キーワード解説「し」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

シラブル

syllable。前後に切れ目があって、ひとかたまりになった、発音可能な音の最小の単位。音節。

シラブル(音節)は、「カ(ka)」のように母音で終わる開音節と「カン(kan)」のように子音で終わる閉音節があります。日本語の音節の大半は開音節です。

シラブル(音節)とよく似た単位にモーラ(拍)があります。両者の顕著な違いは、特殊拍を数えるか否かにあります。

モーラ(拍)では、特殊拍も1単位として数えますが、シラブル(音節)では直前の音声に組み入れるため1単位として数えません。下の例を見てください。

  1. 「こだま」(3モーラ3シラブル)
  2. 「いっさつ(一冊)」(4モーラ3シラブル)
  3. 「コーヒー」(4モーラ2シラブル)

学習者の中には、このような日本語の音声的特徴の習得を苦手とし、例えば「おばさん」と「おばあさん」の区別がつかないような人もいます。しっかり指導しましょう。


資格取得が目標の方へ
無料メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」

日本語教育能力検定試験頻出のキーワードやテーマについて4択問題と動画でお届けします。平日(月・水・金)、日本語教育能力検定試験合格のための情報をご提供するメルマガです。

さらに、今ご登録なさると特典が無料でダウンロードできます。
特典 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」(全24ページ)

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。