会員様の声

会員様からいただいた感想メッセージを掲載させていただいております。

001~050 051~100 101~150 151~200
201~250 251~300 301~350 351~400
401~450 451~500 501~550 551~600
601~650 651~700 701~750

会員様の声No.651~No.700

ご丁寧なメール、どうもありがとうございます。こちらから、アクションしなかったので、再度メールをくださったんだと思っていました。申し訳ありません。今後、よろしくお願いいたします。

篠崎先生
お世話になります。回答ありがとうございました。
夏休み明けの授業なので、先生の回答を参考に学生に伝わる例文を考えたいと思います。
ところで、先生の回答によく出てくる「日本語教育辞典」が気になって調べてみたら中古だと3桁なので購入しようかと思います。ありがとうございました。

【通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」ご入会アンケート】

Q1:本サービスをお申込みする前にどんなことで悩んでいましたか。

今年の日本語教育能力検定試験を受ける予定ですが、養成講座の講義や参考書だけでは過去問が解けないので、どうすればいいか悩んでいました。

Q2:何がきっかけで、本サービスを知りましたか。

当研究室のホームページを見て知りました。

Q3:本サービスを知ってすぐに申し込みましたか。しなかったとしたらなぜですか。

篠崎先生に質問させていただき、検討の結果申し込むことにしました。もちろん検定試験対策ということもありますが、これから教壇に立って教えていく際にも役に立つものであると思ったので受講を決めました。

Q4:本サービスをお申込みいただいた決め手は何ですか。

サンプル講義資料と、質問に対して的確に回答していただけたことです。また、すでに基礎固めセミナーの動画を視聴していたので、その内容が良かったこともあります。知識を得るために自分で何冊も関係書籍を読むのは難しいので、その点をカバーできるのではという期待があります。

【通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」ご入会アンケート】

Q1:本サービスをお申込みする前にどんなことで悩んでいましたか。

自転車操業の状態から脱して、インプットしたいけれども、なかなか時間が捻出できないことです。

Q2:何がきっかけで、本サービスを知りましたか。

メールマガジンです。

Q3:本サービスを知ってすぐに申し込みましたか。しなかったとしたらなぜですか。

すぐにはしていません。通学の養成講座に行き、検定試験に合格して、すでに教壇に立っていますので。

Q4:本サービスをお申込みいただいた決め手は何ですか。

分野、レベル、指導内容毎に細分化された具体的な指導法が学べそうなことです。それと、先生のメルマガでのアピールです。遅ればせながら夏休みこそインプットのチャンスだと思いました。

【日本語教師のためのお悩み解決QAバンク 篠研の「教えて!篠崎先生っ!」ご入会アンケート】
Q1:本サービスをお申込みする前にどんなことで悩んでいましたか。

金額的な面で払えるかどうか悩んでおりました。

Q2:何がきっかけで、本サービスを知りましたか。

ブログを拝見したのがきっかけだったかと思いますが、メルマガを通してこのサービスを知りました。

Q3:本サービスを知ってすぐに申し込みましたか。しなかったとしたらなぜですか。

日本語教師として始めたばかりのため、まだ詳細を勉強しようと思うに至らなかった。

Q4:本サービスをお申込みいただいた決め手は何ですか。

既に検定試験は合格していたものの、メルマガを通してたくさんの情報を引き続き頂き感謝しております。日ごろメルマガで解りやすく解説頂いていたので、こちらのサービスには以前より興味がありました。日中の移動時間や、仕事中の休憩時間等のスキマ時間にQAを読みながら知識を増やしていけるのではと考えたのが理由です。メルマガの購読を始めた頃は非常勤のため、収入面の余裕がなかったのですが、現在は一応専任業務についているため、若干の安定収入を得ており、申し込みを決めました。学習したいことが多々あり時間の制約もあり追い付いていないのですが、QAの閲覧を通して学ばせて頂きたいと考えております。よろしくお願いいたします。

【日本語教師のためのお悩み解決QAバンク 篠研の「教えて!篠崎先生っ!」ご入会アンケート】

Q1:本サービスをお申込みする前にどんなことで悩んでいましたか。

非常勤として日本語学校で働きだして1か月です。日々の教案作りにとても時間がかかります。導入の仕方、練習のさせ方、キューの出し方、授業全体のタイムマネジメントなどなどで悩んでいます。

Q2:何がきっかけで、本サービスを知りましたか。

「篠研の日々成長」をもう1年ぐらい拝読しています。このサービスの存在はメルマガで知りました。

Q3:本サービスを知ってすぐに申し込みましたか。しなかったとしたらなぜですか。

仕事を始めてから1か月ぐらい悩みました。検定試験には去年合格しましたが、試験のための勉強だったので内容がしっかり身についておらず、もっと勉強しないといけないと感じました。「検定試験対策」と「おしえて篠崎先生」、どちらを受講するかで悩みました。

Q4:本サービスをお申込みいただいた決め手は何ですか。

職場の先生や、周りの先輩方に聞くこともできますが、あまりに個人的、初歩的な疑問なのでどうしても遠慮してしまい、いつも一人で何時間も考え込んでいます。ここはきちんとお金を払って専門家である篠崎先生のご指導を受けたいと思ったからです。

