キーワード解説「あ」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

アコモデーション理論(あこもでーしょんりろん)

話し手による聞き手への配慮が話し手自身の話し方を切り替えるとする、スピーチ・スタイルの社会心理学的調整モデルのこと。

この理論によると、話し手の言語行動の切り替えには、相手に合わせた言語行動をとる言語的収束(相手への歩み寄り)と、相手に合わせない言語行動をとる言語的分岐(距離化)、そして、普段の会話のスタイルのままを保つ保持の3種があります。言語的収束については「話し手が収束を示した場合,聞き手もお返しとして好意を示すために収束をしやすい」(栗林(2010)p.13)といった研究報告があります。

出典:栗林克匡(2010)「社会心理学におけるコミュニケーション・アコモデーション 理論の応用」『北星学園大学社会福祉学部北星論集』47,pp.11-21


日本語教師として成長したい方へ
無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。また、日本語教育や私の研究分野であるICT教育、eラーニング教育に関する最新の動向やノウハウも公開します。平日日刊。

さらに、今ご登録なさると2大特典が無料でダウンロードできます。
特典1 「精読指導の秘奥義」
特典2 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。