会員様の声

会員様からいただいた感想メッセージを掲載させていただいております。

001~050 051~100 101~150 151~200
201~250 251~300 301~350 351~400
401~450 451~500 501~550 551~600
601~650

会員様の声No.501~No.550

篠崎先生、こんにちは、
今朝もマイナス5度の朝を迎えてますが、気合い、はいりました!目が覚めました!!(笑)
先生からの返信メール印刷し、手帳に貼付けておきます。
どうもありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

篠崎せんせい
2017年 おめでとうございます。昨年、お世話になりました 静岡、浜松市のK.Hです。覚えていらっしゃいますか?東京で、試験対策セミナーを受験し、12月に退会した者です。
いろいろ考えましたが、やはり、合格必須です。昨年は、勉強不足で、最悪の結果でした。時間の配分や、すぐに回答を選ぶための実力、能力が必要だ!という 経験をしました。
今年は、合格を目標と、勉強の過程内容を実践に活かしたいと思っています。また、お世話になりたいと思います。

返信が遅くなり大変失礼いたしました。先日DVDを受領し、内容を確認いたしました。大変ありがとうございました。

篠崎先生
さっそくお返事をくださり、ありがとうございます。
どうしようか悩んでおりましたところ、今回いただいたメールマガジンの内容に、目から鱗が落ちたような心境になりました。「精神面」の話と「技能実習生」の話です。未熟ゆえの自信のなさについては、くよくよ悩む暇があったら、もっと勉強して、よりよい教案を考えること。評価を怖がらずに、まがりなりにも日本語教師としてやってきたのだから、自分なりのベストを尽くし、それでそこでの契約が更新にならなくても、ほかにもいっぱい道があるということ。このように視点を変えることができました。
長いスパンで自分のキャリアを見通してみると、ここで悩んで立ち止まっている暇はないということと、ぼんやりとしたものですが方向性が見えてきた気がします。本当にありがとうございました。

篠崎先生
いつも大変お世話になっております。T.Rと申します。
一年間本当にありがとうございました。篠崎先生との出会いがなければ、今頃まだ検定試験の全体像すら掴めていなかったかもしれません。心より感謝いたします。
子育てを終え、空いた時間で日本語を教えてみようという、今思えば軽い気持ちで始めた日本語教育の勉強でした。しかし、ボランティア講習や短期実践講座を受講する中で、きちんと勉強したいという思いが膨らんでまいりました。眠る時間も惜しみながら日本語を学ぼうとしている学習者の方々が多いという現実に触れ、知識のないまま教えてしまう事は申し訳ないと感じたからです。とは言え、養成講座に通うには時間も費用も大変なので、それ以外の方法を…と、検定試験合格の勉強を知識構築のガイドラインとする事にしました。情報量の少ない中での素人考えで、先生には笑われてしまうかも知れませんが、必要な知識のベースが作れるのではないかと思ったのです。
ネットでたまたまヒットした篠研の検定講座を受講して10ヶ月。足りない部分はバックナンバーをお願いしました。結果、初めての検定試験で合格する事が出来て、本当に驚きました。篠崎先生は「先生の講座の内容を真面目に学べば合格して当然」と、思っていらっしゃるかもしれませんけれど(笑)
非常勤志望とはいえ、プロとして飛び込んでいく事に、ワクワクしながらも、不安もいっぱいです。卒業後も「教えて篠崎先生」という頼もしい質問場所がある事が本当に心強いです。今後ともご指導よろしくお願いいたします。
お手数をおかけしますが、修了証書を下記にお送りいただけますと、有り難く存じます。どうぞよろしくお願いいたします。また、「教えて篠崎先生」会員に登録お願いいたします。

篠研の日本語教育能力検定試験年間修了者アンケート

Q1:実際に1年間受講していかがでしたか?

受講させて頂いて本当に良かったと思います。養成講座にも行かず、特別な能力がある訳でもない私が、初めての検定試験で合格出来たのは篠研の検定講座のお陰です。篠崎先生との出会いがなければ、まだ検定試験の全体像すら掴めず、右往左往していたかもしれません。

Q2:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。

配信回数の多さがとても有り難かったです。通信教育は自分のペースで進められる良さがある、とは言え、過去の経験より、途中で緩んでしまい、頓挫してしまう事が心配でしたが、週3回の教材配信とメルマガで、モチベーションを支え続けてて頂きました。また、日本語教育について学び始めたばかりの私にとって、手にした教材(ネットで検索した解説も含めて)の中で一番分かり易い解説だったことも、無理無く続けられた要因の一つです。何より初心者の私にとって「間違ったことが書かれていない。」という、信頼性がとても有り難かったです。