篠崎先生 早速ていねいなご返信をいただきありがとうございました。
順を追って説明していただいたので、活動の流れをイメージすることができました。特に

> 時間が潤沢にあれば応用練習も必要ですが、まず教科書の基本練習をしっかりやってからの話ではないでしょうか。

このように断言していただき、すっきりいたしました。
最近いろいろな本を読んでいると、コンテキストのある練習の大切さが書かれているので、いかに学生の実際の生活に近づけられるかばかりを考えていました。けれども、その前に基本の練習をしっかりやることが大切なんだと再認識いたしました。
このようなことは当たり前だと思われるかもしれませんが、どうしても目新しいこと、学習者が喜んでするような楽しい練習がいいと思ってしまい、大事なことを見過ごしていたと思います。教えていただいたポイントに気を付け、もう一度教案を考えます。本当にありがとうございました。
思い切って「教えて、篠崎先生」に申し込んでよかったです。今後ともよろしくお願いいたします。

篠崎先生とその仲間達(の先生方)
大学の学生がベトナム人と中国人なので、夏休み明け、しっかり発音を教えたいと思います。発音のキレが悪い感じがしてました。実際的な教えありがとうございます。それと、す、と、ちゅについてもいずれ。どちらにしてもありがとうございます。

篠崎先生 さっそくお答えいただき、ありがとうございます。
このようなざっくりとした質問にもかかわらず、参考となりそうな本をいくつもご紹介いただき、本当にうれしく思います。自分で図書館や書店で探したり、高校生向けの古文の参考書を見たりしていたのですが、本格的な専門書は詳しすぎたり難しすぎたり、受験参考書は暗記テクニックやら冗長すぎたりで困っていました。書店で見てみます。すぐに見ることのできた「文語文法・動詞活用早わかり」というのも、まさにまずこのようなことが知りたかった部分です。助かります。金水先生というと役割語などの著書のある方ですね。さらに興味を惹かれました。本当にありがとうございました。

お世話になります。 早速のご回答ありがとうございます。
質問の内容が明確でなかったため誤解をされてしまったようですが、1回の授業は90分ですが、1課を1回で終わらせる必要はありませんが、授業の回数を考えると、それくらいのペースで行わないといけないかもしれません。
いただいたご回答を参考に授業を組み立てていきたいと思います。ありがとうございました。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

篠崎先生
こんばんは
早速お返事ありがとうございました。よくわかりました。これからもよろしくお願い致します。

いつも大変お世話になっております。No.066~070講義資料、確かに頂きました。お手数をお掛けしました。ありがとうございます。宜しくお願い致します。

いつも大変お世話になっております。「何階」の表記についてのご回答ありがとうございました。また1つ解決でき、すっきりしました。

【日本語教師のためのお悩み解決QAバンク 篠研の「教えて!篠崎先生っ!」ご入会アンケート】

Q1:本サービスをお申込みする前にどんなことで悩んでいましたか。

・学生から受ける質問に対して、正確に答えられているかどうかの自信が持てなかった。
・授業(とくに「会話」)をどのようにして活性化させるかが分からなかった。

Q2:何がきっかけで、本サービスを知りましたか。

どこかのインターネットサイトで見かけて、そして登録した。

Q3:本サービスを知ってすぐに申し込みましたか。しなかったとしたらなぜですか。

すぐには有料会員の申し込みはしなかった。4か月ほど無料会員として読み続けていて、それで十分だと感じていたため。

Q4:本サービスをお申込みいただいた決め手は何ですか。

学生達に「もっと多くの知識や、高度な日本語運用力を身に付けてほしい」と感じ始め、そのためには様々な日本語教師たちの質問および篠崎先生の回答を拝見することが重要であると思い至ったから。

【通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」ご入会アンケート】

Q1:本サービスをお申込みする前にどんなことで悩んでいましたか。

日本語教育能力検定の勉強の仕方について。

Q2:何がきっかけで、本サービスを知りましたか。

日本語教育能力検定のセミナーを検索していて。

Q3:本サービスを知ってすぐに申し込みましたか。しなかったとしたらなぜですか。

すぐに申し込みました。

Q4:本サービスをお申込みいただいた決め手は何ですか。

内容が良さそうだったので。

【通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」修了者アンケート】

Q1:実際に1年間受講していかがでしたか?

