キーワード解説「し」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

集団基準準拠テスト(しゅうだんきじゅんじゅんきょてすと)

ある集団における個人間の相対的な学力差の測定を目指したテスト。集団基準テスト、基準準拠テスト、NRT(norm-referenced test)とも呼ばれる。

例えば、入学試験といった選抜試験などはこのテストに含まれます。

なお、集団基準準拠テストとよく比べられるものに目標基準準拠テスト(CRT)があります。石田敏子『入門 日本語テスト法』(p.27)では、両者の違いを以下の表にまとめています。

ある集団における個人間の相対的な学力差の測定を目指したテスト。集団基準テスト、基準準拠テスト、NRT(norm-referenced test)とも呼ばれる。

例えば、入学試験といった選抜試験などはこのテストに含まれます。

なお、集団基準準拠テストとよく比べられるものに目標基準準拠テスト(CRT)があります。石田敏子『入門 日本語テスト法』(p.27)では、両者の違いを以下の表にまとめています。

NRT CRT
目的 集団内における個人の相対的位置づけ。 目標が達成されたか否かの判断。

指導上の問題点の発見。
基準 他の受験者との比較による相対的な基準(norm)。 目標領域毎の絶対的到達基準。
テストの構成 弁別力の高い項目で構成。全受験者に同一内容を与える。 目標領域を明確に捉らえた項目。

個人の達成水準をきめ細かく知るため個人毎に内容の異なる構成。
得られる情報 個人の集団内における相対的位置。 目標領域の到達度。
結果の利用 相対的成績評価。 学習・指導方法の改善。
信頼性 得点の変動により求める。 平行テスト法。
妥当性 内容的妥当性、予測的妥当性。

概念的妥当性等。
内容的妥当性。

検定試験に合格したい方、情報不足に悩む海外在住の方へ

丁寧な説明と低価格で徹底的に独学を支援する 日本語教育能力検定試験対策通信講座

篠研の日本語教育能力検定試験対策

合格証書

通信講座『篠研の日本語教育能力検定試験対策』では、全出題範囲の徹底解説した講義資料(PDF)、本試験と同形式の模擬問題、日本語教育に関する最新ニュース、日本語教師として日々成長するヒントを、週3回、メールでお届けします。

デスクトップPCはもちろん、スマートフォン、タブレットにも対応しています。PC端末さえあれば、隙間時間を利用していつでも検定試験の勉強ができます。

日本語教師として成長したい方へ
無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。また、日本語教育や私の研究分野であるICT教育、eラーニング教育に関する最新の動向やノウハウも公開します。平日日刊。

さらに、今ご登録なさると2大特典が無料でダウンロードできます。
特典1 「精読指導の秘奥義」
特典2 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。