Q3:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。

日本語教育に関して、まだまだ未熟な私が申し上げるのは、大変僭越なのですが、検定試験に合格するには…といういわゆる定石的な方法論以外に「他人より早く、より優れた教材に出会う運」も、大切なのかなと思います。私は、篠研が大手企業になる前に出会えて本当にラッキーでした。それから、もし検定試験の勉強にお疲れになったり、悩まれた時は、セミナーの懇親会で篠研先生とお話しになる事をお勧めします。日本語教育の将来に対する展望や大きな夢についてお伺いすると、きっと元気を沢山頂けると思います。

篠崎先生
こんばんは。N.Nです。
教えてにあったんですね。先に調べればよかったです。ありがとうございました。

篠崎先生
いつもお世話になっております。早速お返事頂きありがとうございます。
教えて頂いた発音指導を早速実践してみました。驚くほど“ひゃ”の発音がよくなりました。
また、かつて学んだ音声学を発音指導にどうやって生かせばいいか、まだぼんやりですが糸口をつかめた気が致します。
具体的なご指導を頂き、ありがとうございました。

篠研の日本語教育能力検定試験年間修了者アンケート

Q1:実際に1年間受講していかがでしたか?
最新の「日本語教育」の情報とともに、講義資料&道場破り そして、チェックテストで確認する、そして篠崎先生の熱いメルマガにプッシュされながら勉強出来てよかったです。

Q2:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。
質問に関する返答が早い。そして、丁寧さがまたいいです。

Q3:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。
「日本語教育能力検定試験」合格にむけて、日本語教師とし、教壇へむかうため、ほっぷ、すてっぷ、ジャンプ ! お互いに頑張りましょう。

篠崎先生、
迅速なご回答ありがとうございました。

>まずは、大学院でどのような研究をなさりたいのか、そのためにどういったテーマで学士論文を書かれるのか、

そうですね、まずはそこからですね。卒業論文のテーマ自体まだあやふやな状態なので、ちゃんと段階を踏んで明確にしていきたいと思います。ありがとうございました。

篠崎先生
さっそくお答えをくださり、ありがとうございます。

> 文型を理解し、さらに使えるようになるまでには
> 時間がかかります。

たしかに、そうだと思います。(自分の語学学習の経験を考えてもそうですね)
学習者から「◯◯と同じですか」といった質問が出るということは、◯◯が定着している、あるいは少なくとも使う準備ができている、ということなのですね。学習者へのアドバイスも「励まし」を含ませるといいのですね。「一番そのときの状況や、気もちに合う文型」を使えるように、ということは、導入や例文もそれにぴったりくるような、かつ、学習者にわかりやすいものを考えなければならないということですね。
改めて例文の大切さを認識させられました。ありがとうございます。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

ご無沙汰しております。Y.Sです。いつもお世話になっております。
遅くなりましたが、やっといいご報告ができます。「上級日本語」利用者のR.GがN1に合格いたしました。本人がこのコースがとても有意義だったのでアンケートを送りたいとのことでアンケートページを案内しておきました。(「聴解」ページ内)
また受講希望者が出ましたらご連絡させていただきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

篠崎大司先生
いつもお世話になっております。
いただきましたアドバイスを元に無事授業を行うことができました。ありがとうございました。
そしてその授業後のことです。ひとりの学生が教室に残っていたので、質問かと思ったら、こんなことを言われました。「勉強は難しいですけど、先生が、考える道順、順番に導いてくれますから、わかりやすかったです」大変うれしく、それまでの悩みや苦しみも吹っ飛び、またさらに頑張ろうという気持ちが湧き上がってきました。
篠崎先生のおかげです。このことをお伝えしたくて、メールいたしました。本当にありがとうございました。

篠崎先生、「はずだ」の使い方をわかりやすく教えていただき、ありがとうございます。さっそく、今日、学生たちに披露しました。私が納得した瞬間と同じように「あ、そっか!」と気付いてくれたような気がします。次の確認テストのときにこの問題を出して、できたら、バンバンザイです。
「教えて!篠崎先生!」は、私にとって、なくてはならない存在です。今後とも、霧の中に迷い込んでしまったときには、灯りを照らして導いてくださいますよう、よろしくお願いします。

篠崎先生
昨日、今日とセミナーでは大変お世話になりました。少人数でしたが、先生が熱意たっぷりに教えてくださりとても嬉しかったです!
昨年の検定試験にほぼ自己流で挑戦しましたが付け焼き刃の知識では太刀打ちできず当然不合格でした。同じ勉強方法ではダメだと思い今年は準備をして臨もうと、参加した基礎固めセミナーでした。
昨年の試験対策はただ機械的に問題を解く練習をしましたが、今回は先生が、なぜこの問題が出題されるのか、実際の日本語教育のなかでどう使えるのか、どんな知識があれば解けるのか、という自己流の勉強では到底行き着けない『問題に隠された背景』を丁寧に解説してくださったのでとても分かりやすかったです。
まだまだセミナーの内容も100パーセント消化しきっていませんが、復習と篠研の通信教育、メルマガを熟読し今年は合格できるよう頑張りたいと思います。
またお会いできる日を楽しみにしております。2日間、本当にありがとうございました。

