キーワード解説「お」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

オーディオリンガルメソッド(おーでぃおりんがるめそっど)★

Audio-Lingual Method。外国語教授法の一つ。ミシガン大学のC.フリーズが提唱。行動主義心理学と構造主義言語学を理論的基礎に置いた、会話能力育成を重視した教授法。A-L法、オーラル・アプローチ(Oral Approach)、ミシガンメソッド(Michigan Method)、フリーズ・メソッド(Fries Method)ともいう。

行動主義心理学が主張する習慣形成理論(言語習得は刺激-反応によって形成される。)と構造主義言語学が主張する「言語には一定のパターンがある。」という考え方から、ミムメム練習(反復‐模倣練習)やパターンプラクティス(文型練習)という独特の練習方法が編み出されました。

このミムメム練習やパターンプラクティスは、現在でも特に初級の指導方法の基本的な技術として幅広く活用されています。


資格取得が目標の方へ
無料メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」

日本語教育能力検定試験頻出のキーワードやテーマについて4択問題と動画でお届けします。平日(月・水・金)、日本語教育能力検定試験合格のための情報をご提供するメルマガです。

さらに、今ご登録なさると特典が無料でダウンロードできます。
特典 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」(全24ページ)

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。