日本語教育能力検定試験を知る(2)-合格点、合格率

「日本語教育能力検定試験」と言って
皆さんが一番気になるのは、やはり

【合格点は何点か】

ということでしょう。

実は、本試験では「合格は何点以上」
という明確な基準は出されていません。

ネット上では、試験後に、

「私は今年、●●点で合格したから、
合格最低点は何点だ。」

とか、

「今年の合格最低点の推計値は●●点だ。」

といったコメントが飛び交いますが、
これらはすべて推測であって、実施団体の
公式見解ではないので、

私は、こういうコメントにあまり振り回さ
れるべきではないと考えています。

こんなことに一喜一憂する暇があったら、
10分でも勉強したほうが合格に近づきます。

ただ、これまでの経験から言うと、概ね
75%%以上が合格圏内だろうと考えます。

各試験科目の配点は、それぞれ

試験I  100点
試験II  40点
試験III  100点

計240点ですので、180点以上が1つの目安
になります。

ただし、合格最低ラインは年によって変動
すると思われますので、合格確実というわけ
ではありません。

また、本試験では、緊張したり、慌てたりで
実力を100%発揮できるとは限りません。

もちろん、満点を目指す必要はありませんが、

自信をもって本試験に臨みたいのであれば、
85%~90%を目指して勉強することをお勧め
します。

次に、合格率。

これについては、下記公式ページで公表されて
いるデータから割り出すことができます。

日本国際教育支援協会>日本語教育能力検定
試験>応募者・全科目受験者・合格者数 推移
http://www.jees.or.jp/jltct/pdf/R2-1obosya.pdf

このグラフを見てみると、平成26年から
受験者数がうなぎ上りに上昇していることが
わかります。

直近の令和2年は、前年より下がりましたが、
このコロナ禍での実施を考えると、はやり
高水準です。

そして、過去5年の合格率を割り出してみると、

◆2016年
・受験者数 4,907名
・合格者  1,231名
・合格率  25.09%

◆2017年
・受験者数 5,733名
・合格者  1,463名
・合格率  25.52%

◆2018年
・受験者数 6,801名
・合格者  1,937名
・合格率  28.48%

◆2019年
・受験者数 9,380名
・合格者  2,659名
・合格率  28.35%

◆2020年
・受験者数 9,033名
・合格者  2,613名
・合格率  28.93%

概ね25%~28%台で、特に平成30年から
合格率がクッと上がったことが分かります。

とはいえ、合格者は3.5人に1人という
割合ですので、決して易しい試験では
ありません。

従って、膨大な試験範囲も含めて考えれば、

【できるだけ早く試験勉強を始め、
本試験まで継続的に勉強を続ける。】

ということが、合格への確実な方法と
言えるのです。


資格取得が目標の方へ
無料メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」

日本語教育能力検定試験頻出のキーワードやテーマについて4択問題と動画でお届けします。平日(月・水・金)、日本語教育能力検定試験合格のための情報をご提供するメルマガです。

さらに、今ご登録なさると特典が無料でダウンロードできます。
特典 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」(全24ページ)

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。