日本語教育能力検定試験に合格し
定年のない日本語教師になって
「知的に輝く人生」を手に入れませんか。

単なる試験対策ではなく、教壇に立ってからこそ役に立つ知識とスキルをご提供する通信講座です。

このようなお悩みをお持ちの方におすすめの講座です。
◆検定試験をどこから勉強したらいいのか分からない。
◆これまで何度も受験したが、どうしても検定試験に合格できない。
◆独学だとどうしても途中で挫折してしまい続けられない。
◆学校に通わず、自分の好きな時間に勉強したい。
◆周囲に検定試験の勉強ができる講座がない。
◆海外在住のため、知識・情報のブラッシュアップができない。
◆すでに他の講座を受講しているが、とても合格できそうにない。

 

 

だから、確実に実力がつき、最後までやり切れる。デビュー後のサポートも充実。
◆検定試験過去10年の出題内容を網羅し、最新のデータ・理論も組み込んだ徹底した講義資料。
◆教師歴・教員養成歴20年の篠崎大司が責任対応。契約講師、アルバイト講師一切なし。
◆各種セミナー・セミナー動画・個別コンサル割引制度あり。修了後も割引が効くので、デビューしてからも安心。
◆年払い入会の場合、入会1カ月目であれば全額返金保証。だからリスクなし。(閲覧会員・正会員)
◆月2回、篠崎にメールで直接質問でき、学習中の疑問も即解消。(正会員・プレミアム会員)
◆月2回、篠崎のコンサルティングが受けられる。キャリア相談も受けられるのでキャリア設計が立てやすい。(プレミアム会員)

丁寧な説明と圧倒的なクオリティで徹底的に独学を支援する
日本語教育能力検定試験対策通信講座

通信講座
「篠研の日本語教育能力検定試験対策」は、
日本語学校から大学まで、20年以上
教育と研究の現場第一線で活躍、
10の学会・研究会に所属し、
業界の隅から隅まで知り尽くした筆者が、
検定試験に直結した講義資料を
週3回定期配信する
専門家直営の検定試験対策講座です。
下のような講義資料を週3回、全155部お届けします。

講義資料サンプルはこちら
(画面をクリックすると見られます。)
kentei_pdf

日本語教育能力検定試験に合格しました!(^0^)v

海外在住で、モチベーションを保ちつつ勉強出来たのは「篠検」のおかげ。(T.Y様 タイ在住)

あけましておめでとうございます。ご報告が遅れましたが、平成27年度の試験に合格しました。

自己採点では自分で感じてた程悪くなかったので、ホッとしましたが、年末に合格の知らせが来るまでは不安でした。ようやく今、合格の喜びを噛み締めてます。

海外在住ということで、参考書や問題集などの入手が難しく、情報も乏しい環境の中でモチベーションを保ちつつ勉強出来たのは「篠検」のおかげです。メールマガジンで新鮮な現場の情報を読むことで、常に前向きに取り組むことができたように思います。

篠研、最強の講座ですね!(W.K.様 茨城県在住)

先生、驚いたことに私も検定試験に合格しました!

先生、本当にありがとうございます。篠研、最強の講座ですね!2回目で合格できたのは、不合格直後の昨年の12月から先生の講座を受講したからだと思います。

学生時代も決して優秀でもなく、普段も要領悪いです。そんな私でも合格したので、やはり先生の講座のおかげだと思います。私のように、独学で途方に暮れている方に、絶対におすすめしたいです。

次の目標はJICAのシニアボランティア。(N.A.様 茨城県在住)

何度もうやめようと思ったかわかりません。でも今は、あきらめないで続けてきてよかったと心底思います。50歳までに合格できなかったら、日本語教師もやめようと思っていました。49歳で期限ぎりぎり合格、本当に先生のおかげです。篠研と出会って居なかったら、たぶん私は日本語教師を辞めていただろうと思います。

次の目標はJICAのシニアボランティアでブラジル・ペルーで教えることです。あきらめないで頑張れば必ず結果がついてくることを学習者に伝えながら、これからも謙虚さを忘れず、日々反省しつつ新しい情報や知識も取り入れ、淡々と日本語を伝えていけたらと思っています。

諦めなくてよかったです。(K.Y.様 静岡県在住)

本日、無事、合格証書が届きました!3度目のトライでやっと合格できました。あきらめずに頑張ってきて、本当によかったです。

この日を夢見て毎日過ごしてきたので、なんだかまだ夢見心地な感じです(笑)辛くて涙したこともありましたが、諦めなくてよかったです。

これからが、また新しいスタートですので頑張ります。

クリスマスプレゼント届きました^^(八山恵様 福岡県在住)

img_voice03先生!届きました!合格しましたぁぁぁ!先生、本当に、本当にありがとうございました。最高のクリスマスプレゼントとなりました^^講座を1年間購読し終えた受験回数3回目でやっと合格することができました。)

会員様からの800通以上のご感想はこちら >>

 

講座概要

講座名

篠研の日本語教育能力検定試験対策

提供方法・配信周期

講義資料を週3回(月・水・金。ただし、年末年始を除く)メールで配信いたします。また、会員の種類によって様々なサービスを受けることができます。

会員の種類とサービス内容

会員は、検定閲覧会員、検定正会員、検定プレミアム会員の3種です。サービス内容は、以下の通りです。

検定閲覧会員
(定員なし)
検定正会員
(定員50名)
検定プレミアム会員
(若干名)
1.通信講座受講権
2.篠研の「教えて!篠崎先生っ!」」会員専用サイト閲覧権
3.篠研の「教えて!篠崎先生っ!」メール相談受付(月2回。)  ○
4.ミニコンサルティング(月2回各30分)
5.篠研各種サービス会員割引
6.facebookコミュニティ「チーム篠研」参加権
サービス内容の詳細

1.通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」受講権(全会員)

検定試験全出題範囲を分かりやすく徹底的に解説した講義資料(PDF)、本試験と同形式の模擬問題を、週3回メールでお届けします。独学で検定試験合格を目指す方におすすめです。いつからでも参加できます。また、バックナンバーをまとめてご購入することもできます。メール(info@kanjifumi.jp)までお気軽にご相談ください。

