キーワード解説「け」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

形式名詞(けいしきめいし)

その語の本来の意味が薄れ、かわりに様々な文法的機能を担うようになった名詞のこと。

また、形式名詞のように本来の意味用法から文法的機能を担うようになることを文法化といいます。以下に、代表的な形式名詞とその用法をあげます。
「ことだ」(忠告)
例 成功したいのなら、人一倍努力することだ。
「ものだ」
例1 子供のころ、よくこの川で遊んだものだ。(回想)
例2 目上の人には、敬語を使うものだ。(当為・当然)
例3 たった1年の練習でよく金メダルが取れたものだ。(驚き)
「わけだ」
例1 以上の理由から、大会が中止になったわけです。(解説)
例2 39℃の熱?それで昨日のパーティ欠席したわけか。(納得)


日本語教師として成長したい方へ
無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。また、日本語教育や私の研究分野であるICT教育、eラーニング教育に関する最新の動向やノウハウも公開します。平日日刊。

さらに、今ご登録なさると2大特典が無料でダウンロードできます。
特典1 「精読指導の秘奥義」
特典2 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。