ワークショップ1 授受表現】

英語と日本語。

◆【タスク1 「ています」をどう説明するか】

ある文法の前はどうして決まった動詞しか使わないのか?を英語で説明すると?

◆【ワークショップ2 可能動詞と「することができる」】

セミナー動画ダイジェスト

本セミナー動画のダイジェストです。

お申し込み方法

Step.1 申込フォームに必要事項をご記入ください。

下記申込フォームにご記入し送信ボタンを押してください。

↑    ↑    ↑    ↑    ↑
Step.2に進む前に、このボタンを押しましたか?

Step.2 お支払い方法を選択してください。

お支払方法は、クレジットカード、銀行振込、PayPalがあります。
商品のご提供には概ね3営業日ほどかかります。3日経過した後もご連絡がない場合は、お手数ですがinfo@kanjifumi.jpまでご連絡ください。

クレジットカードによるお支払い

ご利用できるカードはMasterCard, VISA, JCB, AMEXです。該当する項目から決済ページへお進みください。

  ダウンロード・ストリーミング版
会 員
一 般

銀行振込によるお支払い

該当する項目から決済ページへお進みください。なお、振込手数料はお客様のご負担となります。

  ダウンロード・ストリーミング版
会 員
一 般

PayPalによるお支払い

該当する項目から決済ページへお進みください。

会 員
8,800円(税込)
一 般
11,000円(税込)

Step.3 ご案内メールの確認

特定商取引に関する表記は特定商取引法に基づく表記をご覧ください。
個人情報の取り扱いに関してはプライバシーポリシーをご覧下さい。
お問い合わせは、info@kanjifumi.jpまでお気軽にお問い合わせください。