・入会当時、私は通信制の大学にて日本語教員養成コースの必修を学んでいる時でしたので、大学で学んだ内容の知識の補強、または大学では教えない内容、違った角度からの解説に触れられるのは非常に面白かったです。

・何よりも、検定試験の勉強を一人で進めていたために不安になる時が多く、苦しい時に篠崎先生の冷静かつ丁寧な解説、メルマガでの鼓舞する言葉などに何度も背中を押していただきました。あきらめずに最後まで検定試験に臨むことができました。その「気持ち」を鍛えていただきました。本当にありがとうございました。

Q2:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。

・月2回の質問サービスが付いていることです。それにより、質問すべき内容を自分の中で精査し厳選しましたし、質問を作成するプロセスでも自分の問題点を再発見したり問題点をより明確にしたりできたように思います。また、篠崎先生からの回答も本当に親身で、役立つ書籍やサイト等を教えてくださったことも非常に参考になりました。ありがとうございました。

・「1000時間勉強シート」、非常に便利でした!自分が勉強していないカテゴリが一目瞭然で分かりました。その部分は当然、出来も良くないので、もっと勉強すればいいということもすぐに知ることができました。ありがとうございました。

・自分から篠崎先生へのご質問内容やメッセージ内容をメルマガにて紹介してくださったことも、動機づけにつながったように思います。「ちゃんと会員一人一人を見てくださっている」という心強さを感じました。ありがとうございました。

Q3:本講座で、改善してほしいサービスや追加してほしいサービスはありますか。

・「教えて!篠崎先生」へ初めて質問を送る時、どこまでのレベルの質問なら許容範囲で、どこからがコンサルティング対応となるのかが、あまり想像ができず、分からないまま質問しました。質問内容に応じて対応が変わってくると思われますので、はっきり提示しづらいかとは思いますが、「どういう内容だと、質問ではなくコンサルティング対応となってしまうのか」その一例をサイトに示していただけると、初めての方は質問作成がよりしやすくなるのではないかと感じました。

Q4:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。

・検定試験に関しては、最後は本当に気持ちの勝負です。それを一人で保ち続けるのは困難です。一人だけで頑張るのは辛いです。そういう時の助けになってくださる方や場所があるだけで、安心して勉強ができます。心強さが全然違います。自分の目標を問い直す言葉もたくさんかけてくださいます。そしてより明確化された目標が、勉強を頑張る原動力・ガソリンとなってくれます。篠崎先生の検定講座、メルマガはそういう力を与えてくださる場所です。これから検定試験を控えていらっしゃる方々は非常に不安もあるかと思いますが、このハードな勉強を乗り越えれば、それだけでその後の自信につながります。少し困難な課題にぶつかっても、「あの時の試験勉強を乗り切れたんだから大丈夫」と思えます。応援しています。そして篠崎先生、これからもまたお世話になります!(笑)どうぞよろしくお願いいたします。

篠崎先生、
だいぶ遅くなってしまいましたが、質問へのご回答、ありがとうございました。
現在カンボジアにてインターン中です!先生がおっしゃっていた通り、「基礎的かつ実用的な初級日本語指導で時間がいくらあっても足りない、といった状況」です!(;´∀`)ですので、今回のインターンで指導すべきは、基本的事項に加え、分からない日本語・聞き取れない日本語・日本語でうまく言えない…といった問題が起こった時にコミュニケーションできるようなストラテジーを身につけさせること、だという話を現地学校の責任者ともお話させていただきました。自分がいる間の短時間で教えられる量には限りがあるかもしれませんが、ストラテジーは生涯役に立つスキルですので、ぜひ覚えてもらえるようにいろいろ指導を工夫したいと思います。メインテキストも決まっていないという方針の学校ですので、逆にこれをチャンスとして、生徒の表情を見ながらあれこれチャレンジしてみたいと思います!今回もアドバイスいただき、ありがとうございました。

【通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」ご入会アンケート】

Q1:本サービスをお申込みする前にどんなことで悩んでいましたか。

今、4歳の子育てをしながら、日本語教師の資格勉強をしています。まだまだ子供に手がかかり、自分の時間がなかなか取れない中、自分なりに勉強しています。しかし、範囲が膨大で、うまくポイントをつかめない分野もあり、能率よく勉強していくためにも、篠崎先生の通信講座を受けてみようと思いました。

Q2:何がきっかけで、本サービスを知りましたか。

インターネットを見ていて。

Q3:本サービスを知ってすぐに申し込みましたか。しなかったとしたらなぜですか。

すぐに申し込まなかったのは、最初どんな先生なのか、どんな通信講座なのか、よくわからなかったからです。無料のメ-ルサ-ビスを拝見するうちに、先生のわかりやすい解説、情熱溢れる指導をぜひ受けてみたいと思い、この度申し込みました。

Q4:本サービスをお申込みいただいた決め手は何ですか。

わかりやすい解説です。どうしても来年の資格試験には合格したいです!

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
台風接近中で開催されるか心配しましたが、神様が味方してくれました。おかげさまで、大満足の二日間でした!でも先生は、無事別府へ帰ることが出来たんでしょうか…申し訳ないですぅ。今回の直前対策セミナーは、「参加できて本当によかったあ。」と思える内容でした。というか、先生の熱い講義にやっと自分がついていけるようになったからかもしれません!試験対策のポイントも盛りだくさんですごく得した気分です、笑。私が苦手な敬語は、謙譲語と尊敬語の違いを「お〜する」と「お〜なる」から説明して頂き、日本語の持つ神秘さに目から鱗でした。日本語の奥深さとそれを学べる幸せも感じることが出来ました。試験まで約一ヶ月、先生から教えて頂いたことをしっかり見直し、本番に臨みたいと思います。本当にありがとうございました。