ありがとうございました。

・手探りで日本語指導を始めたので、第三者から見て自分の指導の方向性が大丈夫なのか心配でした。今回、自分のできている部分をきちんと評価してくださり、足りていない所は的確にアドバイスしてくださり、プロ中のプロの先生から意見をもらえたので、少し自信がついたように思います。

・自分の指導経験不足から、今後の日本語指導に不安を感じていましたが、今後に向けての具体的な指導法のアイデアやアドバイスを頂けて、コンサルティング終盤には「教えるのがもっと楽しくなりそう」という前向きな気持ちを持つことができました。

・「『教えるー教えられる』という関係性よりも、学習者とともに授業を作り上げる」という考え方も教えていただいたことで、少し肩の力が抜けたような感じがしました。

・どんな些細な相談もじっくりと聴いてくださり、お話していて安心感がありました。

ありがとうございました。またぜひいろいろ質問させてください。よろしくお願いいたします。

I.Yです。二日間のセミナー、本当にありがとうございました。
篠崎先生の熱い授業はもちろんのこと、今回のセミナーに参加された他の方達から、休み時間にご自身の体験談や思いなども聞かせて頂き、大いに刺激を受けました。今後の勉強の大きな励みになりそうです。
今回のセミナーに参加させて頂いて、一番よかったことは、やはり解答を導きだす方法.ポイントを教えて頂いたことです。自分一人の勉強法では、とでもできそうにありませんでした。解き方がよくわからくて、ずっとモヤモヤしていた気持ちが、スカッとした気分です。まだ検定試験の勉強は始めたばかりですが、今回のセミナーでしっかり基本を押さえることができ、私の更なる「やる気スイッチ」を押してもらったような気がします。本当にわかりやすく熱い授業をありがとうございました。私にとっては待ちに待った先生のセミナーでしたので本当にあっという間の二日間でした。大学の通信教育と仕事もあり、どれだけ検定試験に当てられる時間があるか不安もありますが、とにかく頑張ります。本当にありがとうございました。

篠崎先生 こんにちは。 N.Nです。セミナーの感想です。

「気付いたことや深く学んだこと」
ポイントとなる過去問を一つ一つ丁寧に解説していただきました。今まではわからない過去問は解説がないので、理由はわからず、そのまま答を覚えるしかなかったのですが、今回、私がわからなかった問題がいくつかとりあげられていて、クリアになりました。先生の言葉の一つ一つが、最後にはつながり、解答に導かれていると思いました。暗記だけの勉強では合格できないと感じた試験なので、様々な例や先生の経験談などを交えて話してもらい、印象づいてインプットされました。

「特に印象に残ったこと」
「検定に合格するには2年かかる」という話をされていて(雑談)、勇気づけられました。合格できない自分が嫌になっていたのですが「一度落ちたくらいで落ち込むことはない」とおっしゃっていたので前向きになれました。先生が試験の傾向を分析されているので、この分野はここをやれば大丈夫と太鼓判を押してくれたものもあり、今後の勉強の方向づけになりました。

「今後活用できると思ったこと」
折々に学習者の例や「授業でここは使える」ということも話していただき、検定だけではなく、その先も踏まえての講義だったと思います。

「これまでに参加した他のセミナーとの違い」
昨年、音声の対策講座を別のところで受けたことがありましたが、そこでは、講師が「音声のアクセントは私は得意だったので困りませんでした。苦手な人は得意な人に聞いてください」と言ってました。教えてほしいから来たのにと非常に後悔しました。そのような講座と比べると神のような講座です(笑)値段は高いかもしれませんがその価値はあります。昨年の音声講座は安物買いの銭失いでした。(といってもそんなに安くはなかったですが。)

「篠崎のセミナーへの参加を迷われている方へのメッセージ」
先生は気さくで話しやすい方です。私も早くこの講座に出会っていればと思いました。モチベーションが上がり、がんばろうという気持ちでいっぱいです。

お忙しいところ、納得出来る、回答をお送りくださり有り難うございました。

篠崎先生、
質問内容へのご回答、ありがとうございました。
おすすめいただいたN3問題集から問題をピックアップしてテストしてみたいと思います。目標から逆算して現在地を知るために、さっそく実行してみます。
ありがとうございました。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

お返事ありがとうございました。
文法を教えるときは分かりやすい例文をと思って、教案を考えていましたが、このような語彙などの違いを教えるときもやはり例文に尽きるのだなと改めて感じました。考えれば考えるほど、調べれば調べるほどよくわからなくなってきていましたが、今回資料も提示していただき、自分の知識の修正もでき、今後も役立てていきたいと思います。ありがとうございました。

