キーワード解説「こ」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

コミュニカティブ・アプローチ

communicative approach。1970年代にヨーロッパで誕生した、コミュニケーション能力の養成に重点をおいた外国語教授法。

それまで主流だったオーディオ・リンガル・メソッド(以下、A-L法)に対して、やがて「文法シラバスによる指導では、学習者は正しい文を作ることができてもコミュニケーション能力は向上しない。」という批判が出て来るようになりました。

そういったA-L法に取って代わるものとして編み出されたのがコミュニカティブ・アプローチです。

コミュニカティブ・アプローチは、その言語観をハリデー(Halliday)の機能主義言語学に置き、シラバスはウィルキンズ(Wilkins)のノーショナル・シラバス(notional syllabus:概念-機能シラバス)を採用、指導方法としては、インフォメーション・ギャップを利用した会話活動やさまざまなタスク活動、プロジェクトワークなどが活用されました。

また、コース開始前にニーズ調査・分析を実施するのもこの教授法の大きな特長です。


日本語教師として成長したい方へ
無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。また、日本語教育や私の研究分野であるICT教育、eラーニング教育に関する最新の動向やノウハウも公開します。平日日刊。

さらに、今ご登録なさると2大特典が無料でダウンロードできます。
特典1 「精読指導の秘奥義」
特典2 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。