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
篠崎先生
16日と17日の2日間にわたり名古屋会場で直前講座を受講したE.Sです。濃い2日間でしたが、この時期に受講して本当に良かったと思いました。以下に感想&受講を迷われている人へのメッセージを記しておきます。

【感想】

(1)自分にとって「今の実力」を知ることができた

あまり喧伝してはいけないことかも知れませんが、●●●の通信講座は教科書が膨大(24冊)で、それなりにやりがいはあるのですが、欠点があります。「情報が全体的に古い」ということです。第一区分はどの教科書・問題集もこの傾向が強いのですが、私個人の感想としては、ほかの部分もアップデートが進んでいない感じをしながらやっていました。そこで、実践問題を解くにあたり、アルクの問題集のほか、ヒューマンの教科書・問題集をやっていたのですが、ここ最近の傾向を初めて知り、6月ごろからヒューマン中心に勉強をシフトしておりました。ただ、こちらも問題数が限られているので、どこか対策講座はないかと探していたところ、篠崎先生のサイトを発見。とりあえず、今年の基礎固め講座を取り寄せ勉強しました。10時間を超える映像講義に驚き、「世の中のヒトはこんな講座で勉強しているのか」とびっくりしました。そして今回、直前対策講座の受講を決定。基礎固め講座同様、過去問を網羅した受講テキストの予習に取り組み、「ここはどう解説するのか」を予想して授業に臨みました。聴解試験の試験IIを除く、試験I、試験IIIの問題数は各10題。これが2日間で解説を受けながら聞けたのが、良かったです。事前に時間をかけて(参考書を見ずに)解いたこともあり正解率8割近くになりましたが、これが本番だったら6~7割になるだろうという実感をつかめました。とりわけ試験IIIは最後の選択肢2つまで絞りこめましたが、最後に誤答を選ぶものが続出。正直怖い問題群だということを体験できたように思います。過去3年分の問題や問題集の模擬試験を時間を設定して解いても6~7割の自分の実力を知っていただけに、合格ラインは「まだ遠い」ことを知ったことが一番の成果だったと思います。先生は合格ラインは75%の正解率とおっしゃっていました。ということは残り1カ月余りで最低8割のラインに乗せなければ合格はない、もっと言えば、9割を常時取れる実力がないと合格しないことを確信しました。どこまで自分を追いつめられるかわかりませんが、残りの時間を有効に活用して、試験に臨む決意が固まりました。

(2)一緒に戦っている受験生とお会いできたこと

名古屋会場は私を含め6人の参加でした。私としてはちょうど良い人数で、2日間、緊張感を持って毎回授業に臨めました。しかも現役の日本語教師の方もおり、問題意識そして合格意欲の旺盛な方々とともに2日間を過ごせたことは私にとって良い活力となりました。もちろん、みなさん競争相手なのですが、これから「あの人たちもきょう、そして今も戦っているんだ」と思うと、今後の勉強の活力に結び付くように思います。この場を借りて5人の受講生の方に感謝します。頑張りましょう。

【受講を迷われている方へ】

(1)実践を学ぶ人には最適の講座

試験を受けられる方は年齢層・職業もさまざまだと思います。全員に共通しているのは、「合格したい」。ただそれだけです。ただ、この講座は極めて実践向きであるということ。勉強をほとんどせずに気持ちだけの「合格したい」人には不向きな講座です。篠崎先生もメルマガで書いていたように、合格のためには1000時間の勉強は必要と書いてます。1000時間は無理でもせめて出題の全分野に目を通し、過去問を時間通りに解いて60点以上取れた人向きだと個人的に思います。人間は弱いもので、藁にも縋るつもりで受講を検討している方もいるかと思いますが、この条件をクリアしていたなら、大変ためになる講座です。合格に秘策はありません。講座はまさに自らを知り、残りの日にちの勉強の指針とするもの。そうとらえられるなら、ぜひ受講すべきだと思います。

(2)私個人の学習歴

ちなみに私は過去問3年分を3カ月前に1回、アルクの問題集はこれまで3回、ヒューマンの問題は2回繰り返しやっていますが、まだまだ足りないなと思っての受講でした。残り1カ月余りで上記の問題(とくに過去問)をあと何回繰り返せれるかわかりませんが、今回の直前対策講座のテキストの内容プラス基礎固め講座のテキストを確実にインテイクして試験に臨むつもりで頑張るつもりです。時間・お金に余裕のある方は、試験直前の最後の投資として、基礎固め講座の購入もおススメです。この2講座を受けることによって、上記問題集を解くうえでもヒントが得られます。また、試験IIの聴解部分だけは、基礎固め講座の該当部分を3~4回繰り返し見る(聞く)とポイントがつかめます。