2.日本語教師のためのお悩み解決QAバンク 篠研の「教えて!篠崎先生っ!」会員専用サイト閲覧権(全会員)

過去の質問やご相談と、それに対するお答えをストックしたQAバンクサイト「教えて!篠崎先生っ!」に自由に閲覧することができます。これにより、わざわざ質問しなくても効率的に問題を解決することができます。このサイトには専用のIDとパスワードが必要です。ご入会時にご案内します。

3.日本語教師のためのお悩み解決QAバンク 篠研の「教えて!篠崎先生っ!」メール相談受付(月2回。)(検定正会員、検定プレミアム会員)

24時間365日、いつでもどこからでも困ったその時にメールで月2回まで質問することができます。これにより、悩みや課題をすっきり解決することができます。

※質問方法につきましては、ご入会時にご案内します。
※なお、ご質問の内容によっては個別コンサルティングをお勧めする場合があります(例:質問内容が複雑でお答えするのに十分な時間が必要な場合など。)。サービス内容につきましてご不明な点等ございましたら、こちらよりお気軽にご相談ください。

4.ミニコンサルティング(月2回各30分)(検定プレミアム会員)

月に2回30分、篠崎のコンサルティングを受けることができます。コンサルティングの方法は、主にPC・スマートフォンを使ったテレビ会議システム「ZOOM」か(使用方法は別途ご説明いたします)、対面、ないし電話です。

5.篠研各種サービス会員割引(全会員)

当研究室が主宰する各種セミナーや動画コンテンツ等を会員割引にてご提供いたします。

6.facebookコミュニティ「チーム篠研」参加権(全会員)

篠研が主宰するfacebookコミュニティ「チーム篠研」に登録・参加することができます。会員同士の情報交換の場としてご利用いただけます。

 

なぜ、篠研の通信講座が選ばれるのか。-本講座の7つのポイント

POINT1
「丁寧」「わかりやすい」「完全網羅」「最新情報」の徹底した講義内容&模擬問題

週3回、年間155回の配信で出題範囲を徹底的に解説します。また、いつからでも登録直後から学習を開始することができ、1年購読すれば検定試験の全範囲を網羅できます。言語理論、教授法、教材、統計データはすべて最新です。受講生の方々からは「丁寧でわかりやすい」「最新情報も入手できて助かる。」と好評です。さらに、毎回講義資料に沿った模擬問題を出題するとともに、数回に1回の割合で「チェックテスト“キーワード30″」を実施、柱となる知識をしっかりマスターします。記述問題対策も号外で実施し、私篠崎が直接添削指導(ただし、添削指導には別途5,400円かかります。)。初めての方でも無理なく合格に必要な知識とスキルが身につきます。なお、試験II対策につきましては、検定試験動画コンテンツにてサポートしております)。

POINT2
検定試験過去10年分の問題の各問いの内容を講義資料で解説。検定試験合格に直結した圧倒的なクオリティ

講義資料は、平成19年度から平成28年度の検定試験に出題された問題(試験Ⅰ、Ⅲ)の問いの内容を踏襲した、検定試験合格に直結した内容となっています。しかも、講義資料内に「検定試験出題状況」を示し、講義資料の内容が過去10年の試験でどのように出題されてきたのかもわかります。つまり、本通信講座の講義資料はいわば過去10年分の検定試験解説本となっているわけです。「検定試験合格レベルの教材が欲しい」「検定試験の過去問解説がなくて困っている」「420時間コースで勉強したが、検定試験に合格できる気がしない」といった方々に最適の内容です。

POINT3
プレミアム会員(質問権月2回+コンサル月2回付。月々27,000円税込)、正会員(質問権月2回付。16,200円税込)、閲覧会員(14,040円税込)と幅広いラインナップ。しかも、解除自由(月払い)、全額返金保証付き(年払い)とノーリスク

プレミアム会員(質問権月2回+コンサル月2回付。月々27,000円税込)、正会員(質問権月2回付。16,200円税込)、閲覧会員(14,040円税込)と幅広ラインナップ。 しかも、月払いの方は、25日16:00までにお申し出いただければ当月限りで登録解除。翌月から料金は一切発生しません。また、年払いの方は、登録月25日16:00までのお申し出であれば全額返金保証付き。全くリスクはありません(ただし、お一人様一回のご利用とさせていただきます)。なお、検定プレミアム会員につきましては、ご返金ができませんので予めご了承ください。

POINT4
コース途中からでも受講可能。月の途中からでも当月の教材はすべてお手元に。バックナンバー利用で短期間学習も可。

本講座は、コース途中でも受講できます。講義資料は1年サイクルでご提供していますので、いつご入会なさっても、1年で検定試験の全出題範囲をもれなく学習できます。月の途中にご入会なさっても、25日16:00までにお申込みいただければ当月既配信分の教材を最初にまとめてお届けいたします。また、「試験までに学習を間に合わせたい。」「より短期間で出題範囲を網羅したい。」という方は、バックナンバーをご利用いただくことで短期間に学習を進めることができます

POINT5
日本語教師のための無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」(平日日刊)との併読で、モティベーションを維持。独学でも孤独感なく学習できます

私篠崎大司が配信する日本語教師のための無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」では、「日本語教育能力検定試験キーワード問題&解説」(検定試験最重要キーワードに関する4肢選択問題および解説。)、「篠研の“日々成長する教師”(コラム)」(授業の小ネタや具体的な指導方法、教師マインドなど、日本語教師として成長するヒントをご提供。)を平日日刊でパワフルに配信しています。無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」と併読することによって、モティベーションを維持することができ、独学でも孤独感なく学習を進めることができます。無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」のみのご愛読も可能です。ご登録はこちらからお願いいたします。

POINT6
日本でも海外でも好きな時に好きな場所で。 しかも、PC、スマホ(iPhon,Android)、タブレット対応

1配信あたりの講義資料は、パワーポイントのスライド枚数にして概ね30~40枚と無理のない学習量です。通学制講座と違い、メールを中心とした学習ですので、時間や場所に縛られることなく、ご自身のライフスタイルに合わせて自由に学習することができます。とりわけ情報の少ない海外在住の方々からは、日本語や教授法に関する貴重な情報資源として高く評価されています。学習スタイルも配信に合わせて学習したり、週末にまとめて学習したりと自由です。デスクトップPCはもちろん、スマホ(iPhone,Android)、タブレットにも対応しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

POINT7
日本語教師のためのお悩み解決QAバンク「教えて!篠崎先生っ!」自動入会。日々の悩みをすっきり解消!

