キーワード解説「ふ」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

負の(言語)転移(ふのげんごてんい)★

学習者の母語が外国語学習に与える悪影響のこと。「母語干渉」ともいう。反対は「正の(言語)転移」。

例えば、中国人学習者(特に初級)にとって日本語の助詞の習得は非常に困難だといわれています。なぜなら、もともと中国語にはあまり助詞がなく、助詞を使って文を作ることそのものにあまり慣れていないからです。

また、彼らにとって漢字学習はあまり抵抗がありませんが、それでも例えば「紹介」を「介紹」と書いたりします。母語でそう書くからです。

こういった負の(言語)転移をいかに克服していくかが、教師にとっても学習者にとっても大きな課題といえるでしょう。


資格取得が目標の方へ
無料メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」

日本語教育能力検定試験頻出のキーワードやテーマについて4択問題と動画でお届けします。平日(月・水・金)、日本語教育能力検定試験合格のための情報をご提供するメルマガです。

さらに、今ご登録なさると特典が無料でダウンロードできます。
特典 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」(全24ページ)

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。