篠崎せんせい 先日は、ありがとうございました。
先生の解説内容は、教本の説明では理解できないことも、よくわかる言葉、例などを交えた解説で、本当に理解できました。有意義な時間でした。じっくり勉強する時間が、今なくて、この2日間は貴重な時間でした。
私にとって、試験の合格は、もちろんのことですが、現場で教えるヒントも先生の解説の中にあり、受講して良かったと思います。あとは、確認、勉強する時間を確保して暗記できればと思います。(暗記力が問題ですが。)
また、次回受けたいと思います。(日程が合えばいいんですが)これからもよろしくお願いいたします。合格するまで・・・・!

篠研の日本語教育能力検定試験年間修了者アンケート

Q1:実際に1年間受講していかがでしたか?

2年目まだまだ合格にはほど遠いですが、先生の講義資料を熟読し気お持ちを入れ直し検定試験に挑みたいと思います。

Q2:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうしてですか。

講義資料

Q3:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。

何事もコツコツと…です。

篠崎先生
先生のメルマガ?毎回楽しく読ませていただいております。本当にそうだ、なるほど、はっそうなんだ と思うことばかりです。
今回の誤用論的転移はこちらオーストラリア(ブリスベン)でも嫌になるくらい見られます。英語話者の国なので英語からの転移が多いです。私はいまこちらの大学を退官してU3A(University of the 3rd Age)というnon-profit organisation(すみません、日本語で何というんでしたっけ? 変に英語から日本語にすると、それこそ誤用論的転移になってしまいそうです)でボランティアで日本語を教えています。生徒/学生は規則により50歳以上の方ばかりで親日家揃いです。私のクラスは10人前後ですが、80歳以上の方も3人ほどいます。彼らの向学心にはほんとに感動します。私の老後もかくありたいものだとかえって私のほうが勉強になっています。
前置きが長くなってしまいましたが、先週、“If you want to catch the bus, you should leave home now.”と言いたかったらしく、「バスに乗りたかったら、いま家をでなければなりません。」と言いました。言いたいことは分かるんですがねえと言って「バスで行くなら、もう出かけないと間に合いませんよ」と一応指摘しましたが、余計に覚えることを増やしたみたいで、ちょっと気の毒になりましたが、生徒は熱心に書き取っていました。

篠崎先生
この度は、さっそくお答えくださり、ありがとうございます。

> 「まとめの問題」は、宿題でなく学習者が解答し、
> その後解説を時間内に行う
> ということでよろしいでしょうか。

そうです。宿題ではなく、その場で学習者自身が挑戦してから、その後に解説をすることになっています。問題を解くときの注意すべき点や、導き方の順番も示してくださり、大変勉強になりました。母語話者なら瞬時にわかってしまうことも、どういう段階を経て答えを導き出しているのかを学習者に説明できるのが日本語教師というものだと、改めて認識させられました。
アドバイスいただいたことを元に、学習者に問いかけながら授業を進めていこうと思います。ありがとうございました。

篠研の日本語教育能力検定試験年間修了者アンケート

Q1:実際に1年間受講していかがでしたか?
正直あっという間でした。私は養成講座も受講しており、実習などと重なり本当にバタバタとしていました。なかなかすぐに検定対策講座のテキストにも目を通せずおりました。でも、全てプリントアウトし、ファイルに綴り、いつでも目を通せるようにしてあります。とってもぶ厚いテキストになりました。自分のペースで学習できます。今も自分なりに勉強は続けております。

Q2:本講座で、特にいいと思ったサービスは何ですか。また、それはどうして ですか。
毎日ではなく定期的にメールを送っていただけるのがいいです。キーワードの確認(キーワード30)はとても役立ちます。プリントアウトしてノートに貼り、いつでも見れるようにしてあります。

Q3:日本語教師を目指している方や日本語教育能力検定試験の勉強をなさっている方に、メッセージをお願いします。
受講して本当に良かったと思います。現場に立っている今も本当に日本語教師という講座を受講して良かったと思っております。もっと早く受講し、この職業を目指していたら。。。と思います。日本語を学ぶ外国人の方々の真剣さ、数ある言語の中から日本語を選んで勉強してくれることが本当にうれしいです。素晴らしい職業に出会えた事、篠崎先生の講座やセミナーでさらに同じ目標を持つ仲間に出会えたこと。素晴らしい事ばかりです。

先日は篠崎先生のご回答の件でご連絡をいただきありがとうございました。いつも丁寧なご回答をくださり、篠崎先生にはとても感謝しております。お礼が遅くなり、大変失礼いたしました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

