日本語教育能力検定試験の過去問の入手法。

日本語教育能力検定試験の勉強は

「過去問研究に始まり、過去問研究に終わる。」

と言われるほど、過去問は非常に重要な
アイテムです。

検定試験の過去問研究をすることによって、

▼実際の試験を模擬体験できる。
▼試験のレベル・難易度が分かる。
▼問題ごとの出題形式に慣れることができる。
▼出題傾向や頻出分野を知ることができる。
▼それぞれのテーマや分野がどういう切り口で
出題されるのかが分かる。
▼今後の試験勉強の指針になる。

などなど、数え上げればきりがないほどの
メリットがあります。

ですので、検定試験合格を目指すのであれば、
最低でも3年分、できれば5年分の過去問は
入手しておきましょう。

過去問は、毎年、試験翌年の3月に凡人社
より発売されます。

もちろん、アマゾンでも取り扱っています。

ただし、年度によっては売り切れているもの
もありますので、早めのご購入をお勧めしま
す。

ちなみに、令和2年度の問題は、2021年4月
19日時点で、まだ発売されていません。

試験実施団体である日本国際教育支援協会に
問い合わせたところ、

「現在のところ、発売日は未定。」

とのことでした。

我が篠研も5月22日・23日に

篠研の「圧巻!令和2年度日本語教育能力
検定試験徹底解説オンラインセミナー」
https://www.kanjifumi.jp/r2tetteikaisetsu/

を予定していますので、正直ちょっと
ひやひやしています汗

ただ、この過去問ですが、1つ注意すべき
ことがあります。

それは、【解説がない】、つまり、問題と
解答のみということです。

また、過去問の解説本も出版されていませ
ん。

なので、

「過去問と解説本を買って、自分で解いて、
解説を読めば、試験対策は万全だろう。」

ということにはならないわけですね。

篠研が検定対策セミナーやセミナー動画を
ご提供する理由はそこにあるわけです。

また、

「過去問ぐらい、ネット上で無料で見られ
ないの?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません
が、これもありません。

これについては、試験実施元の日本国際教
育支援協会が問題例として平成28年の問題
の一部を公開していますが、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平成 28 年度日本語教育能力検定試験
試験I 問題冊子(抜粋)
https://bit.ly/3mYCIe2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これ以外は、基本的にネット上で過去問を
見ることはできません。

なぜなら、日本国際教育支援協会が無断転
載や無断転用を固く禁じているからです。

無断でネット上に安易にあげてしまうと、
重大な著作権侵害になるんですね。

例えば、篠研も毎年数回過去問を使った
検定対策セミナーを実施しますが、

事前に協会に利用許可の申請をし、許可を
得た上で実施、実施後は実施報告と利用料
の支払いをきっちりしています。

おかげさまで、篠研の検定対策セミナーは
これまで何の問題もなく実施できています。

なので、もし無断でネット上に過去問を
公開しているサイトがあったら、
(もし、事前に許可を得ているのであれば、
その旨サイト上に記載しているはずです。)

その業者は相当悪質な業者か、著作権に対
する認識がかなり低いかどちらかです。

いずれにしても、関わらないほうが無難
です。

基本的には以上となりますが、

冒頭でもお伝えした通り、日本語教育能力
検定試験は、

「過去問研究に始まり、過去問研究に終わる。」

と言われていますので、しっかり過去問研究を
やって、万全の体制で試験に臨んでいただきたい
と思います。

皆さん、検定試験合格に向けて、しっかり
頑張ってくださいね。


資格取得が目標の方へ
無料メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」

日本語教育能力検定試験頻出のキーワードやテーマについて4択問題と動画でお届けします。平日(月・水・金)、日本語教育能力検定試験合格のための情報をご提供するメルマガです。

さらに、今ご登録なさると特典が無料でダウンロードできます。
特典 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」(全24ページ)

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。