キーワード解説「し」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

助詞(じょし)

品詞の一種。付属語のうち語形変化をしないもの。

日本語の助詞(特に格助詞)は、文の骨格に関わる非常に重要な品詞で、それだけに指導項目としても極めて重要なものの一つです。

日本語の助詞は下記のように分類されます。(分類の仕方には諸説ありますが、ここでは一般的な分類を掲げます。)

  1. 格助詞:名詞と述語の関係を示す。(例)が、を、に、で、へ、、から、の(注1)…
  2. 取り立て助詞:名詞を際立たせる。(例)は、さえ、も、すら、だけ、まで、しか、…
  3. 準体助詞:名詞と同等の働きをする。(例)の「それは私です。」(注2)
  4. 並列助詞:語と語を並べる。(例)と、や、か、とか、…
  5. 接続助詞:文と文をつなぎ、その関係を示す。(例)ので、から、が、けれど、のに…
  6. 間投助詞:文節の最後につく。(例)さ、ね、よ…
  7. 終助詞:文末について聞き手に対する態度を表す。(例)ね、よ、よね、か…

母語にあまり助詞を持たない学習者(例えば中国語話者)の中には、助詞に苦手意識を持つ者も多く、粘り強い指導が必要です。

(注1)この場合の「の」(例:私本)は、「連体助詞」(例えば寺村秀夫など)と呼ばれることもあります。
(注2)この場合の「の」は、形式名詞に分類されることもあります。


資格取得が目標の方へ
無料メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」

日本語教育能力検定試験頻出のキーワードやテーマについて4択問題と動画でお届けします。平日(月・水・金)、日本語教育能力検定試験合格のための情報をご提供するメルマガです。

さらに、今ご登録なさると特典が無料でダウンロードできます。
特典 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」(全24ページ)

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。