早々に、お返事をくださりどうもありがとうございました。
確かに、不満や要望は聞いた事がありません。今後も、学習を進めながら適宜軌道修正をおこない 自立的学習が学習者の中で芽生えたら嬉しい事だと思います。
引き続き、学習者のニーズに答えられるよう授業作りしていきます。ありがとうございました。

篠崎先生
さっそくお答えくださり、ありがとうございます。

> 非漢字圏の学習者ということでよろしいでしょうか。

はい、そうです。たしかに、個人差が大きいと感じています。

> 大森雅美・鈴木英子『日本語教師の7つ道具シリーズ 漢字授業の作り方偏』アルク

これは持っていて、この本に基づくセミナーにも参加したことがあります。今、改めて見て、活用できていないと、気づきました。(持ち腐れですね)お勧めいただき、ありがとうございます。できれば早い段階で漢字学習のコツを学習者がつかめるように、何かやってみないといけませんね。主任の先生にも相談してみようと思います。アドバイスをありがとうございました。

篠崎先生
お世話になっております。とても詳しいご説明ありがとうございます。大変勉強になりました。授業の準備をしていると、次から次へといろいろな疑問が沸いてきて、人にものを教えるというのは本当に大変なことだと実感させられる毎日です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

いつもお世話になっております。丁寧なご回答ありがとうございます。
「あした」と「あす」の意味が曖昧でしたので、クリアになりました。学習差が混乱しないように、基本は「あした」で今後も伝えます。

篠崎先生 こんにちは。
親切なお計らい、本当にありがとうございました。欠けていた2回分の講義資料を見たら、やはりお願いしてよかったと改めて思いました。日本総論Ⅰ(英語版)の代金、6月にお持ちします。よろしくお願いします。
また今の時点での勉強のアドバイスもありがとうございます。

現在、毎日1時間程度で、週末にまとめてというかんじです。まだしっかり毎日2時間以上取れていないのが現状です。この辺ももう少し考えてスケジューリングしていきたいです。

それから、先生がメルマガで紹 介してくださった講義資料のまとめノートの作成を実践しています。これを作ると、ぬけぬけだった箇所が記憶にとどめられ、本当にいいです。これを作った後のチェックテスト・キーワード30の出来が
まるで違います。それでもまだこのチェックシートで満点がとれませんから完全に頭に入っていないということですよね。。。涙

このまとめノートですが、これを見て思い出せるように作ろうとすると、すごく細かくなってしまいもう少し簡略して作れるよう模索中です。講義資料を30分で読んで、その後ノート作成に1時間という感じで、作成が時々面倒になります。

実は、昨年、大事な 箇所だけはまとめノートを作っていました。でも大変になりすぎて、とてもできず、途中であきらめて作成していませんでした。(←こういうのも、敗因です。)作成した方の「まとめノートのススメ」を読むと
面倒にならないように工夫していたようですから私ももう少し、完璧主義を見直さないと時間が足りませんね。

それでは先生、どうぞよい週末を。

先日は、ファイルの件で相談させていただきました。早速ファイルを受け取ることができ、パソコンに入れることができました。お手数をおかけいたしました。まことにありがとうございました。以後気をつけます。

篠崎先生 2日間、お世話になりました。
日本語教師未経験で、検定試験は2回受験。仕事に追われ無対策で臨み120点どまりでした。そのあと日本語教育の魅力を改めて感じ、検定試験合格をステップのひとつに据え直しました。
今回(3月4日・5日)のセミナーでは、I・II・III全範囲の重要事項を教えていただきました。事前にいただいたテキストを予習(分からない事項を調べてメモ)し、先生の話と併せみながら頭の中で整理するようにしていました。

★今回参加して良かったと思うこと

・日本語教育の重要事項を網羅する学習が、この2日に集中してできたこと。
・声帯振動、調音法、調音点、II全般、など、よく分かっていない事項を整理できたこと。

プロ(篠崎先生)の説明が分かりやすく、よく理解できました。

情報の量と質は圧倒的です。あと、お話の迫力に影響されてよい緊張感が2日間持続でき、計14時間の長丁場があっという間に過ぎた心地です。それと今回受講して「日本語教育のとっかかりの勉強ができた」と思っています。学びの山のすそ野にとりついたばかりですが、まずその「とっかかり」を頼りに確りと登っていこうと思います。
充実の資料と情報量で、分かりやすく教えてくださった篠崎先生、いろいろなお話を聞かせてくださった他の参加者のみなさま、ありがとうございました。

