「~なければなりません」(口慣らし練習)(初級)

レベル:初級
活動内容:口慣らし練習
準備物:特になし

授業活動

(「~なければなりません」の最初の導入が終わったあとで)
T :日本語を勉強しなければなりません。どうぞ。
S :日本語を勉強しなければなりまsん。(ソロ)
(Tはおもむろに「『sん』ではなく、『せん』といわなければなりません。」と板書する。)
T :「sん」ではなく、「せん」といわなければなりません。どうぞ。
S :「sん」ではなく、「せん」といわなければなりません。(コーラス)
(その後、ソロで言わせながら発音チェックを行う。)

ポイント

この「~なければなりません」は、これ自体初級の学習者には言いにくい表現であるだけでなく、特に中国からの学習者の中には、どうしても「sん」 (「せ」の[e]を発音しない。)と言ってしまう、ちょっと気になる文型です。

そんなの時こそ、この例文を使いましょう。あまり神経質な雰囲気ではなく、コミカルに授業を進めると、学習者もノッテきます。(私の場合、例文を読むとき、ちょっと口の動きをオーバーにしたりします。)

じゃ、学習者が韓国人や他の国の学習者だったら?いろいろ楽しい例文を考えてみてください。


日本語教師として成長したい方へ
無料メルマガ「篠研の“日々成長する教師”」

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。また、日本語教育や私の研究分野であるICT教育、eラーニング教育に関する最新の動向やノウハウも公開します。平日日刊。

さらに、今ご登録なさると2大特典が無料でダウンロードできます。
特典1 「精読指導の秘奥義」
特典2 「日本語教育能力検定試験 記述問題対策」

解除はもちろんのこと、メールアドレス変更など個人データの編集も簡単ですので、ご安心ください。プライバシーポリシーをご確認の上、ご登録を希望されるメールアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。