長く書けと言われたので、本当に長々と書いてしまいました。不愉快になられたらお許し下さい。私が言いたかったのは「2日間有難うございました」の一言です。12月に合格報告ができるよう、残り1カ月余り頑張ります。先生も昨晩は別府にたどり着けなかったようで、本当にお疲れさまでした。今後の直前対策講座もお体にお気をつけください。今後ともよろしくお願いします。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
今回のセミナーでは、台風が接近しているという中 篠崎先生には、名古屋までお越し頂き、感謝申し上げます。現在、日本語学校で非常勤講師をしながらも、検定試験にはなかなか合格できず、日頃は独学で進めるのみ。といった状況だったの ですが、先生には一問一問丁寧に解説をして頂き、より深めることができました。間違った問題を見ると、いかに難しく、考えすぎていたのか。と、ため息をつきたくなるくらいの気づきもありました。「メタ認知ストラテジー」、学習者に指導する前に、自身で体験することも必要ですね。試験まで、およそ1か月。2日間で学んだことを活かして、今度こそは、「合格」 の通知を受け取ります!そのときは、またご報告させて頂きますので、よろしくお願い致します。

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
篠崎先生

こんにちは。名古屋で二人目の皆勤賞のN.Nです(笑)。直前講座では大変お世話になりました。台風を無事に切り抜けられてよかったです。試験前の緊張感がありながらも、先生のお話が楽しい講座でした。受講生の皆さんとのお話も刺激になりました。宇佐神宮のお守りもとても嬉しかったです。机に置いて勉強しています。
私も敬語の「お~する」「お~なる」は一生忘れない長期記憶にインプットされました!先生には日本語の奥深さを教えていただきました。ありがとうございました。
対策講座を3回受講しましたが、一つ一つ紐をといていく先生の問題の解き方が身についてきたように思います。試験IIIが苦手なのですが、ポイントがわかるようになってきました。まだまだ不安な部分はありますが、精一杯がんばりたいと思います。どうもありがとうございました!

お世話になっています。I.Yです。お手数をおかけして、申し訳ありません。おかげさまで、講義資料を拝見することができました。ご親切で、丁寧な対応、ありがとうございました。

大変お世話になっています。丁寧なご回答、ありがとうございました。これらのことがわかっていなければならないんですね。よく消化しまして、学習者に説明したいと思います。ありがとうございました。

篠崎先生
いつもお世話になっております。今回もまたわかりやすく教えてくださり、ありがとうございます。
今までも、どうしてこの学習者がこのクラスになったのかと不思議に思うことがあったのですが、どのように振り分けられているかを知れば、その疑問も答えが見つかるかもしれませんし、いずれ改善への道につながるかもしれませんね。
日本語教師となった当初、よく会話できるのに読解はできない学生に驚いたものです。それはかつて自分自身が外国語である英語を勉強した頃は、今のような音声教材も豊富ではなく、読み書き優先でその先に会話がある、つまり会話できるということは当然読み書きもできるという感覚があったからだと思います。
プレイスメントテストにかかわることは、そのような学習者の言語習得段階の見極めをするということで、その後の学習と伸びに大きくかかわることになるのですね。どうもありがとうございました。

いつもお世話になっております。
このたびは講義資料の再送ありがとうございました。無事ファイルをダウンロードしましたので、ご連絡いたします。お手数をおかけして申し訳ございませんでした。今後ともよろしくお願いいたします。

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
篠崎先生
おはようございます。2日間ありがとうございました。私は民間企業で働いており、日本語教師として働いていませんが、一緒に受講された大部分の皆さんが、日本語教師の方ばかりだと知り、本当に驚きました。そんな環境の中で、少し不安に感じましたが、もうやるしかない!先生、お守り本当にありがとうございました。力になります!宇佐神宮のお守りを目の前にして悔いのないよう頑張ります!ありがとうございました。

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
☆セミナーの感想☆

問題が改正される前の平成22年より前の平成21年や19年、18年の問題も含まれており、その中でもこれから検定試験を解く上の考え方として参考になる問題が選ばれていたので、とても勉強になりました。また、自分だけで勉強していると、正解した問題に関してはチェックが甘くなってしまいがちだったのですが、セミナーでは、なぜ正解になったのか?、間違いの選択肢の内容は何が違うのか?という問題を解くための基本的な考え方から、問題が自分が授業をする上で、どのように役立つか?といった実践的内容まで言及があった点も、本当に充実していました。セミナーで当てられて答えられなかった点は、自分がわからなかったことを認識するきっかけとなりました。検定試験合格は、ゴールではなく、スタートと聞いたことがあるのですが、今回のセミナーで検定試験の勉強が自分のやる授業に、どう活かせるかがわかり、楽しかったです。次回、合格報告のメールができるよう、残り1ヶ月ベストを尽くします。この度は、お世話になり、ありがとうございました。

☆セミナー参加者について☆

今回の福岡は、420時間の養成講座を修了している現職の非常勤の日本語教師の方が多い印象を受けました。どの方も経験豊富で、高い問題意識のもとにセミナーに参加されていたので、お話を聞いて、その面でも勉強になりました。東京のア◯ク等の検定試験対策セミナーだと、検定試験合格を目指す未経験の人の参加が多い印象だったので、そこが他とは違うなと思いました。また、セミナー参加者の人数も10人と少なく、2日間開催され、親睦会もあるので、他の人といろいろ話せる点も、篠研セミナーの魅力だと思いました。