本講座に入会すれば、日本語教師のためのお悩み解決QAバンク「教えて!篠崎先生っ!」がご利用になれます。これまでいただいたご質問とその回答をストックした専用サイトを閲覧すれば、効率的に日本語教育に関する悩みを解決することができます。また、正会員に入会すると、いつでも私篠崎に直接メールで質問することができます。ご回答も早ければ即日、遅くとも数日中にはお送りしますので、日本語教育に関する悩みをすっきり解消することができます。詳しくは、こちらのページをご覧ください。
日本語教師のためのお悩み解決QAバンク「教えて!篠崎先生っ!」

 

.

2018年度「検定合格道場」講義予定

年間155の配信を通じて、日本語教育能力検定試験全出題範囲を徹底的に講義します。2018年度の講義スケジュールは以下の通りです。講座はいつからでも始められ、1年間で全出題範囲を網羅します。2019年度もほぼ同様のスケジュールで実施する予定です。(バックナンバーのご提供や講義資料の個別販売も行っております。)

また、太字で示した項目は検定試験で優先的に出題される範囲(「基礎項目」)です。なお、都合により多少変更することがあります。

配信月日 講義資料タイトル 状況 更新内容

2(月) No.001 オリエンテーション 日本語教師としての目標設定、2018年度スケジュール 、教師力向上のためにご利用の方へ、学習進捗状況確認シートで着実に途切れなく学びを継続する、を追加しました。(’18.3.16)
4(水) No.002 言語の類型
6(金) No.003 言語の系統概説
9(月) No.004 世界の諸言語(1)
11(水) No.005 世界の諸言語(2)
13(金) No.006 チェックテスト「キーワード30」1 問題を一部差し換えました。(’18.3.25)
16(月) No.007 一般言語学 「言語の経済性」(21年出題)、「観念指示用法」、「移動直示」を追加しました。(’18.3.25)
18(水) No.008 日英対照言語学 「共同発話」(26年出題)を追加しました。(’18.3.29)
20(金) No.009 日中・日韓対照言語学
23(月) No.010 理論言語学・応用言語学 「トマセロの用法基盤モデル」(20年出題)を追加しました。(’18.4.4)
25(水) No.011 日本語の構造 「文法カテゴリーの種類」(21年、27年出題)、文法カテゴリーの語順(21年出題) 、副詞的な要素の語順(27年出題)を追加しました。(’18.4.5)
27(金) No.012 チェックテスト「キーワード30」2 問題を一部差し換えました。(’18.4.7)
30(月) No.013 品詞概論 「有対他動詞」、「有対自動詞」、「有対自他動詞」、「あり方の副詞」、「テンスの副詞」、「アスペクトの副詞」、「モダリティの副詞」、「とりたての副詞」、「動作名詞」、形容詞に近い名詞(24年出題)、「補助形容詞」(26年出題)、「語幹」、「活用語尾」、「子音語幹動詞」(28年出題)、「母音語幹動詞」(28年出題)を追加しました。(’18.4.8)

2(水) No.014 日本語の音声 「弁別的対立」、「対立的分布」、「最小対立(ミニマルペア)」(19年出題)、「示差的特徴」(19年出題)を追加しました。(’18.4.10)
4(金) No.015 日本語の子音とその周辺 子音の調音点と五十音図の関係(20年出題)を追加しました。(’18.4.12)
7(月) No.016 日本語のプロソディ
9(水) No.017 日本語の音声の諸現象
11(金) No.018 チェックテスト「キーワード30」3 問題を一部差し換えました。(’18.4.20)
14(月) No.019 形態論概説 「音便」(20年出題)、「イ音便」、「促音便」、「撥音便」、「音挿入」(20年出題)、丁寧さを表す接頭辞「お」と「ご」の使い分け(23年出題) 、動詞の過去を表す/-ta/・/-da/の出現規則(24年出題)を追加しました。(’18.4.21)
16(水) No.020 語彙論概説 「母音交代」、「連濁」(20年出題)、「和製英語」、和語の特徴、漢語の特徴、外来語の特徴(19年出題)、混種語の特徴、ライマンの法則 、「国際社会に対応する日本語の在り方」(22年出題)、『「外来語」言い換え提案』(22年出題)を追加しました。(’18.4.28)
18(金) No.021 助詞各論 終助詞相互の共起関係(19年出題)、格助詞の省略(19年出題)、「複合助詞(複合格助詞)」(22年出題)、とりたて助詞と格助詞との共起関係(22年出題)、連体助詞の「の」(23年出題)、準体助詞の「の」 、場所を表す格助詞(24年出題)を追加しました。(’18.4.28)
21(月) No.022 動詞・形容詞各論 形容詞の副詞的用法(19年出題)、形容詞の名詞的用法(22年出題)、形容詞の格支配(24年出題)、助動詞の「ない」と形容詞の「ない」(26年出題)、活用しにくい形容詞(21年出題)、他動詞らしさの段階性-プロトタイプ効果(21年出題)を追加しました 。(’18.4.30)
23(水) No.023 テンス
25(金) No.024 チェックテスト「キーワード30」4 問題を一部差し換えました。(’18.5.3)
28(月) No.025   アスペクト 「てしまう」の用法(28年出題)を追加しました 。(’18.5.3)
30(水) No.026 ヴォイス

