すべての母音、子音が聞けるサイト。

音声学の勉強をしていて、特に
訳が分からないのが、

日本語にない母音や子音の音や
見慣れない音声記号の音。

こればかりは、いくら参考書を読んで
音声学的名称(例:無声両唇破裂音)を
見ても、

初心者の方にはなかなか音がイメージ
できないのではないでしょうか。

(でも、検定試験に合格するためには、
音声学的名称を見ただけで実際の音を
再現できないとダメなんですよ。)

そこで、今回はすべての母音、子音が
聞けるサイトを紹介します。

IPA 国際音声字母(記号)
東京外国語大学
http://www.coelang.tufs.ac.jp/ipa/

例えば、上段の「母音」をクリック
すると、お馴染みの逆三角形の図が
表示され、

音声記号を押すと、右側に音声記号が
大きく表示されます。

そして、その下のスピーカーのアイ
コンを押すと、音が出てきます。

下に説明がありますので、その説明
に沿って実際に発音してみると、

その音の出し方が体感的に理解できる
でしょう。

同じように、ページ上段の「子音
(肺気流)」のボタンを押すと、

これもまた音声学の参考書でお馴染み
の国際音声記号の表が表示されます。

こちらの表は、横の列が調音点を、
縦の列が調音法を、

そして、各セルの左側が無声音を、
右側が有声音を表しています。

さらに、どれか発音記号を押すと、
右側に大きく発音記号、

そして、口腔断面図で調音点を
(赤い印が調音点の場所です。)

その下のスピーカーのアイコンを
推すと、音が出てきます。

それらの下側に解説がありますので、
それに沿って発音すると、

母音と同様、音の出し方が体感的に
理解できると思います。

音声学は、とにかく声に出して
発音してみること。

これが一番の習得法です。

試験まで、あと201日。

しっかり頑張ってくださいね。

(基礎固めセミナーでも試験II対策
をします。

今週末実施ですので、音声学が苦手
な方は、今すぐお申込くださいね。)


資格取得が目標の方へ
無料メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」

日本語教育能力検定試験頻出のキーワードやテーマについて4択問題と動画でお届けします。平日(月・水・金)、日本語教育能力検定試験合格のための情報をご提供するメルマガです。

さらに、今ご登録なさると特典が無料でダウンロードできます。
特典 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」(全24ページ)

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。