会員様の声

会員様からいただいた感想メッセージを掲載させていただいております。

001~050 051~100 101~150 151~200
201~250 251~300 301~350 351~400
401~450 451~500 501~550 551~600
601~650 651~700 701~750

会員様の声No.301~No.350

連絡遅くなってすみません。 本当にありがとうございました。またいろいろな質問(先生に困らせるような質問)をするかもしれませんけれど、よろしくお願いします。

篠崎先生 いつもお世話になっております。昨日は、熊本で大きな地震がありましたが、大分の方は大丈夫でしたでしょうか?
質問へのご回答ありがとうございます。「はんぎん」の「ぎ」は軟口蓋破裂音なんですね。この問題の音声を再度聞いてみました。確かに鼻濁音でないような気がします。

篠崎先生
コンサルティングでお世話になったN.Rです。
その節はどうもありがとうございました。

>このたびのセミナーにご参加いただいて、
>「気付いたことや深く学んだこと」

これから勉強しなければならないこと、経験をつまなければならないことが「、山ほどあることを再確認しました。

>「特に印象に残ったこと」

なにから手を付けてよいのか迷っていたのですが、迷っていたことの道筋が見えてきた気がします。
また、いただいた資料を読み返すことによって、それを何回も確認できることがありがたいです。

>「今後活用できると思ったこと」

ズバリ、中級の授業で何が大切かということです。一番大切なことを教えていただきました。参考図書の情報も大変参考になります。(実はサイトの☆の数でテキストを選んで、失敗したことが多々ありました・・・。)

>「篠崎のコンサルティングの利用を迷われている方へのメッセージ」

日本語教師に限らずどんな職種でも、このような機会を得ることは、自分自身にとってプラスになるのではないかと思います。

篠崎先生 回答ありがとうございます。橋渡し推論と精密化推論の輪郭がわかってきました。平成26年度試験Ⅰ問題3c(15)も似た問題ですね。いろいろと参考文献を読んでみます。

篠崎先生 いつもお世話になっております。度々、ご回答ありがとうございます。 鼻濁音は鼻にかかっている声という認識で基本的には、大丈夫なのですね。色々な音声を聞いて、区別できるように訓練してみます。

詳しい説明ありがとうございました。「雰囲気」については日本語科の学生から指摘され、「先生の発音は方言だ」と言われて、私はすぐにほかの日本人の先生に私の雰囲気の発音を聞いてもらったところ、「別に間違っていない、正しい発音である」と言われました。でも心の中に「先生の発音は方言だ」言われたことが残り、自分の自尊心が傷けられたような感じがしました。そこで先生にこのような質問したわけです。でも同僚の先生も私と同じように発音しているんですね。ということはほかの多くの日本人も私と同じような発音をしているかもしれません。音位転倒の説明、ありがとうございました。

篠崎先生 お世話になります。高崎のH.Tです。定期試験作成の基準について、細やかにかつ具体的にご回答いただき、ありがとうございました。

篠崎先生
なるほど、ここはフォーリナートークの際の日本人の発話なのですね。納得しました。てっきり母語話者同士の会話を想定していました。問題文と、出題者の意図をもっとくまなければいけませんね。
【日々成長】の方にあった、聴解対策には音読が効果的という話に非常に納得しました。たとえば、子供の絵本の読み聞かせのときに意識したり、子供の宿題の国語の教科書音読を一緒にやってみたりしています。
検定試験対策を楽しめるよう、頑張ります。
引き続きよろしくお願いいたします。

篠崎先生
早速の回答どうもありがとうございました。いつもスピーディに、かつ詳しくわかりやすくお答えがいただけるので本当に助かっています。
また近いうちに質問させていただきます。

篠崎先生、こんばんは、夜中にすみません。先生の丁寧なご説明、よくわかりました。ありがとうございました。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

篠崎先生 こんにちは。I.Uです。先週末の2日間、ありがとうございました。
セミナーに参加し、自分の勉強量がまだまだ足りていないことを痛感しました。
また今までは検定試験の内容と現場との繋がりがよくわからず、試験勉強へのモチベーションが上がらないことが悩みでしたが、実際の現場での話も交えてご説明頂いたことで、知識の部分のみならず、試験の意義についてもより理解できるようになりました。大変勉強になりました。ありがとうございます。

