キーワード解説「に」

これまでの日本語教育能力検定試験に出題されたキーワードを、随時解説していきます。知識の補完・整理にご活用ください。

日本人論(にほんじんろん)

日本や日本人について書かれた論評。

これまで国内外を問わず、様々な観点から膨大な論評が出されています。日本語教育検定試験対策という観点からすれば、とりあえず戦後の代表的な論評は抑えておく必要があります。以下が、その主なものです。

特に、ルーズ・ベネティクト『菊と刀』は戦後の日本人論に多大な影響を与えたという点で重要です。「恥の文化、罪の文化」は、この本が最初です。

これらの日本人論は、単にその時そのときの世相を反映しているというだけでなく、日本語を学ぶ学習者にとっても日本に関する情報源の一つともなっているはずで、彼らや世界が日本をどのように見ているかを知る格好の資料になります。

なお、日本人論の概説的な本として下記のものがあります。一読をお薦めします。

船曳建夫『「日本人論」再考』日本放送出版協会


資格取得が目標の方へ
無料メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」

日本語教育能力検定試験頻出のキーワードやテーマについて4択問題と動画でお届けします。平日(月・水・金)、日本語教育能力検定試験合格のための情報をご提供するメルマガです。

さらに、今ご登録なさると特典が無料でダウンロードできます。
特典 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」(全24ページ)

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。