キーワード解説「か」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

が【格助詞】★

主な用法は以下の通り。
1.主格: (例)私が篠崎です。
2.対象 (例)水が飲みたい。

また、野田(1996)は主格を表す「が」と「は」の使い分けを、以下の5つの原理にまとめています。(野田(1996) pp.108-112 例文筆者。)

1.新情報と旧情報の原理-新情報には「が」、旧情報には「は」
  (例)昔々、おじいさんとおばあさんおった。おじいさん山へ芝刈りに、おばあさん川へ洗濯に行った。

2.現象文と判断文の原理-現象文には「が」、判断文には「は」
(例)雪降っている。
   あの桜とてもきれいだ。

3.文と節の原理-文末までかかるときは「は」、節の中は「が」
(例)昨日彼女作ったケーキ、とてもまずかった。

4.対比と排他の原理-対比のときは「は」、排他のときは「が」
(例)ビール飲めますが、ウイスキー飲めません。
   アメリカ人です。

5.措定と指定の原理-措定には「は」、指定には「は」か「が」
(例)チワワ犬です。
   あなたのペンどれですか?/どれあなたのペンですか?

「は」と「が」の使い分けは、国籍や母国語に関係なく、多くの学習者(韓国人学習者以外)にとって非常に習得困難な文法事項といわれています。

参考文献:野田尚史(1996)『「は」と「が」 (新日本語文法選書 (1))』くろしお出版


資格取得が目標の方へ
無料メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」

日本語教育能力検定試験頻出のキーワードやテーマについて4択問題と動画でお届けします。平日(月・水・金)、日本語教育能力検定試験合格のための情報をご提供するメルマガです。

さらに、今ご登録なさると特典が無料でダウンロードできます。
特典 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」(全24ページ)

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。