キーワード解説「し」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

信頼性(しんらいせい)

テストの結果がどのくらい安定したものであるかの度合い。テストの結果が常に同様のものであるかということの度合い。

例えば、30人のクラスで文法の実力テストをしたとします。1番がAさんで最下位がBさんだったとします。翌日、同レベルで別のテストをしてみると、1番がBさんで最下位がAさんでした。

このとき、1日で学力に激しい変動があったとは考えられませんから、「あのテストは何だったのか。」「本当にテストの結果を信じていいのか。」ということになるでしょう。つまり、信頼性が低いということになるわけです。

特に、問題数が少ないもの、問題の指示が不明確なもの、まぐれ当たりを誘発しやすいテストは要注意です。

信頼性を検証する方法として、以下の2つを紹介します。

(1)再テスト法
同じテストを同じ対象に2度実施し、その結果を比較する方法。ところが、2つのテストをどれくらいの期間を
おいて実施するか、期間中も学習が進んでしまうなど、難点もあります。
(2)平行テスト法
同レベル同形式同内容異問題のテストを2つ用意し、同対象に実施、その結果を比較するもの。ですが、そ
もそもそんなテストをどうやって用意するのか、というのが難点です。

試験問題作成にあたって、特に妥当性と信頼性はテストが備えなければならない最重要要素だと言われています。


日本語教師として成長したい方へ
無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。また、日本語教育や私の研究分野であるICT教育、eラーニング教育に関する最新の動向やノウハウも公開します。平日日刊。

さらに、今ご登録なさると2大特典が無料でダウンロードできます。
特典1 「精読指導の秘奥義」
特典2 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。