☆セミナー参加を迷われている方へ☆

セミナー参加を目標にすると、勉強のペースメーカーとなり、勉強もはかどるので、普段の勉強生活の刺激として、参加されてはいかがでしょうか?できれば、受講費用も動画配信よりは安く、先生に直接質問できて他の受講生とも知り合える、生の講義への参加をオススメします。

☆最後に☆

この度は、本当にありがとうございました。これから、再度、過去問に取り組み、自分の力のみで検定試験の正答が選べるよう、トレーニングします。次回、合格報告できるよう、また日本語教師として成長できるよう精進します。

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
篠崎先生
2日間のセミナーお疲れさまでした。たいへん勉強になりました。あと一か月、私も受験生の皆さんと一緒にラストスパートを全力で走り切るつもりでおります。以下、今回のセミナーの感想です。

(ご感想)

試験IIの解説を初めて受講しました。たいへん参考になりました。ただやみくもに過去問を聞くだけでは効率が悪いのだなあと感じました。
ピジンの特徴に関する問題は解説がほしいと思っていた箇所でしたので先生の説明を聞いて納得しました。インドネシア語がもとピジンであったこと旅行の情報誌の名前だと思っていた(実際そうですが)「じゃらん」が「歩く」という意味のインドネシア語であること 重ねて「ジャランジャラン」というと「散歩する」という意味になること新情報でした。また(ピジンの)語彙が増えていく過程とそれに伴い一語一語の意味が狭まっていく過程などわかりやすく説明していただきました。
また、毎回のことですが敬語の解説は新しい発見でした。どうして「お(ご)~する」が謙譲語で「お(ご)~になる」が尊敬語になるのか、など考えてみたこともありませんでした。もっと勉強します。どうもありがとうございました。いただいた宇佐神宮のお守りは大切にします。

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
篠崎大司先生
福岡でのセミナーありがとうございました。疲れましたがとても有意義な2日間でした。
頭の中で機械的に詰め込んでいたことに対して「あーこういう意味があったのか」「こういう風に覚えればいいのか」と目から鱗が何度も落ちる思いでした。質問の順が回ってくると「あ、それ覚えた!答えたい!」と思ったものに限って他の方や先生ご自身が答えたりしてガッカリ(笑)その反面「何それ?」的なノーチェックの言葉もあり、まだまだ詰めが甘いと思い知らされました。
テキストは今回のセミナーのための書きなぐり用、それを見ながらの解説の清書用、そして復習ためのテスト用と3部準備しています。今日からセミナーで学んだことを思い出しながら、清書して覚えていきます。(手で書くことも記憶力アップにつながると信じて)
今日、受験票が届きました。風邪を引かないように気をつけなければ…。先生もどうぞ体調管理に気をつけてくださいね。お守りもありがとうございました。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
篠崎先生、2日間ありがとうございました。先生と勉強して行くうち、まだ理解が浅いということを実感しました。特に、問題IIIは正解ではない設問の選択文の中にも、意味があって、過去問を何度もとくことが、やはり大切なのだとよくわかりました。言語形式重視なのか内容重視なのか?授業活動ではインプットとアウトプットの活動そういう視点で考えることなど、…たくさん勉強になりました。精緻化推論の説明で、橋渡し推論より埋める隙間が、たくさんあると、円を描いて説明して頂きましたが、私の理解も、埋める隙間が、たくさんあります。試験まで、その隙間を少しでも埋めて、いろんな知識が繋がって自動化されるよう頑張ってみます。宇佐神宮のお守りもありがとうございました。

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
篠崎先生 福岡の直前セミナーではお世話になり、ありがとうございました。
検定試験を一か月後に控え、今回のセミナーでは、今まで学んだ知識を整理し再確認することができました。問題の解説だけでなく、攻略方法や重点項目を教えていただけたことで、残りの一か月ですべきことがはっきりしました。先生がいつもおっしゃっている『知識は漆塗り』の言葉通り、さらに復習と演習を重ね本番に備えたいと思います。また、体調管理にも気をつけ、本番では最後まであきらめず、合格を引き寄せたいと思います。合格のご報告ができることを願っております。二日間、ありがとうございました。
追伸  本日、受験票が届きました。「いよいよだ。」という思いと、「必ず合格する!」という決意を新たにしました。

早速お送りくださりありがとうございました。購入希望者が多いと伺っていたものですから。こんなに早くいただけるとは❗感激です。ありがとうございました。

篠崎先生
こんにちは わかりやすい回答をありがとうございました。選択肢の文にダマされてはいけないのですね。

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
2日間有難うございました。
やはり教科書や参考書、問題集だけでは分かりにくいところをセミナーに参加したことで、理解できたことが何よりもプラスでした。「ほっほぅ~」スーッとと腑に落ちるところは、さすが先生の腕が光ってました。分かりやすぎる解説で試験がとても簡単に思えたことが良くもあり、反面悪いところかもしれません(もう受かった気でいます(笑))検定試験の内容に加え、実際の授業の話や日本語教師の実体など付録がとても内容の濃いもので良かったです。

