キーワード解説「ふ」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

副詞節(ふくしせつ)

原因・理由・目的・条件などを表す節​。様々な接続表現を含む点に特徴がある。代表的なものとして「ので」「から」「と」「ば」「たら」「なら」などがある。

例1:風邪をひいて熱も出ているので、授業を休んでもよろしいでしょうか。(原因・理由)
例2:上司が怒鳴ったのは、君にやる気がないからだ。(原因・理由)
例3:ボタンを押すと、切符が出ます。(条件)
例4:教室に行けば、彼に会える。(条件)
例5:駅に着いたら、電話をします。(条件)
例6:君が行くなら、僕も行こう。(条件)


資格取得が目標の方へ
無料メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」

日本語教育能力検定試験頻出のキーワードやテーマについて4択問題と動画でお届けします。平日(月・水・金)、日本語教育能力検定試験合格のための情報をご提供するメルマガです。

さらに、今ご登録なさると特典が無料でダウンロードできます。
特典 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」(全24ページ)

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。