篠崎先生
なるほど!すっきり分かりました。
なかなか引っ掛け問題に引っかかってしまう癖がとれません。
篠研の資料には全て書いてあるのに、日々の資料、道場、チェックテストでも記憶できていなくて自分であきれてしまいます。
前向きに、ローラー作戦で頑張ります。

篠崎先生
質問へのご回答ありがとうございました。
1回の授業でだいたい3つ、多い時で5つ以上は疑問点が出てくるのですが、中には資料を調べても解決できないものもあり、このように質問させていただけることは大変助かります。
これからもよろしくお願いいたします。

篠崎先生
ご教示ありがとうございました。

>選択肢1「らしい」はイ形容詞ではなく助動詞ですが、普通体の作り方は
>イ形容詞に準じますので、同じ誤用と。

上記、盲点でした。ご教示ありがとうございました。

篠崎先生
お世話になっております。Y.Aです。2日間のセミナー、ありがとうございました。
以前参加された何方かの感想に、『本当にあっと言う間に終わった』というような感想があったと記憶していますが、私にとってもそうなりました。
実は事前に検定問題は解いて、自分なりに見直しもしていたのですが、やっぱり自分1人だと答えの理由がよくわからなかったり、他の知識との関連付けも曖昧に関連付けてしまったりしてしまっていたので、(これは、私の理解がまだまだだからだと思いますが…)今回参加した事で、検定までの道筋が見えたような気分です!まだ間に合うのかは、不安ですが…。
本当に充実した2日間となりました。ありがとうございました。

篠崎先生、ご指摘、ありがとうございました。
学生のことを、もう少し、よく考えて、活動内容や発表内容を決めようと思いました。ありがとうございます。

篠崎先生
多くの質問に答えていただきありがとうございました。
過去問三年分を二回やって気が付いたことは、篠研の資料がきちんと理解できているところは正答できるということです。すべて正解への道が書いてあるのです!
過去問、篠研、アルクは裏切らない!ヒューマンの参考書の書き込みが真っ黒になるまで復習します。
これからもよろしくお願いいたします。

【検定対策セミナーにご参加いただいた方からのご感想】
3月に受けたときと 自分の立場が違うと先生のお話が違って聞こえてくると思いました。どういうことかというと 4月までは 初級を教えていたのですが 4月から 初級と中級の授業を担当しています。ここが 自分の立場の変化です。
3月のセミナーでは 篠崎先生がたぶん 実際の授業の実践でのアドバイスを盛り込んでくださっていたのでしょうが 自分の授業経験が少なかったのであまり気づくことができませんでした。
しかし、今回は自分にとっては検定対策というよりは検定対策を通して授業実践のツボを伝授していただというのが感想です。
また、普段の授業で扱っているトピックで見逃していた点の気づきもありました。

例:「肉」「菊」は訓読みのようで実は音読みです。(篠崎先生)

これは 授業で「漢字たまご・初級」のテキストの7課で「肉」の読み方がカタカナで「ニク」とあって、「あれ、音読みなのか・・・」ぐらいで まだまだそのような類の漢字はあるんだろうな・・・。というぐらいの認識でした。
篠崎先生が他と違うから気を付けてくださいとコメントを下さって確実にこの事実が 自分の記憶にインテイクされました。
文法事項では 今回随所にでてきたモダリティ。e-ラーニングでのプリントに書いてあることが講義をきくことで明確になりました。
自分の授業を振り返りながら 初級で扱う段階から教師がモダリティをしっかりととらえているか否かで学生にも影響を与えるとつくづく反省しているところです。
先生の講義やe-ラーニングの資料は 学生の誤用の分析をする道筋を提示してくださっています。
私のような 若葉教師には 「必見!!」のバイブルです。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

篠崎先生
いつも大変お世話になっております。T.Rと申します。
先日の東京会場のセミナーでは、沢山の事を学ばせていただき、有難うございました。
学習が進むにつれ、また沢山の方々のお話に触れるにつれ、進むべき道が見えなくなり混沌としておりましたが、「限られた人のお役に立てれば良い。」「好きな事をした方が良い。」という、二つのご助言で、再び道が開けてまいりました。
留学中の娘の一時帰国やら子猫を拾ったりで、学習に向かう気持ちが停滞気味でしたが、真っ赤な記述添削を目の当たりにし、メラメラと気合いが戻ってまいりました。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
時節柄くれぐれもご自愛くださいますように。