篠崎先生
今回、基礎固めセミナー二日間ありがとうございました。お礼の気持ちとともに、僭越ながら感想を述べさせていただきます。
まず感想を述べる前に、簡単に私のバックグランドを紹介させていただきます。私はこの10年ほどインドの銀行の大阪支店で支店長秘書及び総務として、支店に赴任してくるインド人のお世話係をしております。仕事の一つに日本語の先生を手配し、JLPTのN5を目指し50回のカリキュラムで勉強してもらう手配があります。しかし、最初高かったモチベーションもだんだん下がっていき、結局試験すら受けないということになることがあり、どこに問題があるのか、なにか手助けできないかを探りたいということで、420時間の養成講座を受け始めました。
始めて2年余りになります。最初の一年はただただ範囲の広さと深さに圧倒された一年でした。あと教室活動と教育実習を残すのみになった時、篠崎先生にたどり着き、今回基礎固めセミナーに参加いたしました。先生の授業はわかりやすく、ポイントをつかみやすかったです。日頃の勉強では、どこの項目でも勉強し始めるとキーワードが多すぎてポイントをしぼれなくなり、ともすれば「私には無理かも(・・;)」という気持ちになりがちです。ですが今回「基礎固めセミナー」で教えていただいたところをピンポイント的にでも抑えることで、今しなければならない自分のタスクをある程度限定でき、またがんばろうという気持ちになりました。実は先月母が骨折しセミナー1日目の夜は睡眠時間が充分とれず、2日目のお昼は眠気との闘いでしたが、先生の授業のわかりやすさと明るさのおかげで2日間計13時間の勉強をすることができました。これは今回自信にもなりました。なにかを習得する時には、どんな先生と出会うことができるかは大変重要なファクターだと思います。その意味では、今回先生と出会うことができ、大変うれしく思います。今後ともよろしくお願いします。
他にも挙げられますが、次回5月のセミナーもありますので、とっておくことにいたします。先生ありがとうございました。そしてお疲れさまでした。

丁寧と言えば、驚いたのは篠研の通信講座である。今月は、異文化や言語、社会についての主義や日本人論、日本の情勢などについてだった。データをみることなど、好きじゃない私があまり得意としないところだ。それでものぞいてみると、びっくり。最新のニュースが満載!!参考書と言えば、数年前の話が載っていたりするものなのに、つい最近の話題が満載なのである。これはすごい!通信の良さ、というのは随時改訂していただいている、ここにも理由があるのかと、毎年繰り返し続ける方がおられる理由の一つがわかった。アイデンティティの問題も興味深かった。外国籍の子供の教育に対する現場の先生の声も胸に痛かった。いろいろな問題に相手の話を傾聴する態度の大切さも書かれていた。またあえて無関心の教師もいるという話もあった。

篠崎先生 いつもお世話になっております。
今回は質問ではありません。ご案内の『使い方のわかる類語例解辞典』、さっそく買ってきました。前に類語辞典を買おうと思っていろいろ見たあげく、疲れ果て、どれが自分に最も必要か分からなくなって、結局買わなかったということがありました。今回は、この辞典を見て、いくつか気になる語を読んでみて、納得して買うことができました。これで一安心です。お勧め、ありがとうございました。

篠崎先生、先日は、「さびしい」と「残念」の使い方の違いをご指導いただき、ありがとうございました。教室で、パワーポイントで絵を提示しながら一人だけで悲しいときに使う「さびしい」と期待していたことがだめだったときに使う「残念」を導入したところ、学生たちが「なるほど~」という顔をしてくれました。また、すぐに違いを忘れてしまうかもしれませんが、学生の何人かは、「そういえば・・・どっちだっけ?なんか、先生、言ってたなあ。」等思い出して、考えてくれるようになるかもしれません。
私も、よく、「そういえば、こないだ篠崎先生のところに似たようなことが表示されていたっけ。なんだっけ???」と思い出すことがあるからです。そのようなことを積み重ねていくうちに少しずつ自分のものになってくるのを経験しているからこそ、「教えて!篠崎先生っ!」は私にとっても、なくてはならない存在です。これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

P.S.
類義語分析方法2 で紹介されていた意志動詞と無意志動詞の区別の仕方の中に、命令形や意向形に変えてみるというのがありました。私自身いつも何か区別が一瞬でわかる方法はないものかと思っていた意志・無意志だったので、これを読んだときは、これか!!!と嬉しくなりました。学生に「奥の手」だよと言って教えてあげるのが楽しみです。

回答どうもありがとうございました。ずっともやもやしていたので、お答え頂きすっきりしました。思えば、厄介な助詞ですね。篠崎先生、いつも感謝です。どうもありがとうございました。

篠崎先生
いつもながらわかりやすく楽しい授業で、あっという間の2日間でした。昨年度に比べて、授業の内容がスッと入って来ました。前回の試験では試験IIIが特に悪かったので、篠崎先生の資料で勉強しなくては、と思います。これからも宜しくお願い致します。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る

篠崎先生
基礎セミナーでは大変お世話になりました。私は日本語教師として現場に立って、まだ数ヶ月であり、また検定の勉強を始めたばかりです。今回のセミナーでは、多くの学びがありました。