篠崎研究室
いつもお世話になっております。過去問に関する質問に関して、ご回答をお送りいただき、ありがとうございます、

篠崎先生
お世話になっております。ご返信ありがとうございます。
今回のメールを読ませていただいて私にとっては大きな一つの発見がありました。私が英会話が上達しない理由の一つは、これが原因だなと思ったのです。というのも類似語の使い分けの判断に迷って、「〇〇と××と△△と、似た意味の単語を複数知っているんだけど、どれを使うのかわからず結局タイミングを逃して何も言えなかった・・・」という状況にしばしば陥り、最近話すのも嫌になってきていたのです。先生のおっしゃっることばの「遊びの部分」も意識すれば、もっと気楽に話せるのかな~と思いました。

> 学習者への説明「「わかる」は理解する(understand)で、
> 「知る」は情報(information)を持っている
> という意味です。ときどき、どちらを使ってもいいときが
> あります。」

シンプルかつ分かりやすいこの2行を教えていただいて、プロの先生が迅速に答えてくださる、この「教えて!篠崎先生」質問可能有料会員の価値を実感しました。

篠崎先生
早速のご返答ありがとうございました。

> 「ので」は基本的に状況説明としての原因・
> 理由を述べる場合に使い、
> 「から」は基本的に自説の正当性を主張する
> 場合に使います。

よくわかりました。ここの違いが分かるような例文を考えます。どうもありがとうございました。

篠崎先生
こんばんは いつもお世話になっております。
勘違いの件、了解致しました。詳しい回答もありがとうございます。「内的帰属」「外的帰属」 よくわかりました。今後ともよろしくお願い致します。

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
最初は何故か少し緊張しましたが、講義が始まると先生の軽快なトークと、大変分かりやすい例文、解説にすぐに引き込まれました。やはり1人でどれだけ勉強しても、問題集の解説だけでは、納得しきれず習得できない部分もあります。そこを全員が納得するまで説明して下さり、『来て良かった』と思いました。【先行オーガナイザー】と【使役の誘発&自責】は大阪メンバーは絶対忘れません。同じ目標を持ち、二日間頑張る、という同じ熱量の参加者と空間を共にするというのは、とても貴重で大切な事だと思います。受験塾が年末に合宿をするのも、こういう事かと感じました。私も学習者が『あ~分かった!』と笑顔で言ってくれるような教え方を目指します。先生の柔らかいお人柄と、楽しいエピソードも挟んで下さるスタイルに、大阪魂が反応し、つい余計な事も言いましたが、そこはビデオ編集でなんとかしていただけたらと、思います。今日からまた1人ですが、参加前とは違い、あの空気を思い出しながら、もう一踏ん張り頑張れそうです。懇親会も楽しかったです。本当に感謝します。御守りも大切にします。ありがとうございました。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
篠崎先生
こんにちは。名古屋セミナーのN.Nです。試験まで残りわずかで、必死にやっております。
先生からいただいた「生活者としての外国人」を確認のために見ておりました。ページが進むにつれ、「これは使える!」と感激してメールいたしました。現在、教えている欧米の主婦の方に教科書の「まるごと」(学校から与えられたので)で教えていたのですが、買い物など、もっと普段の生活に密着したものを教えて欲しいと言われました。サバイバル教科書なのに、彼女には合わなかったようです。そんな訳で別のサバイバルの教科書に変え、やり始めたのですが、それだけでは足りない場面も多くどうしたものかと悩んでおりました。(こちらとしても試験前なのでなんとか準備の時間を減らしたい)「生活者としての~」は本当に細かい場面も取り上げていて、場面対応テキストとしては最高ですね。配布してくださり、本当にありがとうございました。試験もがんばります。

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
検定試験対策というより、ブラッシュアップのために2日間、学ばせていただきました。とくに問題2は、全くの手付かずでしたが、ほんの30分、ポイントをおしえていただいてから問われていることがすうっと頭に入り驚きました。もちろん正解までにはまだまだ訓練が必要ですが、何をどうすれば良いのか長いトンネルから抜け出た気分です。 どうせ無理だろうから、受験はしないつもりでしたが、お仲間に出会えたことで、試験会場でもリラックスして楽しめそうです。真剣に学ぶ受講生のみなさんからも新しいパワーをいただきました。本当に有難うございました。

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
過去の検定試験で重要な問題を解説いただきありがとうございます。検定試験の傾向、解答をする上での留意点も合わせて把握できました。本試験に望む心構えが培われたように思います。また、日本語教師として必要なマインドとスキルも体得でき、非常に有意義な講座でした。懇親会もあり、受講生との情報交換もできました。必要にして充分なカリキュラムであったと思います。

