会員様の声

会員様からいただいた感想メッセージを掲載させていただいております。

001~100 101~200 201~300 301~400
401~500 501~600 601~700 701~800
801~900 901~1000 1001~1100

会員様の声No.1001~No.1100

【小山×篠崎コラボセミナー「ビジネスパーソンに対する日本語教育」ご感想】
先日はセミナーでの様々な有益なお話しありがとうございました。年齢も高いし、養成講座を受講するきっかけも夫がなくなって時間の過ごし方に困り、全く新しい事よりも長い教職経験を活かせられるものをと考えたことが動機でした。ボランティアで少し世の中のお役に立てればという想いが先行していたので どこか学びに真剣さが欠けていたのですが、受講して目を覚まさせられました。プロ意識がないと相手に失礼だと悟りました。試験目指して頑張ります。

【小山×篠崎コラボセミナー「ビジネスパーソンに対する日本語教育」ご感想】
ビジネスパーソンに対するフリーランス教師は、まず、サービス業としての教師であり、いわゆる学校で教える日本語教師の視点で考えてはいけないことが基本姿勢であること。そして、学習者の求めるものを提供し、学習者がこの教師から日本語を学んで「○○になりたい、○○がしたい」という最高のモチベーションで学べることが、学習者にとって学習のニーズを満たすことであり、教師側にとっても後の仕事にも繋げられるという内容を学び、具体的例やワークショップを通して、いろいろな学習者に対する対応の仕方を詳しく伺うことができました。また、フリーランスを始めるにあたっての営業の仕方なども学べ、漠然としていたフリーランスとしてのビジネスパーソンに対する働き方が、形としてハッキリ掴めてきたように思います。一歩前に足を踏み出す勇気をいただきました。有難うございました。

篠崎先生 おかげさまで、この度、初めての受験で検定に合格できました。海外在住のため情報がなく、先生の検定対策と毎日のメルマガだけを頼りに勉強してきました。それプラス、検定試験で紹介されてあった聴解・音声特訓プログラムと過去問題集を使いました。合格は質の高い資料で効率的に勉強ができたからだと思います。本当に先生のおかげです。ありがとうございました。

【篠研の日本語の教え方ワークショップ「初級文型導入の授業準備を短縮する方法-まずは1時間以内、そして30分、最速10分」ご感想】
まだ2年の新米です。短縮する方法を勉強する前にもっと勉強しなくてイインカイ。。とおもっていました。でも以前が実習に実習を異る先生のもと受け、自信がないゆえ先生一人一人のアドバイスをすべて入れ込もうと就寝明け方4時など毎日でしたし、気づけば、それをそっくりそのまま繰り返していていること、「体は眠くても目だけはランラン」という絶対シナプス切れかかってる状態で、いい教案なんぞかける訳もない。いまは勤務形態が違うので 楽にはなった。とはいえ、それはそれで自問自答の毎日。素晴らしい授業を見ると、もう気持ちが泥濘む。これでは駄目だなーと、セミナーに参加を決めました。実際実習中にweb上からフリー素材なので罪悪感なくイける?!!と一文拝借したのですが。。トンデモナイ。良心の呵責マックス。おまけにこの重鎮の文があえなく却下され、どれをお手本にしていいのか。。貝じゃなく石になりたい状態を経験しているので、あっさり今回のセミナーでこのことに触れられたとき、え???と軽くジャブ。言い方が、なんですが、「手の抜き方」もそうですが「重きを置くところの間違えがないように。」と示され。。。心して取り組もうと気持ちが安定しました。教科以外のことも学べる(強化書)を手に入れた感じです。
ここでちょっと。。以前のセミナーで学んだことそのままの復習で、当てていただいたのに間違えてすみません。。答えに迷いが生じるのは落とし込んでいない証拠。は~。。反省です。今回A判定で玉砕。。何をかいわんや。。ですね。来年頑張ります。。。文法用語を羅鐵されると解読に時間が、かかるのが難点です。。。またよろしくお願いいたします。ありがとうございました!

