行動する限り、失敗はない。

「どうしても今年の検定試験に合格したい。

とはいえ、平日は仕事があるから学校に
通うことはできないし、

費用もできるだけ抑えたいので、まずは
自分の力でできるだけやってみよう。」

そう考え、独学で勉強を始める方も多い
ことでしょう。

それ自体は、決して悪いことではありま
せんし、

実際、独学で検定試験に合格なさる方も
たくさんいらっしゃいます。

とは言うものの、

「独学で合格まで続けられるのか。
途中で諦めてしまうんじゃないか。」

と、今一歩踏み出せずに逡巡している
方もいらっしゃるでしょう。

こういう方は、

「下手な行動をとって、失敗したく
ない。」

という意識が強いのではないかと
思うのですが、いかがでしょうか。

ですが、行動し続ける限り失敗は
ありません。

そもそもたった1つの行動で即合格に
繋がることはありませんし、

行動しても最初からうまくいくわけ
などなく、

勉強方法や教材選びも、どんどん自分
仕様にカスタマイズして、自分なりの
最適解を探っていく必要があります。

つまり、一定の試行錯誤は絶対的に必
要なんですね。

しかしながら、それは行動するから
こそ見えてくるもの。

行動せずに頭の中だけで考えても
そもそも未経験のことなわけですから
結論など出るわけがないのです。

そして、私の25年の経験上言えることは、
そうやってなかなか行動できない方に
限って、

本試験受験直後に、

「もっと早く始めておけばよかった。」

とおっしゃるのです。

厳しい言い方かもしれませんが、
私は毎年そういう方を見てきている
ので、あえて申し上げる次第です。

何といっても、合格率20%台となかなか
厳しい試験です。

私は常日頃から、合格に必要な学習時間
として1000時間を謳っていますが、

これは決して大げさな数字ではありません。

今から始めても、決して早いわけでは
ありません(むしろ微妙に遅いくらい)。

まだ行動していないのであれば、今すぐ
行動しましょう。

行動し続け、変容し続ける限り失敗は
ありません。

もし、壁にぶつかったら、

ポッドキャスト「教えて!篠崎先生っ!」
https://www.kanjifumi.jp/category/podcast/

に質問という形で泣きつけばいい
のです。

逡巡して前に進まないその時間こそが
一番もったいない。

検定試験合格に向け、今すぐ行動しましょう。


資格取得が目標の方へ
無料メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」

日本語教育能力検定試験頻出のキーワードやテーマについて4択問題と動画でお届けします。平日(月・水・金)、日本語教育能力検定試験合格のための情報をご提供するメルマガです。

さらに、今ご登録なさると特典が無料でダウンロードできます。
特典 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」(全24ページ)

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。