1(金) No.027 モダリティ表現の諸問題(1) 意志のモダリティ、「しよう」、「する」、「まい」(26年出題)、「否定推量」(26年出題)、「否定意志」(26年出題)を追加しました。(’18.5.9)
4(月) No.028 モダリティ表現の諸問題(2) ではないか、「じゃないか」(25年出題)、「なければならない」(27年出題)、「といい」「 ばいい」「たらいい」(26年出題)、「ほうがいい」(27年出題)、「なくてもいい」「なくていい」「なくてもかまわない」「ことはない」「までもない」(27年出題)、「てもいい」(28年出題)を追加しました。(’18.5.16)
6(水) No.029 モダリティ表現の諸問題(3)
8(金) No.030 チェックテスト「キーワード30」5 問題を一部差し換えました。(’18.5.17)
11(月) No.031 その他の重要構文
13(水) No.032 複文の諸問題(1) 従属節の従属度 (22年出題)、「名詞節」、「引用節」、「疑問節」、「発言内容を表す『と』」、「思考内容を表す『と』」、「よう(に)」、「補充疑問節」、「選択疑問節」、「内容補充修飾節」、「相対名詞修飾節」、「付随名詞修飾節」、「限定的名詞修飾節」、「非限定的名詞修飾節」、「同言語形式で用法が異なるもの、類義表現の従属節の文法的制約」(22年出題)を追加しました。(’18.5.26)
15(金) No.033 複文の諸問題(2) 構造面から見た「ないで」と「なくて」の違い、内容面から見た「ないで」と「なくて」の違い、「条件節」「順接条件節」、「原因・理由条件節」、「逆接条件節」、「かどうか」、「~か~か」、「か否か」、「のに」、「けれど」、「が」、「とき」、「ときに」、「とき(に)は」、「あいだ」、「あいだに」、「あいだは」、「まえ(に)」、「あと(に)」、「ところ」、「ところを」、「ところが」、「ところへ」、「ところに」、「ところで」、ため(に)」、「よう(に)」、「に」、「原因・理由」、様態節、「主節の様子を表す様態節」、「主節の程度・限度を表す様態節」、「主節の付帯状況を表す様態節」、「ように」、「ほど」、「くらい」、「ながら」、「テ形」、等位節、「けれど」、「が」、「し」、テ形・連用形、「のに対して」、「一方(で)」、「反面」、「うえ(に)」、「だけでなく」、「ばかりか」、「ほか(に)(は)」、「けど」、「けども」、「けれども」、「仮定条件」(25年出題)、「確定条件」(25年出題)、「反事実条件」(25年出題)、複文を構成する接続助詞の終助詞的用法(25年出題)、「言いつくし」、「関係づけ」、並列節における品詞(26年出題)を追加しました。(’18.5.26)
18(月) No.034 談話文法の諸問題(1) 視点における動詞の自他(22年出題)、授受動詞とそれが表す事態(23年出題)、視点における動詞の自他(22年出題)、視点における授受動詞(23年出題)、「提題助詞」(19年出題)を追加しました。(’18.6.1)
20(水) No.035 談話文法の諸問題(2) 「応答表現」、「間投表現」、「あいづち」、「受け答え」、「あいさつ」(19年出題)、「呼びかけ」、「言いよどみ」、「かけ声」、「フィラー」、「無意味語」、「主題」(22年出題)、接続表現(25年出題)、接続表現の種類(24年出題)、相づちの特徴(26年出題)、「文体」、「丁寧体」、「普通体」、「デス・マス体」、「デゴザイマス体」、「ダ体」(27年出題)、「デアル体」(27年出題)、「話しことば」、「書きことば」、「男性語」、「女性語」、「オネエことば」、「幼児語」、「若者語」、「老人語」、「省略語」、「言い換え」、「頭文字化」、「ぼかし表現」、「物語文」、「随筆文」、「報道文」、「論説文」、「記録文」、「書簡文」、「スピーチレベルシフト」(27年出題)を追加しました。(’18.6.5)
22(金) No.036 チェックテスト「キーワード30」6 問題を一部差し換えました。(’18.6.6)
25(月) No.037 文字・表記の諸問題(1)
27(水) No.038 文字・表記の諸問題(2) 仮名と発音(20年出題)、カタカナ特有の音節(21年出題)、仮名と漢字(21年出題)、漢字かな交じり文(21年出題)、「転成」(21年出題)、「ハ行転呼」(28年出題)を追加しました。(’18.6.11)
29(金) No.039 文字・表記の諸問題(3)

2(月) No.040 意味体系 語義の変化(24年出題)、例文作成(24年出題)、格成分の語を入れ替える(24年出題)、誤用分析への応用(24年出題)を追加しました。(’18.6.14)
4(水) No.041 語用論的規範 「コミュニケーション・ギャップ」(22年出題)、「フェイス」(23年出題)、FTAの構成要因(28年出題)、グライスの「会話の公理」に違反していることを伝える表現(28年出題)、「ヘッジ」(28年出題)を追加しました。(’18.6.15)
6(金) No.042 チェックテスト「キーワード30」7 問題を一部差し換えました。(’18.6.16)
9(月) No.043 日本語史
11(水) No.044 コミュニケーション能力
13(金) No.045 教育現場の基礎知識
16(月) No.046 初級の指導法 実生活での有効性に配慮した指導(22年出題)、文法の導入順序(20年出題)を追加しました。(’18.6.21)
18(水) No.047 初中級の指導法
20(金) No.048 チェックテスト「キーワード30」8 問題を一部差し換えました。(’18.6.25)
23(月) No.049 中上級の指導法
25(水) No.050 レベル別読解指導法 「形式スキーマ」(21年出題)、「モニタリング」(22年出題)、「メタ認知的活動」(22年出題)、「ディクトグロス」(24年、28年出題)、「ストラテジー・トレーニング」(24年出題)、「クローズテスト」(28年出題)を追加しました。(’18.6.28)
27(金) No.051 レベル別聴解指導法 聴解とは、「言語の4技能」、シャドーイングの効果(26年出題)を追加しました。(’18.6.30)
30(月) No.052 レベル別会話指導法 会話とは、「相互作用性」(22年出題)、プレゼンテーション指導、ディスカッション指導(26年出題)、「コミュニカティブ・アプローチ(26年出題)、ファシリテーター(26年出題)、ディベート指導(26年出題)、スピーチ指導の留意点(27年出題)、「ルーブリック」を追加しました。(’18.7.3)