●検定試験がどういったものであり、どういう形式で出題されるのかがわかりました。検定試験本番での問われ方だけでなく、どうやってこの問題を解くかということがわかりました。これから勉強を進める上で、この視点はとても重要だと思います。転ばぬ先の杖とは、まさにこのことだと実感しました。

●篠崎先生の「この問題を解くには3つのポイントがあります。」という言葉があり、3つだけ覚えれば、この問題は解ける!という目標がわかり、とても安心しました。逆に他のことは気にしなくて良いとなり、明確な学習基準が得られました。

●現場でも使えるノウハウが所々に散りばめてあり、中国語話者はこういう間違いをする、韓国語話者はこの誤用が多い、という感じでとても具体的でした。

●日本語教師として、スキルアップするだけでなく、どうやって今後の自分の成長を促すか、という視点でのアドバイスがあり、今後とても役に立つと思いました。

●終始、聞くだけの講義ではなく、面白いトークなどを入れて、生徒を飽きさせない工夫があり、退屈しない授業で、とても面白く頭に入ってきました。日本語を教える時も、同様に生徒を飽きさせない工夫をしていきたいと思います。

●受験勉強とは孤独ですが、このセミナーで数人の受験仲間ができたことは大きいです。今後も色々と情報交換をしながら、10月の試験に向けて頑張っていきたいと思います。

多くのことを学んだ2日間のセミナーでした。しっかりと復習をして、今後の受験勉強に役立てたいと思います。

率直な感想を聞かれたら、「行ってよかった!」この一言に尽きます。
何がよかったかというと、まずは、苦手分野の克服ができたこと。特に音声は苦手で、今まで検定試験に関する本を購入しましたが音声のページだけ避けて、見て見ないふりをしていました。今回のセミナーでポイントを教えて頂いたおかげで、苦手意識が大分なくなり家へ帰ってから、音声のページを開いたら、同じような問題だったので、これならできるかもしれないと思えました。
次に、なんとなく答えを出すことができた問題が、なんとなくではなく、こういうポイントが問われるというのがわかったこと。出題者の傾向等を教えてもらえたことです。これで合格できそうな錯覚を起こしてしまいました。(錯覚ではなく、進歩ですね。)
最後に思ったことは、検定試験と授業(現場)が関連しているということに気が付いたこと。今まで検定試験と授業は別物(検定試験は教師の知識)と思っていましたが、それは大きな間違いでした。早速、今日の授業中、学生の発音をどうしたら直せるのかと昨日の問題を意識して考えてみましたが、現場に入ると原因をゆっくり考える時間が全然取れず、まだまだ修行(勉強)しなければと改めて思いました。
養成講座420時間も修了し、現場には立っていますが、検定試験の受験経験はなく、長時間のセミナーに自分が耐えられるのか、昨年末に突然受験を決めて、通信講座も2月から始めたばかりで、他の人についていけるのか、準備不足でセミナーの費用が無駄になってしまわないか、ためらってしまい、直前に申し込みましたが、満足しています。
また、篠崎先生と直接お話しして、今後の学習計画(今年は挑戦、来年は必ず合格!)や学習方法のアドバイスを頂くこともできたこと、他の参加者と情報交換や悩みを共有できたことも貴重な経験でした。次のセミナーも参加しようと思っています。ありがとうございました。

(篠研の日本語教育能力検定試験基礎固めセミナーにご参加いただいた方からのご感想。)
まず、検定に合格するぞ!という強い心構えができました。すでに日本語教師を始めているのですが、目の前の授業準備や進学指導などに追われ、検定の勉強は二の次にし続けていた弱い自分がいました。こんな毎日ではいけない!今年は必ずぜったい合格したい!という気持ちになれました。なぜそのような気持ちになれたのか。理由は二つあります。
まず一つ目の理由は、やはり篠崎先生の講義が丁寧でわかりやすかったからです。今まで参加した検定セミナーは、50人以上の大きなセミナーばかりでした。しかし篠崎先生の今回のセミナーは少人数*でしたので、先生との距離も近く、マンツーマンの指導を受けているように感じるほどでした。また、約13時間という長いセミナーでしたが、自分でも驚くほど集中力を持続することができました。それは篠崎先生が私たち受講生の反応や表情を確認しながら講義を進めてくださったからだと思います。あと当てられる緊張感も私にはプラスでした。
二つ目の理由は、同じ目標を持つ仲間ができたからです。一緒に受講した皆さんと昼食時間や休憩時間に情報交換ができました。私は参加できなかったのですが、夕食をとりながらの懇親会もありました。検定のこと、勤務先の日本語学校のことなど気軽に話すことができました。職場の同僚教師とは、しがらみ等があり、逆に話せないこともあります。篠崎先生がfacebook で「チーム篠研」をつくられたのも、そういう意図があったからではないでしょうか。