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
篠崎先生、
二日間、大変お世話になりまして、どうもありがとうございました。大事なことをわかりやすく解説して下さり、とても有意義なセミナーで、参加させて頂いて本当に良かったです。
今まで頭の中のあちこちに点々と散らばっていたことが、「あぁ、こういうことだったんだ~」と線で繋がったり、何度出会ってもなかなか覚えられなかった用語が、わかりやすい例文と一緒にスッと入ってきました。様々な学習者の誤用、それぞれのレベルでの教え方など、現場のお話も沢山して下さり、大変為になりました。
検定に合格するだけが目的の内容ではなく、合格する自分を、そして、教壇に立っている自分をイメージすることで、更にモチベーションをアップさせることができました。そして、晴れて、”日本語教師になれた時”には、
– 瞬間的に条件にあった例文を沢山出す。
– 学習者に、わかりましたか?と聞くのではなく、学習者がわかったかどうかわかるような”問題”を出す。
ことのできる教師を目指したいと思いました。
オススメの書籍も、メモさせて頂いたので、試験が終わりましたら、少しずつ読んでみたいと思います。交流会で、篠崎先生から、また他の参加者の方々からいろいなお話を伺うことができたのも、大変有り難い機会だと思いました。これから検定試験までの残り少ない日々は、グレーな知識を固めます。本当にありがとうございました。

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
日本語教師篠崎大司研究室
篠崎先生
いつもお世話になっております。篠崎先生、今回も熱い講義をありがとうございました。
東京セミナーの感想をお送り致します。

・試験直前とあって、参加者の皆さんも真剣そのもので、終始程よい緊張感と集中力を保てました。

・厳選された演習問題で、自分の知識があやふやな所(結構ありました)が明確になりました。試験前に気付くことができてよかったです!

・会場も駅近で便利、人数的にもちょうど良かったと思います。いいサイクルで当たる順番が回ってきました。

・懇親会は、試験前なのにこんなに楽しんでいいのか?と思うくらい楽しかったです。でも良い息抜きになりました。

あと十日余りですが、これからの時間は今の知識を少しでも定着させることに使いたいと思います。時々、「いけるかも!」と思ったり「やっぱりだめかも」と思ったり、躁鬱状態に陥ることも有りますが、最後は自分のなかでの精神戦になるかと思います。皆さん、悔いの残らないように頑張りましょう!

篠崎先生 回答、どうもありがとうございました。もう一つの比べるべき、テ形の原因・理由の用法が良くわかり、納得できました。ありがとうございました。
整理すると、「ので」は基本的に状況説明としての原因・理由を述べる場合に使用。「から」は基本的に自説の正当性を主張する場合に使用する。「テ形」は、従属節または主節が無意志的な動きになると、先行の事態によって後行の事態が必然的に引き起こされ、主語の意志の及ばないところで成立した因果関係を表す。ですね。
実は次のような例文にも、どうして全て言えるのか、頭を悩ませていましたが、先生の説明で納得がいきました。

昨晩は熱があったので、早く寝た。(状況説明→その後の行動)
昨晩は熱があったから、早く寝た。(自説の正当性というより、自分の判断→そうした)
昨晩は熱があって、早く寝た。(無意識的な事情→そうした)

テ形の用法は軽視されがちで、殆ど説明が載っておらず困っていました。教えて頂き、スッキリしました。
まるごとA2-1の教科書では、「から」の用法説明より「テ形」で原因・理由を表現する方が、先に出てきます。でも、A1の教科書の会話中に「から」のことも触れてあり、その時、理由としているので、A2レベルでテ形で理由を言う時に、「から」を使用し、質問のような誤用をする学習者がいます。”原因・理由を表す”と一口に言っても、色々な使い方があり私も日々勉強です。ありがとうございました。

【日本語教育能力検定試験直前対策セミナーご感想】
篠崎大司先生 10月8日と9日は大変お世話になり、有難うございました。
熱意あふれる先生の講義を通して、それまで、勘違いしていたことや、間違って覚えていたこと、曖昧なままで済ませていた箇所などを細かく確認することができました。懇切丁寧なご指導のお陰で、うろ覚えになっていたものなども正確に纏め直して整理することができ、本当に良かった、と安堵しております。セミナーに出席し、多くの事を学ぶ機会をいただき、感謝申し上げます。セミナーでは、先生の丁寧で分かりやすい説明に集中しながら、同じ目標を持った仲間の皆さんと同じ時間を共有することで、頑張っていこうという前向きな気持ちになれました。64歳になって、このような素敵な思いを抱くことができるとは思っていなかったので、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。また、セミナーで学んだことは試験や日本語教育の現場ばかりでなく、日常生活にも、幅広く応用できるような内容が至る所に散りばめられていたように思います。大変有意義な勉強をすることができました。また、宇佐神宮のお守りを戴き、感激しております。きめ細やかなご指導とお心遣いに、感謝申し上げます。残りあと1週間、体調を整えて、最後まで気を引き締めて当日を迎えたい、と思っております。貴重なセミナーを開講して下さり、本当に有難うございました。

2つの質問にお答えいただきありがとうございます。今回ご教授いただいたように、学生にも対応してみようと思います。とても助かりました。ありがとうございました。

篠崎研究室
お世話になっています。ご回答をお送りいただき、ありがとうございました。

篠崎先生 こんにちは いつもお世話になっております。
詳しい回答をありがとうございました。試験の時間内にあんな複雑な計算をするのは大変ですね。検定試験も台風の中、無事に?終わりました。幸い、そのような問題は出ませんでした。良かったです。今後ともよろしくお願い致します。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る