1(水) No.053 レベル別作文指導法 「転移」(19年出題)、「ピア・フィードバック」(19年出題)、「マインド・マップ」、「プロセス・アプローチ」(22年出題)を追加しました。(’18.7.9)
3(金) No.054 チェックテスト「キーワード30」9 問題を一部差し換えました。(’18.7.11)
6(月) No.055 レベル別日本事情指導法
8(水) No.056 レベル別文型の指導法 教科書で扱われる文型と日本語母語話者が使う文型のずれ(25年出題)、演繹的指導と帰納的指導、「演繹的指導」(26年出題)、「帰納的指導」(26年出題)、文型指導の留意点(26年出題)、「タスク中心言語教育」(26年出題)、誤用訂正(26年出題)、「ローカル・エラー」を追加しました。(’18.7.14)
10(金) No.057 レベル別語彙の指導法
13(月) No.058 レベル別文字・表記の指導法
15(水) No.059 音声の指導法
17(金) No.060 チェックテスト「キーワード30」10 問題を一部差し換えました。(’18.7.18)
20(月) No.061 描画の技術
22(水) No.062 コースデザイン・カリキュラム編成 「シラバスデザイン」(19年出題)、「ハロー効果(後光効果)」(19年出題)、「機能主義言語学」(22年出題)、「Can-do Statements」(22年出題)、「行動中心主義」(22年出題)、「自律学習」(24年出題)を追加しました。(’18.7.24)
24(金) No.063 語学教授法の変遷 「オーラル・メソッド」(27年出題)を追加しました。(’18.7.26)
27(月) No.064 さまざまな教授法(1) 「真正性」(28年出題)を追加しました。(’18.7.28)
29(水) No.065 さまざまな教授法(2)
31(金) No.066 チェックテスト「キーワード30」11 問題を一部差し換えました。(’18.7.30)

3(月) No.067 さまざまな教授法(3) 「タスク重視の教授法(TBLT)」(20年、21年、28年出題)、「内容重視の教授法(CBI)」(21年出題)、「内容言語統合型学習(CLIL)」(28年出題)を追加しました。(’18.8.1)
5(水) No.068 教材分析・開発 「学習リソース(リソース)」(19年出題)、「ビジターセッション」(19年出題)、「人的リソース」(19年出題)、「物的リソース」(19年出題)、「セルフ・アクセス」(19年出題)、「セルフ・アクセス・センター(リソース・センター)」、「課分析」(25年出題)、「リライト」(25年出題)、「IDプロセス」、教材作成上の留意点(26年出題)を追加しました。(’18.8.19)
7(金) No.069  教室・言語環境の設定
10(月) No.070 評価法概論 「代替的評価法(学習者参加型評価)(20年出題)、「ポートフォリオ評価」(20年出題)を追加しました。(’18.8.24)
12(水) No.071 テスト作成の実際(1)
14(金) No.072 チェックテスト「キーワード30」12 問題を一部差し換えました。(’18.8.29)
17(月) No.073 テスト作成の実際(2)
19(水) No.074 評価の実際
21(金) No.075 教育実技(実習)
24(月) No.076 自己点検・授業分析能力
26(水) No.077 誤用分析概論 「化石化」(19年出題)を追加しました。(’18.8.19)
28(金) No.078 チェックテスト「キーワード30」13 問題を一部差し換えました。(’18.9.2)
10

1(月) No.079 表記・音声の誤用分析
3(水) No.080 文法の誤用分析(1) 終助詞の誤用分析(28年出題)を追加しました。(’18.9.7)
5(金) No.081 文法の誤用分析(2) 複数の直し方がある誤用(26年出題)を追加しました。(’18.9.8)
8(月) No.082 生活者としての外国人に対する指導法 新設しました。(’18.9.11)
10(水) No.083 留学生に対する指導法 データを刷新しました。(’18.10.1)
12(金) No.084 チェックテスト「キーワード30」14
15(月) No.085 外国人ビジネスピープルに対する指導法
17(水) No.086 外国人児童生徒に対する指導法 教科学習につなげる内容重視の指導(19年出題)、「母語保持教育(継承語教育」(21年、22年出題)を追加しました。(’18.10.3)
19(金) No.087 技能実習生に対する指導法
22(月) No.088 看護師・介護福祉士候補生に対する指導法
24(水) No.089 日本語能力試験対策の指導法(N5~N3)
26(金) No.090 チェックテスト「キーワード30」15 問題を一部差し換えました。(’18.10.16)
29(月) No.091 日本語能力試験対策の指導法(N2・N1)
31(水) No.092 日本留学試験対策の指導法
11

2(金) No.093 BJTビジネス日本語能力テスト対策の指導法
5(月) No.094 異文化間教育・多文化教育 「社会統合政策」(23年出題)を追加しました。(’18.10.20)
7(水) No.095 国際・比較教育/国際理解教育
9(金) No.096 チェックテスト「キーワード30」16 問題を一部差し換えました。(’18.10.21)
12(月) No.097 コミュニケーション教育
14(水) No.098 異文化受容訓練 「外的帰属」(21年出題)、「内的帰属」(21年出題)、「自文化中心主義(自民族中心主義、エスノセントリズム」、「文化相対主義」(21年出題)、「文化的気づき」(21年、23年出題)を追加しました。(’18.10.27)
16(金) No.099 学習者の権利
19(月) No.100 データ処理  「NINJAL-LWP for TWC」を追加しました。(‘18.11.1)
21(水) No.101 メディア/情報技術活用能力(リテラシー) 「情報モラル」を追加しました。(’18.11.7)
23(金) No.102 チェックテスト「キーワード30」17 問題を一部差し換えました。(’18.11.2)
26(月) No.103 学習支援・促進者(ファシリテータ)の養成 「社会的構成主義」(25年出題)、「エンパワーメント」(25年出題)、「メタ認知」(19年、25年出題)を追加しました。(’18.11.4)
28(水) No.104 教材開発・選択 PISA調査(20年出題)、PISA調査における読解力の定義と問題の特徴(20年出題)、「CAI」(25年出題)、「スタンドアローン型」を追加しました。(’18.11.4)
30(金) No.105 知的所有権問題 引用箇所の扱い方(23年出題)を追加しました。(‘18.11.5)
12