篠崎先生
いつも大変お世話になっております。
今回初めてセミナーに参加させていただきましたT.Rと申します。
セミナーの内容が過去問の解説講座という事でしたので、過去問を解き、答え合わせの後、書籍やネットで調べても分からない部分の確認と、復習のつもりで参加させていただきました。ところが、予想以上に内容が豊富で、大変驚きました。(ライブでの授業は、書籍での解答解説とは全く次元が違いました。)常々、多岐に渡る検定範囲に四苦八苦しておりますが、各分野ごとにブツ切りになっていた知識を関連付けて繋げていただけた事、テキストを読み、分かったつもりでいながら所々抜け落ちている知識の行間を埋めていただけた事、何より、まだまだ力不足の私がこれからどの様に学習を進めていけばよいのか、授業の中にそのヒントが散りばめられていた事が、今回のセミナーでの最大の収穫だと、大変感謝しております。本当にありがとうございました。
今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

篠崎先生 こんにちは
先日のセミナーでは大変お世話になりました。ありがとうございました。1つ1つの丁寧な解説、とてもわかりやすかったです。時間も限られておりますし、ポイントを絞ってのセミナーかと思いましたので、全てにおいて解説があるとは思っていませんでした。
前日に一通り問題を解いていたので、この考え方で良かったんだ、ここは観点が違っていた…などと確認することができました。時折冗談が混じる先生のメリハリのある講義は眠くなる暇もなく、また現場の話、授業に活かせる話はこれからの授業のステップアップに役立ちそうです。
また、セミナーであんなにたくさんの方々と交流できるとは思いませんでした。昨年参加したセミナーでは、交流や情報交換ほとんどありませんでした。夜の懇親会、ランチ、皆さんが積極的に参加されるのは先生のお人柄だと感じました。検定に向けてスイッチを入れる良い機会となりました。
9月も楽しみにしております。先生もお忙しい折、無理なさらないようにお過ごしください。これからも末長くよろしくお願い致します。

こんにちは、篠崎先生。
セミナーの際は大変お世話になり、ありがとうございました。先生のパワーあふれる講義は素晴らしかったです。先生のお話しの端々に先生がどれだけ勉強されてきているかということがにじみ出ていましたし、一方で自分の勉強量がいかに足りていないかを実感することができました。
日本語教師の仕事は年数を重ねれば重ねるほど、違った意味で疲れを感じ、それと家事との時間との闘いで、これから先も勉強時間を捻出する自信がなく、どうしたものかと考えていたところでした。でも先生のセミナーに参加させていただいて、もう少し自分の限界に挑戦してみなくてはと思いました。
先生の講義をお聞きして、今まで勉強してきたはずの自分の知識が随分あやふやだということもわかりましたし、先生が日ごろおっしゃっている様に、これから先、教壇に立ち続けるためにも、検定試験に出る問題の知識はしっかり自分のものにしていかなければなりませんよね。
9月に先生にもう一度お会いできる時には、もっと自分の勉強してきた知識に自信をもって、先生の講義をお聞きできればと思います。

篠崎先生
いつも丁寧な解説ありがとうございます。
講義資料に加えて先生に質問できることが、本当に独学者の力になっています。
8月は家庭の事情で日本語教育能力検定の勉強をペースダウンすることが決まっています。それまでに出来る限りのところまでレベルを上げ、さらに9月の直前講座で合格まで持っていくことが目標です。
本日、日本語教育能力検定の願書を提出しました!受験票が届くのが楽しみです。証明写真は、インスタント写真ではなく、きちんと街の写真館で「学校の先生の試験を受けます」と言って撮ってもらい、一番それらしいものを写真館のベテランおばさまに選んでもらいました。 昨日現像写真を取りにいったら、写真の袋に「合格祈願」のメッセージが入っていました。じーんときました。この顔の写真で合格できますように!前向きに頑張ります。

学習者への答え方がとてもシンプルなアドバイスで驚きました。
舌の位置がどうとか唇の形がどうとか、いろいろ考えてしまいました。
「へ」と書いて、「え」「へ」のどちらにも読むこと、逆に、「え」と聞こえても、「へ」と書くこともあることは、学習者も知っていますから、そういうものとしてわかってくれるのでしょうね。
ありがとうございました。