*今回は受講生が少なくて幸運でしたが、東京会場の「定員40名」を他会場のように10名にしていただけると嬉しいです。しかし、そうすると篠崎先生のもうけが減ってしまいますので、無理のない程度にご検討いただければ嬉しいです。

I.Nです。篠崎先生からのご回答のご連絡有難うございました。これからもよろしくお願い致します。

いつもお世話になっております。講義資料のExcelリストをお送りいただき、ありがとうございました。

篠崎先生 こんにちは
なるほど、そういうことなんですね!納得です。詳しい解説をありがとうございました。今後もどうぞよろしくお願い致します。

篠崎先生
基礎セミナーではお世話になりました。ありがとうございました。初めは2日間、長時間の講義に耐えられるのか心配でしたが、先生の熱意とユーモアたっぷりの語り口に引き込まれ、あっという間に時間が過ぎていました。そして、終わてみれば自分の中にあったモヤモヤとしていた疑問や不安が少し取り除かれ、検定試験に向けてしっかりと準備をしていこう、という気持ちになりました。特に文法項目や、口腔断面図は自分が不得意としている分野でしたので、理解のポイントを示していただきとても有難かったです。
検定試験の勉強時間をコントロールし、モチベーションを維持していくことはなかなか難しく、時には挫折しそうになります。セミナーに参加し、同じ目標を持った方々と情報交換ができたことは大きな励みになりました。目標に向かて愚直に努力していこうと思います。これからもよろしくお願いいたします。

別府大学 篠崎 先生
お返事が遅くなり申し訳ございません。また、大阪会場からの振り替えにご配慮くださりありがとうございました。セミナー参加を通して感じたことを次のとおり報告いたします。

・2日間のセミナー時間について
2日間あっと言う間に過ぎてしまいました。久しぶりに9時~5時の時間で集中して「仕事」した感がありました。懇親会では、同じ目標を持つ方々と交流ができ、自分も頑張らねばという気持ちになりました。自身が持っている問題意識を披瀝し、先生を始め皆さんの意見を伺えたのは、自分の考えを再考するいい機会になりました。

・講義内容について
なかなか検定問題の詳細な解説書がないとあきらめておりました。先生のご説明では、決して専門的な学術的な言葉によることなく、平易な身近な言葉で、ポイントをついた解説で「脳髄」にたたきこまれました。(還暦前のオジンで脳髄も退化してはおりますが・・・。)資料の見直し、ヒューマンアカデミーのテキスト、アルク用語集、アルク問題集をセットにして復習に努めたいと思います。

・セミナー全体を通して
2日間という限られた時間でのセミナーでありましたので、また、女性がほとんどであったことから、懇親会以外でお話しする機会がありませんでしたので、試験対策工夫、日本語学校での工夫、苦心談などお聞きできませんでした。もう1日、あるいは2週続けてのセミナーであればそういった時間も設けていただけたのかなと思います。自分はビジネス経験しかなく、養成講座での浅い知識しかないので、このセミナーを通して先生や仲間のみなさんに出会えたことが何よりの収穫でありました。何としても今年合格したいという気持ちになっております。自分の特性を生かして、「真の国際交流できる<日本語教師>」を目指したいと強く思いました。これからの日本語教師に求められるスキル、資質、それを得るための方策(例えば、ビジネスパーソンに特化した教師像とは、大学院での研究はなど)特集を組んでのご教示いただければ幸甚です。大分での特別セミナーあれば参加したいです。このセミナーを通して自分が成長できればと考えております。
これからも、末永くご指導ご鞭撻いただきますようよろしくお願いいたします。

PS:
5月、9月の大阪でのセミナー参加いたしますので、よろしくお願いいたします。長々と失礼いたしました。

篠崎先生
回答、どうもありがとうございました。「に」と「で」の使い方、勉強になりました。

> 10番は電車で<何をした(忘れた)>かではなく、
> 電車に<(忘れた)かばんがある>ことを言いたい
> 表現なのではないでしょうか。

確かに「かばんは電車にあるはず」というのが、この文から分かりますし、こういう意味を含んでいるからこそ助詞は「に」を使うんでしょうね。また、7番は「どこにあるか分からない」、「なくした」という動作だけは確かであると考えれば、動作成立の場所と考えて助詞は「で」と説明がつきますね。また、最後の例文の回答では、意識の向け方によって助詞の使い方も変わってくるというところまでは、考えが及びませんでした。
先生、お忙しいところどうもありがとうございました。

私は昨年の9月頃、「みらい/FJ研ワークショップ」の「日本語ボランティア研修講座」で篠崎先生に初めてお目にかかり、ぜひまた先生にお会いしたくてこのセミナーに・・・というのは冗談です。^^
昨年不合格になった「一浪生」です。よろしくお願いいたします。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る