3(月) No.106 教育工学
5(水) No.107 予測・推測能力
7(金) No.108 チェックテスト「キーワード30」17 問題を一部差し換えました。(’18.11.9)
10(月) No.109 談話理解 「意味交渉」(20年出題)、異なる機能をもった「はい、いいです」(20年出題)、発話の解釈(26年出題)を追加しました。(’18.11.10)
12(水) No.110 記憶・視点  「外国語副作用」(27年出題)を追加しました。(’18.11.11)
14(金) No.111 心理言語学・認知言語学  
17(月) No.112  習得過程(第一言語・第二言語) 「知能」(25年出題)、「ビリーフ」(25年出題)を追加しました。(‘18,11.13)
19(水) No.113 中間言語  中間言語研究の始まり、中間言語分析の特徴(28年出題)、「理解可能なインプット」(21年出題)、「ピーネマンの教授可能性仮説」(22年出題)、「余剰性」(25年出題)、「スウェイン」(27年出題)、「理解可能なアウトプット」(27年出題)、「アウトプット仮説」(25年出題)、「ロング」、「会話調整」、「意味交渉」(21年出題)、「インターアクション仮説」(21年出題)、「明確化要求」、「確認チェック」、「インテイク」(21年、26年出題)、「気づき」(21年出題)を追加しました。(’17.11.4)
21(金) No.114 チェックテスト「キーワード30」19
24(月) No.115 二言語併用主義(バイリンガリズム)  「連続バイリンガル」(26年出題)、「コード・ミキシング」、「コード・スイッチング」(28年出題)、「会話的コード・スイッチング」(28年出題)、「状況的コード・スイッチング」(28年出題)、「隠喩的コード・スイッチング」(28年出題)、「社会的コード・スイッチング」、教育現場におけるコード・スイッチング(28年出題)を追加しました。(’17.11.6)
26(水) No.116 ストラテジー(学習方略) 「モニタリング」(21年出題)、「オートノミー」(21年出題)、「優れた学習者」(21年出題)、「オマリーとシャモー」(24年出題)、「社会情意的ストラテジー」(24年出題)を追加しました。(’17.11.6)
28(金) No.117 学習者タイプ  「認知スタイル」(20年出題)を追加しました。(’17.11.11)
31(月) (年末年始休暇)

2(水) (年末年始休暇)
4(金) No.118 社会的技能・技術(スキル)  異文化間ソーシャルスキル学習例(22年出題)、解決方略のリストを追加しました。(’17.11.13)
7(月) No.119 異文化受容・適応 「アドラーの文化適応」(22年出題)、「異文化との接触」 (22年出題)、「自己崩壊」(22年出題)、「自己再統合」(22年出題)、「自律」(22年出題)、「独立」(22年出題)、カルチャー・ショックの兆候、「文化的アイデンティティ」(24年出題)、「文化的同一性」、判断停止(エポケー)会話例(26年出題)、「ラポール」(26年出題)、「アサーティブ・コミュニケーション」(26年出題)、「コーピング」(28年出題)、「アクティブ・リスニング」、オープンエンドの質問、わたし文、アイ・ステートメント、共感アサーション、相違を明らかにするアサーション、ソーシャル・サポート(28年出題)、「ストレス緩衝効果」、「評価的支援」、「実体的支援」、「情報提供」、「情緒的支援」、「多文化主義」(19年出題)、「リベラル多文化主義」、「コーポレイト多文化主義」、「批判的多文化主義」を追加しました(’17.11.20)
9(水) No.120 日本語教育・学習の情意的側面  「ビリーフ」(20年、21年、23年、27年出題)を追加し、【道場破り!-模擬問題】の内容を変更しました(’17.11.18)
11(金) No.121 チェックテスト「キーワード30」20
14(月) No.122 日本語教育と障害者教育
16(水) No.123 社会文化能力 食に関する言葉(28年出題)、色彩語(28年出題)、「忌み言葉」(28年出題) を追加しました(’17.11.25)
18(金) No.124 言語接触・言語管理  ピジンの特徴(26年出題)、「クレオール化」、「脱クレオール化」、「リンガフランカ(混成共通語)」(26年出題)を追加しました(’17.11.29)
21(月) No.125 言語政策  「複言語主義」(19年出題)、「ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)」(19年出題)、「例示的能力記述文」、「Can Do記述文」、「Can-Do Statements」(19年出題)、「行動中心アプローチ」、「ヨーロッパ言語ポートフォリオ(ELP)」(19年出題)、「言語パスポート」(19年出題)、「多言語主義」(24年出題)、「JF日本語教育スタンダード」(24年出題)、「複文化主義」(27年出題)を追加しました(’17.12.6)
23(水) No.126 社会言語学・言語社会学  「言語変種」、「言語のバリエーション」、「言語によるバラエティ」、「地域方言」、「社会方言」、「スタイル」(23年出題)、「レジスター(言語使用域)」、「コード切り替え」、「コードスイッチング」、民族(エスニシティ)によるバラエティ、「民族方言」、社会階層によるバラエティ、「顕在的権威(顕在的威信)」(25年出題)、「潜在的権威(潜在的威信)」(25年出題)、性差(ジェンダー)によるバラエティ(23年、25年出題)、「男女雇用機会均等法」(26年出題)、「ポリティカル・コレクトネス(政治的公正・政治的妥当性)」(26年出題)、ジェンダーに配慮した指導(26年出題)、社会的立場(役割)によるバラエティ、「ぼかし表現」(22年出題)、若者ことばの具体例(19年出題)、特定の人物を想起せる言葉(役割語)(28年出題)、特定の社会集団や専門分野によるバラエティ、「社会階層方言」、「トラッドギル」(25年出題)、「ラボフ」、ニューヨーク市の3店のデパートにおけるr発音の発生率の研究、「絶対的性差」、「相対的性差」、「親子ことば」、「母親ことば」、「成熟ことば」、「集団語」、「若者ことば」、「生業語」、「職場語」、「専門語」、「術語」、「隠語」、「スラング」、「フェミニズム」(23年出題)、「言語生活」(25年出題)、「菊沢季生」(25年出題)、「位相」(25年出題)、「位相論」(25年出題)、「国立国語研究所」(25年出題)、「変異」(24年出題)、「省略語」(24年出題)、「言い換え」、「頭文字化」、「もじり」、「語呂合わせ」、「混交」、「平板化」(24年出題)、老年層のことば(24年出題)を追加しました(’17.12.28)
25(金) No.127  チェックテスト「キーワード30」21  問題を一部差し換えました(’17.12.21)
28(月) No.128 言語変種 「アクセサリー化」(19年出題)、「気づかない方言」(19年出題)、「標準語」(20年出題)、「上田万年」(20年出題)、「『標準語に就きて』」、「共通語」(20年出題)、「国立国語研究所」(20年出題)、方言のスタイル化(19年、20年、22年出題)、「金田一春彦」、「孤立変遷論」(22年出題)、「接触説」、方言と共通語の使い分け、「全国共通語(共通語)」、「地域共通語」、「理解の共通語」、「使用の共通語」、「標準語化(共通語化)」(23年、24年出題)、「取り替え」(23年出題)、「棲み分け」(23年出題)、「複合」、「混交」(23年出題)、「方言量」、日本語教育における方言指導(27年出題)、「飛び火的伝播」を追加しました(’17.12.27)
30(水)  No.129 敬意表現 「話題の敬語(話題敬語)」(19年、26年出題)、「対話の敬語(対者敬語)」(19年、26年出題)、「お」と「ご」の使い分け、「二重敬語」(19年出題)、「敬語連結」、尊敬語と謙譲語Ⅰの混同の問題(19年、20年出題)、「人称暗示的機能」(19年出題)、尊敬語にするための形の問題(20年出題)、接続や省略に際しての問題(20年出題)、自分や相手の読み方の問題(20年出題)、「自称詞」、「対称詞」、「他称詞」、能力などを直接尋ねることの問題(21年出題)、マニュアル敬語の問題(22年、25年出題)、「マニュアル敬語」(22年出題)、「させていただく」の使い方の問題(25年出題)、教育現場における敬語指導(26年出題)を追加しました(’17.12.30)