篠崎先生 お世話になっております。お陰様でこの度の試験、合格いたしました。これまでのご指導、ご支援、本当にありがとうございました。通知を受け取ってから数日が経ちましたが、日常は何が変わるわけでもなく、検定試験合格は遅かれ早かれ通るべき一つの通過儀礼で、日本語教師としての努力は続くよ、どこまでも、、、なのですね。今後どうするかは、全て自分次第。まずは、目の前の仕事を確実にこなしつつ、スキルアップをしながら、いろいろ挑戦していきたいと思います。講座資料は、今後もバイブルとして手元に保管し、いつでも基本に立ち返られるようにしようと思います。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

【篠研の日本語の教え方ワークショップ「初級文型導入の授業準備を短縮する方法-まずは1時間以内、そして30分、最速10分」ご感想】
この度はありがとうございました。なかなかこのようなテーマのセミナーは無いと思い、初めて参加いたしました。「教案ありき」だと思っていたこの仕事ですが、今回のセミナーでこの概念が音を立ててガラガラと崩れていきました。「行動が変われば結果が変わる」と思うので、来学期この方法でチャレンジするつもりです。

【篠研の日本語の教え方ワークショップ「初級文型導入の授業準備を短縮する方法-まずは1時間以内、そして30分、最速10分」ご感想】
今回初めて参加させて頂きました。申込みをしようと思ったきっかけは「初級文型導入の授業を短縮するワークショップ」の内容を見たとき、こんなことってありえるのかと半信半疑でしたが、聞いてみたいと思ったからです。教案は作るな!は衝撃的でした。掛け持ちの仕事をしている私は休日になると朝から夜までパソコンとにらめっこ。授業の1-2日前に完成した教案を確認する程度でしたが先生のお話を伺い、リハーサルは大切だとつくづく思いました。練習Cは時間をとって行っておりますが、シナリオプレイの難しさに驚きでした。自分自身が体験してみないとわからないものですね。今回のセミナーでたくさんの改善点が見えたと同時に今後の授業に活かしていきたいと思いました。貴重なセミナーを開催して頂きありがとうございました。

【篠研の日本語の教え方ワークショップ「初級文型導入の授業準備を短縮する方法-まずは1時間以内、そして30分、最速10分」お申込アンケート】
Q1:本サービスをお申込みする前にどんなことで悩んでいましたか。

準備に時間がかかりすぎる。私の場合、準備に時間をかければかけるほど、学習者目線というより「自分のしたい授業」になってしまいがち。(つまり、自己満足です)

Q2:何がきっかけで、本サービスを知りましたか。

このメルマガです。

Q3:本サービスを知ってすぐに申し込みましたか。しなかったとしたらなぜですか。

12月も3月も超多忙で無理だと思ったから。できれば年度末や年末ではないときが有り難いです…

Q4:本サービスをお申込みいただいた決め手は何ですか。

どう考えても自分では解決不可能だから。

篠崎先生、いつもお世話になりありがとうございます。やっと検定試験に合格できました。
平成27年初回受験、日本語教育能力検定試験の難易度について全く無知だったため、ほとんど「NO勉」で受験。当然不合格F判定で点数も半分取れた程度で、今思えばヒドイ話ですが試験IIで「ん?プロミネンスって何?」状態。平成28年2回目受験、篠崎先生の講座資料を4月の段階で残っている分を纏めて送っていただき、全てを読み、直前セミナーにも参加して臨み、結果は不合格。でも、一気にA判定に、FからAです!
平成29年3回目受験、昨年のA判定に気を良くして少し知識をブラッシュアップするだけで大丈夫だろうと思い油断していたため、不合格A判定。
平成30年4回目受験、さすがに3年間勉強していると問題集の問題と答えを覚えてしまい、何をどう勉強したら良いのかわからなくなり、初心に戻って篠研講座資料を読み直し、セミナーにも参加、そこでは自分に足りないモノを見つけることができ、その部分を強化。試験後の達成感は無かったものの、合格通知をいただき安堵。仕事、家事、親の介護と時間に追われながらも、細切れで時間を作って講座資料を読み込み合格できたことに驚き!です。
そして篠崎先生のセミナーは独学の方には本当にオススメだと思います。やっと夢への第一歩が踏み出せましたが、まだまだ先は長いです。篠崎先生、これからもよろしくお願いいたします。

通信講座「篠研の日本語教育能力検定試験対策」に戻る