検定試験の問題がこんなにも普段の授業と直結しているということに気がつかされ、この検定試験の勉強を通して日本語教師として成長したいと思いました。
また、先生が途中にしてくださる余談の話が面白く、その問題を見ると あゝあんなこと言っていたなあ なんて思い出しながら記憶しました。
人の記憶とは本当に面白いもので、芋づる式に色々なことを繋いでくれますよね。ということは、授業中の遊び(関連する興味を引きそうな話)が効果的なのだなと改めて思いました。
また、先生が答えをすぐくれず、私達をじらされている時も思考が働き、その分定着に繋がるのも印象的でした。
今回のセミナーでまだまだ勉強が足りないことを実感しました。当たり前ながら配信される講義資料をこなして、分かったと思ってはいけないですね。実際はそれが自らアウトプットできるようになって初めて「知識」と言えるのだと再度確認できました。鉄板の例文は頭に入れて、人に説明できるようにならなければ授業でつかえませんよね。勉強、頑張ります。
篠崎先生、参加者の皆さま、2日間どうもありがとうございました。

篠崎先生
いつもお世話になっております。お返事ありがとうございました。早速、明日、学生さんに伝えようと思います^^
私は6月から検定講座を受講しているので、来年、試験を受けよう・・・と思っていたのですが、篠崎先生のお言葉を読んでいると、頑張ったほうがいいかな・・・という気持ちになってきて、今日、「合格するための問題集」と過去問25年26年27年を購入しました^^;
先生のお言葉に、いつも元気をもらっています。本当にありがとうございます。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

篠崎大司先生
さっそくのアドバイスをありがとうございます。いつもお返事をいただけること自体も、安心ですし、またその内容が今の私にとってまさに知りたかったことだったり、目から鱗が落ちるようなものだったりでありがたいです。
今後は、初めて出る文法事項や読解でも難しい部分はゆっくりめ、以前出てきたものやついでにこういうのもあるよとか余談っぽいものは母語話者の自然なスピードで、などと、緩急を意識してみようと思います。
思えば、昨年の今ごろは、まだ420時間の養成講座のまっただ中で、模擬授業にひーこら(笑)言っていたのでした。そこから考えると、私の個人比で、その後、検定試験に合格し、教師として半年以上経験と、進歩はしているはず。あくまでも私史上、私内個人比ですが。
学習者は、こんな新米教師からも、経験20年超のベテラン教師からも、授業を受けるわけですよね。「よくわかる」と答えてくれた学生が数割でもいたことを心の支えに、(もちろんそれは彼らの努力あってのことと理解したうえで)これからもがんばっていこうと思います。
ありがとうございました。

篠崎先生
いつもお世話になっております。お返事ありがとうございます。
今日の授業で、先生が教えてくださった説明をしようと思っていたのですが、質問をしてくれた学生さんは、昨日で、学校をやめてしまったそうです・・・。3か月だけ学校に通われていたようです。。でも、教えてくださって、本当にありがとうございました。
そして、検定のことですが、はい、そうします^^ 勉強が間に合わなかった時は、来年に向けての下準備という気持ちで、受験しようと思います。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

篠崎先生
大変お世話になっております。2日に亘る東京セミナー、ありがとうございました。
今年は、授業準備に追われ、試験勉強・合格は棚上げと思っていますので、その分、リラックスして参加していたかもしれません。一番の収穫は、篠崎先生がおっしゃっている「検定問題は、授業のネタ本の宝庫」というのが、実感として感じられたことです。また、用語の解説も、篠崎先生のオリジナルの解説がわかりやすく、私が、何回も読み直して、ようやく理解したものが、こんなにすっと、クリアにわかるなんて!という驚きがありました。この「わかりやすさ」を授業で反映できるようになりたいと思いました。(気の遠くなるような勉強量ですが、コツコツと、、、、、)
昨年の試験IIIは、「ヤダ!また、傾向が変わった!」(昨年で4回目)「勉強が追いつかない!」と、やや絶望的になっていましたが、今回のセミナーで、何のことはない。私が、時間を気にするあまり問題をよく読んでいなかったんだと、気づかされました。問題の内容も、よく読めば、ありがちなことと、身近に感じられました。私にとっては、1月から現場に立ったことが、長い目で見て、試験対策としても、良かったのではないかと思っています。
試験も4回も落ちると、笑うしかなく、「苦」でなく、「楽(しく)」やれればと思うようになりました。
何とか、2日間、参加できましたこと、感謝いたします。ありがとうございました!
神保宮子