1(金) No.130 待遇表現 新設しました(’18.1.2)
4(月) No.131 言語・非言語行動 「社交的言語使用」、「交感的言語使用」(22年出題)、「マリノフスキー」、「あいさつ」、「決まり文句」、「注釈」(23年出題)、「メタ言語行動」、「接触話題」(22年出題)、「スピーチ・コミュニティ」(22年出題)、「ハイムズ(D.Hymes)」(22年出題)、「パーソナル・スペース」(22年出題)、「シンボル」(23年出題)、「エックマンとフライセン」、「表象動作(エンブレム)」(26年出題)、「例示動作(イラストレーター)」、「感情表出(アフェクトディスプレイ)」、「発話調整動作(レギュレイター)」、「適応動作(アダプター)」、「自己適応的動作(セルフアダプター)」、「対人適応動作(アルターアダプター)」、「事物適応動作(オブジェクトアダプター)」、「バードウィステル」、「沈黙」(23年出題)、「低コンテキスト文化」(23年出題)、「高コンテキスト文化」(23年出題)を追加しました(’18.1.2)
6(水) No.132 コミュニケーション学  「アコモデーション理論」(25年出題)、「言語的収束」(25年出題)、「言語的分岐」(25年出題)、「維持」、「ベビートーク」(25年出題)、「フォリナートーク」(25年出題)、「ティーチャートーク」(25年出題)、「ファーガソン」、「明確化要求」、「確認要求」、言語的収束の動機(25年出題)、言語的分岐の動機、言語的分岐の例(25年出題)を追加しました(’18.1.3)
8(金) No.133 チェックテスト「キーワード30」22
11(月) No.134 言語・文化相対主義 「文化振興法」、「言語復活」(27年出題)を追加しました(’18.1.8)
13(水) No.135 二言語併用主義(バイリンガリズム(政策))  「生活言語能力(BICS)」、「認知学習言語能力(CALP)」、「加配教員」、「取り出し授業」、「入り込み授業」、「センター校」(24年出題)、「JSLカリキュラム」、カナダのフレンチ・イマージョンの問題点(27年出題)、特別の教育課程における各教科の指導(27年出題)、「外国人児童生徒のためのJSL対話型アセスメントDLA」(27年出題)を追加しました(’18.1.20)
15(金) No.136 多文化・多言語主義 自治体等における多言語情報提供(21年出題)、「ピクトグラム」、「案内用図記号」、「日本工業規格(JIS)」、「やさしい日本語」(20年出題)、「簡約日本語」、「阪神淡路大震災」、「「やさしい日本語」の作成ルール」(26年出題)、「NEWS WEB EASY」、日本の多文化・多言語社会に向けた課題(20年出題)、「外国人集住都市会議」(23年出題)、「【浜松宣言】及び【提言】」、「静岡県浜松市」、日本語教育推進基本法(仮称)、「ユニバーサルデザイン」(25年度)、「東北方言オノマトペ用例集」(26年出題)、「グローバルコミュニケーション計画」(27年出題)を追加しました(’18.1.24)
18(月) No.137 アイデンティティ(自己確認、帰属意識) 「ナショナリズム」(19年出題)、「ディアスポラ」(19年出題)、「同化」(19年出題)、ステレオタイプの特徴(25年出題)、「スティグマ」、「ゴフマン」、「共同学習」、「アロンソン」を追加しました(’18.1.28)
20(水) No.138 日本社会の外国人 「国費留学生」、「私費留学生」、「留学生30万人計画」、「(留学生数)267,042人」、「訪日外国人観光客」(26年、28年出題)、「日本政府観光局(JNTO)」を追加しました(’18.2.3)
統計データを最新に更新しました(’18.2.3)
22(金) No.139 チェックテスト「キーワード30」23
25(月) No.140 日本語教育関係機関 「海外産業人材育成協会(AOTS)」の略称変更、「外国人技能実習機構」 を追加しました(’18.2.3)
27(水) No.141 日本の識字教育
3

