キーワード解説「せ」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

折衷法(せっちゅうほう)

ある程度の媒介語の使用を認めた直接法。

現在の日本語教育では、国内の多くの教育機関はもちろんのこと、海外教育機関の特に会話授業においては、直接法が採用されています。

ただし、媒介語を一切使わない純粋な意味での直接法は、学習効率が必ずしも高くないことから、採用しているところは比較的少ないのが現状です。

例えば、基本的には直接法ベースでコースデザインを行いながらも、各国語訳がついた教材を使ったり、必要に応じて教師が授業中に学習者の母語を使ったりするなど、学習者の状況や学習効率を考慮してより柔軟に授業運営をしているのが現状です。


日本語教師として成長したい方へ
無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。また、日本語教育や私の研究分野であるICT教育、eラーニング教育に関する最新の動向やノウハウも公開します。平日日刊。

さらに、今ご登録なさると2大特典が無料でダウンロードできます。
特典1 「精読指導の秘奥義」
特典2 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。