結束性について丁寧なご説明をありがとうございました。
文法の本を見ても、結束性に関する説明がなく、どうやって勉強したら良いか悩んでいました。一先ずご教示頂いたことを、しっかり読んで覚えたいと思います。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

先生、お忙しい中ご丁寧にご回答くださりありがとうございました。
とても勉強になりました。初級と中級は違うとわかっていながらも具体的にどう違いどのように授業を進めていって良いのか悩んでおりましたが、先生にご相談して本当に良かったです。
先生のアドバイスを参考にさせていただきながら教案作成します。今を精一杯努力したいと思います。
本当にいつもご親切にありがとうございます。

篠崎先生
丁寧なご回答ありがとうございます。生徒には、先生のアドバイスのように説明したいと思います。ありがとうございました。

篠崎先生
変則的な受講の仕方になりましたが、頑張って参加して良かったと、大満足です。
日本語教師をしているのに恥ずかしいほどの知識不足、今回感じた気持ちを忘れずに勉強しようと誓いましたが、日々の授業準備に追われて流されないようにしたいです。寝不足で参加したにもかかわらず、やはり魅力のある授業には力があるのですね。
教授法など独学で勉強しているとなかなか覚えられないことも、楽しいエピソードとともにどんどん頭に入っていく気がしました。(「気」だけでなければいいのですが)くじけそうになったら、思い出して頑張ります。ありがとうございました。
セミナー受講を迷っていらっしゃる方は、独学120時間分の内容量ですので、ぜひ参加をお勧めします。

篠崎先生、2日間大変お世話になりありがとうございました。
3月のに続き2度目の参加でしたが、前回同様先生のパワーに圧倒されつつ多くの事の気付きがありました。
前回も感じたことですが、1日目は結構ペースがゆっくり(そう感じるのは私だけ?)で、和やかに進みました。がしかし、私の悪いクセで、思考が定まらず迷走したり妄想(笑)したりして、やや集中力に欠けてしまいました。それに比べて2日目、特に後半は時間に押されて先生が猛スピードで 走ってくださいました。テキストを追ったりノートにメモったりで、顔を上げる間もないくらいのスピードでしたが、リズムがすごく良くて「ポン、ポン、ポン」と頭に入ってきました。独学では理解不能だった問題が「ほう、そういう意図なのか!」などなど。。。その上、スピードに乗るとものすごく集中できて問題集のページをめくるのが楽しくなるほどでした。まさに『篠崎マジック』にどっぷり浸れ、「終わりの時間が来なければいいのに」とさえ思いました。
最近、勉強すればするほど自分の知識不足が露呈し、合格が遠のいていく感覚に襲われていました。今年は受験しない方が良いかも、、、などと
考えていましたが、この2日間で「そんな後ろ向きな考えでは絶対あか〜ん!」と自分に喝を入れ、考え方を改めました。とにかく、一歩でも前に進むために、今の自分に出来る限りの努力はする!つもり(^^; ですので、これからもご指導よろしくお願いいたします。

前回のセミナーでト女子トイレの数について先生にお伝えさせていただいたのですが、今回は使える女子トイレの数が増えていたため、大変助かりました。ご対応ありがとうございました。
また講義の中で、H言語、L言語の意味について篠崎先生が実際に赴かれた国の例を具体的にあげて説明していただき、どんな言語がHでどんな言語がLなのか大変理解できました。普段のPDFの講義資料では、「そういう言語があるんだな」くらいにしか思わなかったのですが、実際の出来事をもとに説明して下さったので、とても自分の記憶に残っています。(エピソード記憶というものでしょうか)自身も授業で言葉の説明をする際は、なるべく実生活に近い事例や例文をあげて説明したいと思いました。

丁寧なご説明をありがとうございました。

>片方しか入れられない語をあげていくことがコツとなります。

上記のような方法があるとは、まったく気づきませんでした。大変勉強になりました。難しいなー とため息をついていますが、教えて頂いたことを、練習をしてみます。今後ともよろしくお願いいたします。

篠崎先生
先日のセミナーではお世話になり、ありがとうございました。先生はただ解答を解説するだけでなく、関連する内容について、私たちにどんどん質問を投げかけて下さって、「あれも知らない、これも知らない、勉強頑張らないと!」と思いました。これは知識豊富な篠崎先生だからこそなせる業ですね。私もいつか、いつかこんな授業ができる教師になりたいと思いました。
懇親会も楽しかったです。先生が、ご自身の経験を交えながら、10年後の目標の姿を描きながら頑張るとよいとアドバイス下さったのが印象に残っています。今は家族の都合に合わせて動くことがほとんどなので、10年後の目標なんて考えたこともありませんでしたが、主婦だって目標を持たないと、と思いました。ありがとうございました。