1(金) No.142 日本の多文化共生に向けた取り組み
4(月) No.143 異文化適応・調整
6(水) No.144 人口の移動 「インドシナ難民」(22年出題)、「「中国帰国者」(22年出題)、「日系人」(22年出題)、「第三国定住難民」(23年出題)、外国人の永住権取得(23年出題)、「永住許可申請」、「高度人材ポイント制による出入国管理上の優遇制度」(25年出題)を追加しました(’18.2.10)
データを最新に更新しました。(’18.2.8)
8(金) No.145 チェックテスト「キーワード30」24
11(月) No.146 児童生徒の文化間移動 データを最新に更新しました。(’18.2.10)
「内容重視のアプローチ(CBI)」(20年出題)、「内容言語統合型学習(CLIL)」、「JSLカリキュラム」(23年出題)、「「トピック型」JSLカリキュラム」、「「教科志向型」JSLカリキュラム」、「初等中等教育における国際教育推進検討会報告」(23年出題)、日本語指導が必要な日本国籍の児童生徒数(28年出題)を追加しました(’18.2.10)
13(水) No.147 戦前の日本語教育
          (19世紀以前)
「キリシタン語学」(21年出題)を追加しました(’18.2.15)
15(金) No.148 戦中の日本語教育
       (19世紀~1945年)
南方派遣日本語教育要員」(22年出題)、「国語伝習所」、「国語常用家庭」(28年出題)を追加しました(’18.2.22)
18(月) No.149 戦後の日本語教育
        (1945年~現在)
「アジア人材資金構想」(20年、23年出題)、「留学生30万人計画」事業内容」(21年出題)、「多文化共生推進プログラム」(21年出題)、「日系人就労準備研修」(23年出題)、「第三国定住難民」(23年出題)、「難民の地位に関する条約(難民条約)」、「難民の地位に関する議定書(議定書)」、「難民認定制度」、「国際化拠点整備事業(グローバル30)」(27年出題)、「日本語パートナーズ」(27年出題)を追加しました(’18.2.21)
20(水) No.150 日本語教育と国語教育  学習指導要領「国語」の目標(28年出題)を追加しました(’18.2.22)
22(金) No.151 日本語及び日本語教育に関する試験  日本語能力試験の実施都市、日本語能力試験の受験者数の推移(26年出題)、日本語能力試験の受験者の属性、 日本語能力試験の受験理由(26年出題)、日本語能力試験のメリット(28年出題)を追加しました(’18.2.23)
25(月) No.152 日本語教育事情
27(水) No.153 日本語教員の資質・能力 技術的熟達者と反省的実践家(19年出題)、「内省的実践家」、「暗黙知」(19年出題)、「ティーチング・ポートフォリオ」(19年出題)、「『日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)』」、「日本語教師」、「日本語教育コーディネーター」、「日本語学習支援者」、「養成」、「初任」、「中堅」、「地域日本語教育コーディネーター」、「主任教員」を追加しました(’18.3.11)
29(金) No.154 チェックテスト「キーワード30」25 問題を一部差し換えました(’18.3.12)
号外 記述問題対策

 

本講座について、よくいただくご質問はこちら >>

ご入会なさった方全員にお得なプレゼント!

ご入会いただいた方に、下記3冊のうちご希望の書籍をプレゼントいたします。

(1)『日本語教育能力検定試験に合格するための用語集』アルク日本語教育能力検定試験に合格するための用語集
検定試験受験者のバイブル!重要用語の整理に役立ちます。私篠崎も「言語と教育」の執筆を担当いたしました。

 

(2)『日本語教育の道しるべ 第4巻 ことばのみかたを知る』凡人社
シリーズ本『日本語教育の道しるべ』の第4巻。これから日本語教師を目指す方に最適です。私篠崎も「第1章 教育工学とICTリテラシー」「第8章 日本語教育能力検定試験」の執筆を担当いたしました。

 

(3)『日本総論I-日常生活と日本の輪郭-英語版【第3版】』クリエイツ
来日直後の外国人のための日本事情教材です。日本での生活にソフトランディングできるよう豊富な絵や写真で楽しく学べます。私篠崎監修です。

 

 

また、もれなく以下の教材をプレゼントいたします。これらを最大限活用して、検定試験合格を一気に引き寄せてください。

  • 日本語教育能力検定試験学習シート
    講義資料の配信に沿った年間の学習計画が立てられます。
  • facebookコミュニティ「チーム篠研」参加
    本講座会員様限定のfacebookコミュニティです。仲間づくりや情報交換の場にご活用ください。(ただし、中国など一部利用できない地域があります。)
  • 動詞フォームシート
    拡大コピーを教室に掲示してご利用ください。
  • レポート「講義資料をスマホで読む方法」
    「いつでもどこでも」学習を可能にします。
 

 

価格

検定閲覧会員と検定正会員は「月払い」「年払い」があり、検定プレミアム会員は6か月コースと1年コースがあります。支払方法はクレジットカード(月払い・年払いとも)と銀行振込(年払いのみ)があります。また、いずれの会員も「月払い」は初回月3,000円、「年払い」は初回月無料です。

1.検定プレミアム会員:
 3か月コース81,000円(税込)
 6か月コース153,900円(税込。5%OFF)
 1年コース:291,800円(税込。10%OFF)

2.検定正会員:
 月額16,200円(税込。初回月3,000円)
 年額178,200円(税込。初回月無料)

3.検定閲覧会員:
 月額14,040円(税込。初回月3,000円)
 年額154,440円(税込。初回月無料)

講師プロフィール

image1

篠﨑大司
別府大学文学部国際言語文化学科
准教授(専門:日本語教育学)

東北大学教育学部、広島大学大学院日本語教育学研究科(教育学修士)。日本語学校専任講師を経て、2000年より現職。

詳しいプロフィールはこちら>>

検定試験合格実績

実際に検定試験に合格した著者だからこそ、試験合格にフォーカスした指導に絶対的な自信があります。

平成29年合格

平成24年合格

日本語教育能力検定試験関連の主な出版実績

book1

「区分4 言語と教育 第4回 演習問題」担当

book2

「第4章 言語と教育」担当

book4

「区分4 言語と教育問題演習」担当

book3

「おもしろゼミナール言語と教育」担当

追伸:日本語教師として成長したい方へ
無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」

「まずは、無料メルマガで試してみたい。」という方、よろしかったらこちらのメルマガをご登録ください。

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。また、日本語教育や私の研究分野であるICT教育、eラーニング教育に関する最新の動向やノウハウも公開します。平日日刊。

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


お申し込み

以下、いずれかよりお申込みページへお進みください。

検定プレミアム会員は、こちら

検定正会員のお申し込みは、こちら。

検定閲覧会員のお申し込みは、こちら。

サービス内容等についてご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