キーワード解説「れ」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

連声(れんじょう)

二つの語が連接するとき、母音・ヤ行・ワ行で始まる語が、[ m ]、[ n ]、[ t ]を末尾に持つ字音語に後接した場合、後接語の語頭がマ行・ナ行・タ行の音に変化すること。漢語の熟語に多く見られる。

例えば、「反応」は、「はんのう」と読み「はんおう」とは読みません。

これは、母音で始まる後続の「応 [ oo ] 」が、[ n ]を末尾に持つ「反 [ han ] 」に連接した際、ナ行音に変化した(=両者の間に[ n ]が1つ入った)ためです。

反[ han ] + 応[ oo ] → 反応[ han-noo ]

同様のものに、「因縁(いんねん)」、「天皇(てんのう)」、「三位(さんみ)」、「安穏(あんのん)」、「云々(うんぬん)」などがあります。

ところが、中には「原因(げんいん)」のように、連声しないものもあります。

学習者の中には、母語の影響もあって、思わず「げんにん」と読んでしまうケースもありますので、発音指導には注意が必要です。


日本語教師として成長したい方へ
無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。また、日本語教育や私の研究分野であるICT教育、eラーニング教育に関する最新の動向やノウハウも公開します。平日日刊。

さらに、今ご登録なさると2大特典が無料でダウンロードできます。
特典1 「精読指導の秘奥義」
特典2 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。