篠崎先生
いつもお世話になっております。お返事どうもありがとうございます。そのように伝えようと思います。質問にお答えくださり、どうもありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

篠崎先生
お世話になります。高崎のH.Cです。
お忙しいところ、パスワードをお知らせいただき、ありがとうございます!じゃんじゃん、先生に質問できるように日々の「なに?なぜ?」にちゃんと向き合えるようにがんばりたいです。時々日々の忙しさに紛れて、「わからないこと、そのままに…」ということもありがちなので。今度ともよろしくお願い致します。

結束性について丁寧なご説明をありがとうございました。文法の本を見ても、結束性に関する説明がなく、どうやって勉強したら良いか悩んでいました。一先ずご教示頂いたことを、しっかり読んで覚えたいと思います。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

篠崎先生、こんにちは、
お忙しいところ、ご丁寧にお返事くださりありがとうございました。
今日からは、合格するためにどうすればいいのか、そして、日本語教師として仕事につなげていく学習を試みたいと思います。
篠崎先生、改めて、宜しくお願いいたします。
九州地方は大雨のようですので、お気をつけてくださいませ。

篠崎大司先生
いつもお世話になっております。先月のセミナーの感想を早く書こうと思っていたのですが、遅くなり申し訳ありません。
二日間ありがとうございました。あっという間でした。
セミナー参加者の方々の現場の話なども伺うことができ、クリアになったこともありました。懇親会にも参加でき、色々な方と交流できたのもよかったです。有意義な二日間でした
事前に平成27年度の問題を解いて、わからないところがたくさんありましたが、先生の講義のおかげでクリアになりました。また、実際の現場の話も聞け、今後の授業の参考になりました。ただ、先生に当てられたときに、答えられるかひやひやしていましたが。
休憩時間にたくさんの質問をしてしまったにも関わらず、丁寧にご対応いただきありがとうございました。おかげでスッキリしました。また、直前にお送りしたにも関わらず、丁寧な記述の添削も本当にありがとうございました。セミナーが試験に合わせた受講時間なので、実際の試験に耐えるための訓練にもなりました。お手洗いに使用中か否かの表示をつけてくださったこと、心遣いありがとうございます。
お話の中で印象的だったのが外国ではやってはいけないジェスチャーについてです。試験問題にもありましたが、なるほどと思いました。日本ではポジティブなジェスチャーが、外国ではネガティブな意味合いの場合もあり、気を付けなくてはいけないと思いました。私も親指と人差し指で輪を作ってOKと使っていたので、気になって調べてみました。イギリスやフランスでは能力が「ゼロ」という意味合いになり、相手をバカにしていることになるようです。実際フランス人に聞いたら、そうだということです。今は先生と同じく親指を立てて、グーグーと言っています。どの国の方と触れ合うかわかりませんから、あらかじめ外国のタブーは知っておくべきだと思いました。
今回残念なだったのは、リスニングがなかったことです。先生は目一杯フル稼働されていたので、申し訳ないのですが、今回この点が残念でした。
まだまだ勉強不足であることも思い知らされたので、次回のセミナーには自身をもって先生に当てられても答えられるよう、頑張ります。みなさん、それぞれが時間のない中で勉強されていますので、なかなか勉強時間を取れないことに、愚痴ばかり言っていられないと思いました。
この試験の場合、試験勉強が実践に直結していて必要な知識ですから、自信を持って実践していけるように、更に頑張ります。
直前セミナーでまた宜しくお願いいたします。
記述の添削もまたしていただけると、ありがたいです。宜しくお願いいたします。

篠崎先生 いつもお世話になっております。早速お返事いただき、ありがとうございました。
「項」の意味がわからず、持っている辞書で調べてみても、どこにも書いてありませんでしたので困っていました。しっかり知識として身につけていきたいと思います。

篠崎先生 いつもお世話になっております。お返事ありがとうございました。
そうですね。問題の意味を理解するのが難しく、そこに引っかかって悩んでしまいました。選択肢を冷静に見れば、2,3,4は正しい日本語なのに、それすら混乱してしまいました。短時間で的確に問題を理解できるストラテジーを身につけたいです。今後とも宜しくお願い致します。

