ユーモア例文で発音練習(1)-「ナ・ラ・ダ」の練習(全レベル)

レベル:全レベル
活動内容:発音矯正
準備物:なし

授業活動

(例文を板書。)

T: では練習しましょう。(絵パネルを見せながら。)

T: 「ダンナとラクダがだらだら並んだ。」 はい、どうぞ。

S: ランラトラクダガララララナランダ。(笑)

T: もう一度。「ダンナとラクダがだらだら並んだ。」 はい、どうぞ。

S: ダンラトラクダガラダラダナランダ。(笑)

その後、「ナ・ラ・ダ」の発音の違いを説明しながら一音ずつ練習。

T: では、もう一度練習してみましょう。「ダンナとラクダがだらだら並んだ。」

はい、どうぞ。

S: ダンナとラクダがだらだら並んだ。

その後、ソロで言わせながら指導する。

ポイント

まず、予めできるだけたくさん衣服やアクセサリーを身につけておくこと、特にズボンは必ず2本履いておくことです。それから、最後のズボンをあてる学生は、クラスの中でもおとなしく恥ずかしがり屋な女の子が効果的です。2、3回きいても拒まれたら学生全員にきいてください。あるいは、しびれを切らした学生(男子学生であることが多い。)がおもしろ半分に「いいです。」(Sm)と言うかもしれません。その場合、「ありがとう。」と言って迷わず脱いでください。「キャー。」と騒いだり、「あ~あ。」とがっかりしたり、クラス全体が盛り上がります。

私の経験で言うと、ベトナムや中国南部出身の学習者の中にこの「ナ・ラ・ダ」の区別が日本人ほど明確に言い分けられない、聞き分けられない人が結構います。

日本人にとっては全然違うこの3音も、音声学的に見ればみな有声歯茎音。舌の動きも非常に似ていることを考えれば、学習者が上手く区別できないのも無理からぬことかも知れません。

発音は、練習するとすぐに直るというものではなく、地道な練習が不可欠。ならばおもしろくてインパクトのある例文のほうが、学習者もやる気になるし効果的です。

絵パネルをユーモラスに溢れた絵に仕上げるのがポイントです。