キーワード解説「あ」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

アメラジアン(Amerasian)

アメリカ人とアジア人を両親に持つ子供。特に日本では、沖縄において、アメリカ軍人及び軍属と日本人女性の間に生まれた子どものことをいう。

「アメラジアン」という表現は、ノーベル賞受賞作家パール・バックが作った言葉だといわれています。

この「アメラジアン」と呼ばれる人々の中には、太平洋戦争中、米兵による沖縄女性の強姦で生まれた子どもも含まれています。また、米兵と付き合って子どもができたが、その後、米兵は帰国し、母子だけが沖縄に残されたケースも少なくありません。
そして彼らの多くは、これまで社会から差別や偏見を受けてきたり、充分な教育が受けられなかったりといったことがあったそうです。

そんな中、アメラジアンの子供を持つシングルマザー5名が出資して、1998年、フリースクール「アメラジアン・スクール・イン・オキナワ」を立ち上げました。

この「アメラジアン」という現象は、単なる国際結婚の一形態ということではなく、日本とアメリカがこれまで歴史的、政治的、文化的、民族的に抱えてきた、かなり根の深い問題ということができます。


資格取得が目標の方へ
無料メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」

日本語教育能力検定試験頻出のキーワードやテーマについて4択問題と動画でお届けします。平日(月・水・金)、日本語教育能力検定試験合格のための情報をご提供するメルマガです。

さらに、今ご登録なさると特典が無料でダウンロードできます。
特典 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」(全24ページ)

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。