篠崎先生 こんにちは。そちらは雨の被害は大丈夫ですか?
昨日は聴解についての丁寧なお返事をありがとうございました。調べていてくださっていたのですね。覚えていてくださってうれしかったです。
あれからすこしずつ聴解の勉強も始めています。確かに先生のおっしゃる通り3拍~4拍のものは問題なく解答でき、久しぶりにアクセント問題をやったとき、苦手意識が強かったものですから、自分でもこんなにできたっけと思ったほどです。先生に教えていただいた通り、少ない拍のものをほぼ完ぺきにできるように勉強していってみます。試験I、IIIは問題を解きながら、うろ覚えの知識を完全にするべく勉強しています。基本問題ですら、あやふやな知識で誤答してしまうことも本当に多くて、少し嫌になることもあります。夏を制する者は…胆に銘じて勉強を進めます!
ありがとうございました。

篠崎先生 どうもありがとうございました。スッキリしました。
この質問を受けて以来、いろいろな用例を探してみたのですがやはり単独用法は現代語ではみつかりませんでした。「梅雨入り」「客の入り」「日の入り」など名詞としての用法、「入りびたり」「取り入る」など複合語の要素としての用法が主なもので、「入る」という動詞は慣用句や格言に限られる。おかげさまで、学習者への説明もちゃんとできそうです。
余談ですが、私が子供のころ、祖母が「お風呂にいりなさい」(=はいりなさい)とよく言っていたのを思い出しました。方言に残っている、古い日本語の例でしょうね。

篠崎先生 いつもお世話になっております。ご回答ありがとうございます。
「~なればならない」「~なきゃいけない」が共に否定形なのは、あることををしないと、物事が成立しないという否定からきているのですね。例えば、駅まで走らなければ、次の電車に間に合わない。ここで走ることで、次の電車に間に合うことになるということですね。自分では普通に使ってきたことが、学習者に言われて、初めて疑問に思うことが多いです。勉強になります。ありがとうございます。

篠崎先生 いつもお世話になっております。
母語教育についてご相談させていただいたまま、お礼が遅くなり、申し訳ありません。論文が載っているサイトなどを教えていただき、ありがとうございました。
先日、フランス人の学習者とその方の娘さんの母語教育について、改めて話をしました。フランスの方が娘さんの母語について考えてないというのは、勝手な思い込みでした。家族内では日本語とフランス語ですが、娘さんはまだ7歳ですし、ドイツ語をパーフェクトにすることが第一だと言っていました。学校や友達との会話でドイツ語を使い、何か考えるときもドイツ語らしいのです。娘さんがドイツ語を発した時には、ドイツ語で返すようにしているそうです。この学習者の方も、どれも中途半端という状態にはしたくないのです。お話しして、納得できました。
先月のセミナーに参加された方と母語教育について話をした際、「私たちは日本語教育について勉強しているから、人の母語教育が気になるんだよ。一般的には三か国語もできてすごいって思うだけだよ」と言われました。そして、「人の家庭のことだし、気にすることないよ」と言われました。本当に気にしすぎなのかもしれません。友人で中国人とバングラデシュの夫婦の子供は日本の学校に通っていて、日本語を問題なく(?)話しています。友人に子供の母語を聞いたら、日本語だと言っていました。少なくとも彼女が高校卒業するまでは日本にいると言っていました。子供は見た目はバングラデシュ人ですが、話す日本語は日本人と変わりません。まず、両親の母語イコール子供の母語も同じ母語という観念を捨てなくてはいけないと思いました。プライベートレッスンだから、一人一人としっかり話ができるので、余計に考えたり、おせっかいになってしまうのかもしれないです。日本語学校でしたら、20人とかのクラスで一人一人にゆっくり対応できないかと思います。
母語教育は大事ですが、学習者の方には入り込みすぎないように、アドバイスをする程度にしたいと思います。先生にご相談することも、もちろんすっきりするのですが、篠研メンバーとお話することも、解決の糸口が見つかったりするので、すごいですね。

篠崎先生 お世話になります。高崎のH.Cです。
早急にご返答いただき、誠にありがとうございます!早速先生にアドバイスいただいた方法を試してみたいと思います。

篠崎先生 いつもお世話になっております。
お返事ありがとうございました。そういうことなのですね。本当にどうもありがとうございました。とても助かりました^^ これからも、色々お聞きすると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る